周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲「普段着のうた唄い」 

2017/09/14
Thu. 22:24

普段着のうた唄い
詞 曲 五十嵐正史

生き様に恋する 出会いを重ねる度に
自分の中で何かが 剥がれ落ちて行くのを感じて来た
歌を飾らないこと 大きく見せようとしないこと格好つけないこと
生きて行くのはくたびれて行くことだけれど
その中で磨かれて行くものがある

生き様が見える 生き様が歌う
俺たちは普段着のうた唄い
社会派ではない ましてや過激派でもない
俺たちは普段着のうた唄い

確かにこの内に刻まれた 恋した生き様たちが
明日を夢見させる どんな時代の流れの中でも
そして今また出会い 辿り着いたこの場所で
美しい佇まいの 人に見守られながら歌う

生き様が見える 生き様が歌う
俺たちは普段着のうた唄い
カウンターではない 目指した舞台はここ
俺たちは普段着のうた唄い

生き様が見える 生き様が歌う
俺たちは普段着のうた唄い
社会派ではない ましてや過激派でもない
俺たちは普段着のうた唄い

生き様が見える 生き様が歌う
俺たちは普段着のうた唄い
カウンターではない 目指した舞台はここ
俺たちは普段着のうた唄い


ここ最近自然と自分の中から出て来て書いていた「普段着の歌」という言葉と、先日のたらまガレージのお父(とう)の佇まいと生き様が何ともステキで惚れてしまい、自分はそんな人との出会いを重ねて、そんな人からの影響が何よりも自分の生き方の指針になって来たのだなぁとあらためてうれしく思い知ったことが自分の中で繋がった。
そして、宮城のTさんからFB上でソウブラを評して「生き様」を感じるというようなコメントをいただいて「生き様」もぜひ歌詞に入れたいと思った。思想や拠って立つ立場、所属集団、その他自己規定する一切ではなく、人が人に見せ伝えられるのは唯一「生き様」しかないのではないか。それこそが本当に個と個を繋ぐのではないか。48歳の今、そんな気持ちで時代や社会、暮らしと対峙していることに何ら心細さは無い。ただただ生きてて良かったである。

メロディーはヴァン・モリソンの「キープ・ミー・シンギング」からいただきました。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

新曲!「君の世界は広がる」 

2017/09/01
Fri. 23:15

君の世界は広がる
詞 曲 五十嵐正史

いつの間にか夜更かしをするようになった君
教科書を枕に居眠りしながら
先の見えない不安をやり過ごしているのか
誰の後をついて行くわけでもないその進路
身体が悲鳴を上げるまで走ることを覚え
しなければと思わされる圧力も覚え
はみ出す必要も必然もなく
この街を逃れる理由もないけれど

それでももうすぐ君の世界はもっと広がる
絶対というもののない世界へと広がる

君でいることをやっと覚え始めたところ
なりたい何者かなど分かるはずもない
自由はいまだ重くそれを渇望する
切実さもない君だけれど
初めて選び選ばれる世界へ
君がそこにずっと囚われてしまわないよう
そうではない場所で君は生まれ
そうではない暮らしで君は育まれた

それでももうすぐ君の世界はもっと広がる
絶対というもののない世界へと広がる

ここは君にとって今も安らげる場所
君が生まれて初めて木漏れ日を浴びた場所
ここは君にとってこれからも安らげる場所
君を育んだ部屋、君を育んだぬくもり
ここは君にとってこれからも安らげる場所
君を育んだ森、そしてどこからでも帰れる道

そしてもうすぐ君の世界はもっと広がる
絶対というもののない世界へと広がる

もうすぐ君の世界はもっと広がる
絶対というもののない世界へと広がる


受験生の長女を見ていたり、高校説明会に同行したり、父の高校受験の話が全然理解出来ない様子で、彼女の思いを聞いたりしている中で出来た歌。なんだか勝手に応援したくなりました。親心か何なのか…素直に15歳の少女に手紙を書くような気分で。

最近は自分で書いた「ひとりのたたかい」を唄っては自分が励まされている。歌とは本当に面白い。「あったものをなかったことにはできない」この言葉がさらに混沌を深める世界、政治、日常、ぼくの場合で行けば福祉業界で流されず見抜き生きる上での指針に思えてならない。
この夏読んでもっとも感銘を受けた本、辻野弥生著「福田村事件 関東大震災・知られざる悲劇」の中でも「起こったことをなかったことにはできない」という言葉があった。そして辻野氏は、千葉県東葛飾郡旧福田村で起きた村民たちによる、香川県から行商に来た胎児を含む10人もの被差別部落出身者を、違うとうすうす分かっていながら朝鮮人と決めつけ(二重の差別)虐殺した事件の原因である「差別」について、「この忌まわしい差別を根絶することは可能なのか。残念ながら否である。人間が本来持っている他人より少しでも優位に立ちたいという心理、その最も歪んだ醜い形となって現れるのが差別だと思うから」と書いた上で、それをなくすためには学習しかないと説く。そのためにも「起こったことをなかったことにはできない」のだと。
ぼくはこの人間の心性を深く見つめるジャーナリストの視点に強く共感する。だからぼくは、身近な小さなことを丁寧に歌にしたいと最近特に思う。ちょうど沖縄の親友Aからの便りにも「身近な小さなことみんなが見てくれたら…」と書いてあって、また酒酌み交わし語り合いたいうれしい衝動にかられた。同じ時代を同じ思いで生きているうれしさよ。

働いて飯を食い、人を思い、世を嗤って、自然の端っこで歌を書き唄う。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

新曲「ボール&チェイン」 

2017/08/17
Thu. 22:24

ボール&チェイン
詞 曲 五十嵐正史

まるで心に錐を突き立てられるような日々
いつまでそうして試され続ける?
試しているのは自分? それとも君?
時代が世間が 住みにくい人の世が

越えたはずの壁 抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

救いを求めるように言葉の海をさまよう
この世に片付くものなどなく起こった事はいつまでも続く
それを受け容れる? それを拒む?
それでも日が昇り沈む 自然の端っこで

越えたはずの壁 抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

周りがあまりに激しく変わって行く中で
つつましい場所でさりげなく居ることは難しい
解放の言葉が 実現を迫る
一日も早く一つでも多く 掴み取れと

それは越えたはずの壁 それは抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく


夏休み前に1番だけ出来ていた歌詞を、敗戦の日に一気に2番3番を書いて完成させた。
タイトルはジャニスの代表曲と同じだけれど、曲調は割と明るくヴァン・モリソンのアルバム「トゥー・ロング・イン・イグザイル」に収録されている方の“ボール&チェイン”が下敷きになっている。でも、ジャニスの映画を観たことにも影響されているかも…。それと夏目漱石。
内容は日々の実感そのもの。ぼくはそれしか書けない。物語も書けないなぁ。ホンと実感しか書けないなぁ。だから書けなくなることもないのかもしれない…生きている限り実感し続けているのだから。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

掻き鳴らせど 掻き鳴らせど 

2017/07/18
Tue. 22:08

掻き鳴らせど 掻き鳴らせど
詞 曲 五十嵐正史

掻き鳴らせど 掻き鳴らせど
この右手は止まらない
書きよどめど 書きよどめど
頭から言葉を
掻き鳴らし 書きよどみ そのまんま
掻き鳴らし 書きよどみ 叩き出す

うた唄えど うた唄えど
口からあふれ出し止まらない
言いよどめど 言いよどめど
胸底から言葉を
うた唄い 言いよどみ そのまんま
うた唄い 言いよどみ 叩き出す

そんな場合でない時に 
掻き鳴らせ 掻き鳴らせ
そんな場合でない時に
書きよどめ 書きよどめ
掻き鳴らし 書きよどみ そのまんま
掻き鳴らし 書きよどみ 叩き出す

そんな場合でない時に
うた唄え うた唄え
そんな場合でない時に
言いよどめ 言いよどめ
うた唄い 言いよどみ そのまんま
うた唄い 言いよどみ 叩き出す


エレキで書いた2曲目。以前観たジョーストラマーのドキュメンタリー映画で、ジョーが作詞について「天から言葉が降りてくるなんてふざけんな。こちとらいつも必死に頭から言葉を叩き出してるんだ」というようなことを語っていたのが強く残っていて、いつか歌に取り入れたいと思っていた。それと、ぼくの場合は「歌なんて書いてる場合か」という時ほどどうにも書かずにおれなくなるのでそんな気持ちも盛り込んだ。これからきっと、もっとそんな場合でない時が増えそうな気もするし、ある集団や組織が望む歌やスローガン(言葉)にはますます抗って行きたいし。
最近言葉数の多い歌詞が多かったので、その反動もあって言葉を少なくVUの某曲のメロディーを借りてシンプルな文字通り掻き鳴らすロケンロールに仕上げました。エレキで掻き鳴らしたら気持ち良いハズ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

新曲「ひとりのたたかい」 

2017/06/14
Wed. 22:43

ひとりのたたかい
詞 曲 五十嵐正史

そして言わ猿で いることをやめた
一度は消し去った あの日に立ち戻り
それは闇で聞いた言葉 闇で見た言葉
それは親密さを装う 人でなしへの誘(いざな)い

正義の下に 政治の下に
あったものをなかった ことには出来ない

思っていた通り いやそれ以上
憎悪はむき出され 言わ猿たちは身を隠す
そんな時こそ 一人の心に灯る
それは一人の心に灯る 闇を照らす松明

平和の下に 反差別の下に
あったものをなかった ことには出来ない
自由の下に 共に生きるために
あったものをなかった ことには出来ない

あったものをなかった ことには出来ない


夜な夜なエレキギターをアンプに通さず弾きながら初めてエレキで書いた(と言えるかな?)曲。と言ってもメロディーはサン・ヴォルトの“アゲインスト・ザ・ウォール”からの借用。
世代関係なく、立場、職業関係なく、それぞれの生きる場で続く闘いへのエールのつもりで書いたのだけれど、特に同世代の生活保守主義者に感じる“言わ猿”への腹立ちが根底にある。また自問を省いて数を頼み、やはり不都合な事実には頬っ被りする衆への違和感もある。けれど、だれもが等しくひとりのたたかいを生きていることへの勝手な、直接共闘、共謀しなくても連帯感がこの歌の一番の基調となっている(と思う)。サビの最後の言葉は前川前事務次官の発言からの引用。曲調はロックです。エレキで思いきり弾きたい!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-06