周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ798 

2017/06/07
Wed. 23:02

今朝の東京新聞一面の記事“「加計文書省内で共有」文科省の複数職員証言”を読んで、久しぶりに朝から少し「捨てたもんじゃないな」という気持ちになった。

官房長官や首相から下衆扱いされ吐き捨てられている前川前事務次官の証言を、かつて同じ釜の飯を食ったのかは知らぬが、現役の文科省職員が複数人裏付けたのは官邸の圧力に易々と屈して言わ猿を決め込むより、何万倍も人間らしい行為だろう。
おそらく彼らの証言は、結託したかもしれないがどこかから圧力がかけられてのものではないはずだ。圧力はそれこそ「絶対しゃべるな」であって、その圧力に従うことを人間として生きる上で耐えられないと判断したからこその証言だろう。まさに「あったものをなかったことには出来ない」という真っ当な感覚による反応だ。

その「あったものをなかったことには出来ない」という反応に対して、やたら気色ばみ下衆呼ばわりしてまともに受け止められない菅や安倍の反応は、人間としてただただ恥を晒すばかりで下劣極まりないのだが、残念ながら彼らはそんな自分の姿を下劣とも恥とも思っていない。そして指示通り言わ猿を決め込むいまだ大多数の現役官僚たちも、それほど人間としての恥ずかしさを感じることなく彼らなりの人生を謳歌し、その精神的物質的保障となる豊かな都会での消費生活を送っていることだろう。

当然これは霞が関官僚世界だけの話ではない。この国のあらゆる組織で営まれている残念かつ不自然な営為であり、体制反体制も問わなかったりするのだ。市民運動だって他人事ではないかもしれない。思想信条を飛び越え日本人が集団化組織化して行く過程でハマって行く泥沼のようなものだ。ぼくにだってハマる可能性がないとは言えない。
ぼくは数年前に、働いている大田区の行政組織と民間団体との癒着でそれをまざまざと見せつけられた。内部告発以前の相談をぼくにかけてきた個人の動きを、大田区行政の課長クラスが察知しあろうことかその情報を癒着している天下りの作った社会福祉法人に流したのだ。その法人幹部はぼくに相談をかけた人物を特定して呼び出し査問した。その事実を知りぼくが区に抗議すると、課長クラスががん首揃えてぼくの施設に謝罪にやって来た。しかし、それで大田区行政組織の体質が何一つ変わりはしなかった。謝罪に来た課長の一人はさらに出世しその社福法人と大田区行政の癒着は続き、その後指摘された不正案件の見て見ぬふりまでしてやり現在に至る。かの社福法人はもはや大田区の精神保健福祉にはなくてはならない事業を、少なくともぼくの所のような零細施設よりは守ってやらなければいけない地域貢献をしているらしい。

安倍は確かに許せない人心卑し過ぎる人間であり、それが首相で居続けるのは屈辱と破滅への道のり以外にない。が、「安倍を吊るせ」とかSNSや国会前で喚く以上に、手前の中に居る安倍と向き合い、身近な日々の生活の中にも確かに居て偶然でも尻尾を掴んだ目の前の安倍に、丸腰の出来得る手段を尽くして抗議を発しそれを公開するべきだろう。文科省の現役職員もそうしたように。たとえ抗議をする相手が慈善や福祉の仮面を被っているとしても。「あったものをなかったことには出来ない」から。

今宵のBGMは、南風楽天ライブで勇造オフィスさんから提供いただいたバザー商品のタイのミュージシャンのカセット。言葉が全く分からないので歌手名も分からないのですが、どうやら女性アコースティックデュオでこれがまた実に透明感ある声とサウンド。そしてタイの旋律が散りばめられていてとってもGOOD!しばらくは夜のお供になりそうです。

BGドリンクはレモンアロマオイルを垂らした水でした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

ロケンロールライフ797 

2017/06/05
Mon. 23:23

昨夜は、吉祥寺のろへ大好きな女性デュオ“ナツメグ”ちゃんと、大学の先輩でもあるブルーズシンガーあつしさんのライブを観に行った。

この日のライブは、今日(5日)が68歳の誕生日であるマスター加藤さんのバースデーを祝う仕掛けもあって、あつし先輩ナツメグちゃん共に今ののろへの、加藤さんへの愛情マンチクリンの実にステキなライブであった。行って良かった。おかげで?ようやく関西からふだんの自分の活動場所へ帰って来たような気持ちになった。

オープニングアクトのあつし先輩の見事なアコギ一本の生音ブルーズは、ちょっと薄暗い酒場空間ののろに実にぴったり合っている。演奏はブルーズでも目の前の客をいじりつつ進めて行くステージ運びはこれものろならではのフォークだ。
この日予告もされていてぜひ聴きたかったのが、ソウブラの「普通の暮らし」あつしさんバージョン。これがまた見事にあつし節に仕上げてあって思わず唸ってしまう。ぼくにはとても弾けないブルーズのギターフレーズやブレイクが織り込まれてカッコイイ。まぁ、元歌が良いからどうアレンジしても良くなるのだと思うが(言っちゃった(笑))。

そんなのっけからほっこり良い感じで始まったライブを、ナツメグのお二人とぼくも敬愛するギター名手宮本さんがやはり生声生音で見事な音世界を出現させる。自分がここで生音ライブしている時より、他の人の生音を聴き手として聴いている時の方が、断然生音の良さが分かる。音の強弱、息遣いやギターの指板を動く指の微妙なタッチまで、実に生演奏とはライブとは繊細な人間の仕業なのだとあらためて思わされる。そして、それをこんな間近に体感出来る現在ののろライブはぜいたくである(当然、そう思わせるライブを出来る技量が演者に要求されるというごまかし利かない厳しさが伴う)。そんな彼女たちが親善大使を務める故郷鹿児島県枕崎市のことを唄った2曲(1曲は枕崎市の夕方5時の音楽として市内に毎日流れている!)と、日本人が書いたカントリーの名曲「テネシー・ムーン」は特にシビれました。

途中加藤さんと長い付き合いであり、故高田渡さんとも縁のある宮本さんが加藤さんの誕生日に贈るギターインストを弾く際に、何度か親しみを込めて加藤さんを「○○親父」と悪態をついてから実に優しく繊細なメロディーを弾かれぼくはグッと来たのだが、この夜は出演者も客ものろのマスター加藤さんへの変な遠慮なしの親しみに満ちていた。個人的にのろに7年通って来て、今とてものろが良い感じになっている気がする。何度もあった閉店の危機、もちろん現在だって楽じゃないはずだ。いつどうなるか分からない状況と言って良いのかもしれない。けれどそれをみんな知って、知っているからこそやはりこの店がこの場所が必要で好きなのだと、もう気にせず大っぴらに言い合いながらそれぞれが出来ること(まぁ、店に来て飲み食うすることが一番なのは言を待ちませんが)を存分にやる。この店が小さいしぼくたちそれぞれも小さいから、逆に小さく続けて行ける。か細くなっても止まらずに続けて行ける。それが現在の小さなのろだからこそ創れるものであり、その洗練の証が昨夜のライブであったと思うのだ。

当夜まで聞いてなかったという、最後に持って来られた加藤さんのステージ。もはやうれしいお約束でもある加藤さんからぼくがギターを渡されてデュエットする「男らしいって分かるかい」も、この夜の良い雰囲気に乗って気持ち良くやれた。あつし先輩からの突然のフリで、ギター森田君と急きょ「結風」も唄った(歌詞が覚えられないぼくだが、この長い歌詞だけはちゃんと覚えていてそらで唄える)。

ライブ後はお客さんたちとともに、加藤さんへの誕生日プレゼント(という名のお店貢献)としてソウブラが預けている田苑ボトルの差し替えもして、しっかり呑んで唄って語った吉祥寺のろの夜。
あつし先輩、ナツメグの御三人(あゆみさん舞さん宮本さん)、今ののろらしい今ののろでしか出来ないステキなライブありがとうございました!ソウブラもまたのろで唄いますよ~!

今宵のBGMは、インターFMピーター・バラカン氏DJの番組「バラカン・ビート」録音音源。
BGドリンクはレモンアロマオイルを垂らした水でした。そうそう、6月23日(金)に今うちの母ちゃんがお手伝いに行っている稲城市のカフェ宇宙さんぽさんで、ソウブラ五十嵐&森田でアコースティック生音ライブやることになりました。チャージもなしでカフェに普通に呑みに食べに来たお客さん相手にゆるく唄う予定です。月にちなんだ曲とか出来立ての新曲とかやってみようかと思ってます。JR南武線矢野口駅から10分強歩いた多摩川沿いすぐそばにあるステキなお店です(FB等で検索出来ます)。※と書きましたがちょっとまだ未定なので確定次第ちゃんとお知らせします(ライブスケジュールの方も一たん消しました。6月10日追記)。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ796 

2017/06/03
Sat. 23:30

今日は5月14日以来の森歩き&ヘルスよしのへ。

この定番&鉄板コース、まったく飽きることがない。今週はずっと週末にこのコースを巡るのを楽しみに生きていた。やはり、知念良吉師匠とのあるぽらんライブと関西ライブが続いた後のこの一時はまた格別であった。
すっかり緑の濃くなった日本女子大に接するこもれびの森に入り一人佇めば、森に入るまでは感得出来なかった“息吹”“流れ”を全身に感じてただただ清々しい(そして、目には映らない無数の生命活動がここにはある)。人間社会において抱かされる欲求の何一つ満たしてはくれないけれど、それとは次元の違う命の根っこの部分を森に入ると覚醒され、その視点からどっぷりハマっていた世界を見直させてくれる。重機を用いればあっという間に破壊されてしまう森だけれど、経済効率でなしにかつて神の宿る場所として森を畏敬の対象にしていた人間のDNAが、今もぼくらのどこかに残っているに違いないのだ。

一汗かいてヘルスよしのに辿り着き、いつもの気泡風呂に浸かればあまりの心地良さに「やっぱり俺にはここが一番さ」と心で呟き、ふと浴場内の時計を見るとPM5時。あぁ、先週の今頃は南風楽天でリハーサルを終えた頃だなぁとまたまた「あの日」を思い出す。開場時間前からお客さんがやって来て、開演前にはもう超満員。そうそう、最初の南風楽天自慢のヱビスの黒生ビールその名も「クリーミィートップ」の最初の1杯をそろそろ呑み出した頃だな。そうだ、ライブ中関西で知り合ったMちゃんがライブ中喉が渇いたぼくに、クリーミィートップご馳走してくれたなぁ…etc。まだまだ関西ライブの思い出が止まらない。けれど、何よりヘルスよしのに入りながら先週高槻南風楽園ライブで「ヘルスよしの」を唄って盛り上がったことを思い出すのが最高に愉快である。あぁ、バンドメンバーと飲んで語らいたい。

そんなことを書いている今PM11時、1週間前はライブ終えて南風で飲んで語らっていたなぁ。どこをチョイスしても楽しい時間しかない。明日はきっと山崎サントリー蒸留所と西村亭に居た1週間前を思い出しているはずだ。それにしてももう1週間経ってしまった。ていう事は、もう1週間来年のあの日に近づいたという事だ。
今夜はブログを書く前に「西村亭の唄」の弾き語りデモ音源を録った。

今宵のBGMは、ハンクウィリアムスの4枚組CD。どうも今週はハンク・ウィリアムスにどっぷりハマってしまった。豊田勇造師匠を通じて知り、これまでも良く聴いてはいたのだが突如のめり込むような聴き方に切り替わった。すごくシンプルな構成の歌に込められた深みにとうとう気付いたと言うのか、94曲を網羅したこの4枚組の1曲1曲の豊饒さの今は虜になっている。特に彼が「ルーク・ザ・ドリフター」という変名で12曲ほど吹き込んだ宗教色の強い語り調の曲がともかくスゴイ。全然カントリーの枠を飛び越えている。言うならば自由なロック。エルビスの、ディランの前にすでにこの人はロックしていた。

BG酒は麦とホップゴールドでした。これから何も考えずリラックスしてGEOで108円で借りてきた深夜食堂の映画版を観ます。
ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ795 

2017/05/31
Wed. 23:39

ここ数日は西村亭のことばかり思っている。

高槻南風楽天ライブの翌日は必ず山崎のサントリー蒸留所に行き、バーコーナーの外のテラスで何種類ものウィスキーを飲むのがソウブラの至福コース定番。実際ここで山崎の風と水の流れを感じながら飲むウィスキーほど美味い酒はない。ソウブラメンバー全員とさいたまの江上さんに聞いてもみんなそう言うはずだ。

そして、今年は2年ぶりに蒸留所からほど近い旧西国街道沿いの西村亭で昼食を食べた。再びこの店で食べられるなんて夢のようで、持ち込みのビールを買い込んで店の扉を開けて、前と何一つ変わらない店内で先にビールを飲んでぼくらを待っていたカンチ兄貴とお好み焼きを焼く準備をしているおばちゃんを見たら、もう「それで十分」胸が一杯になってしまった。
去年の1月に、いつものように店を閉めた後の店の中でおっちゃんが急逝された後、一度は店を閉める決意をしたけれどみんなの熱い要望もあって、おばちゃんは予約したお客さんに店を開けてくれ、以前と変わらぬお好み焼きを焼いてくれる。今回のライブ翌日の打ち上げはそんな西村亭以外にないと、近所に住み西村亭を愛しソウブラに教えてくれたカンチ兄貴とさくらさん夫婦が企画してくれたのだった(さくらさんは直前に入院されてしまい参加出来ず残念だったけれど、さくらさんの分までソウブラがたっぷり食べて西村亭を満喫しましたよ!)。

何べん来てもここほど落ち着くお店の中は他にない。昭和6年に建てられた当時とほぼ変わらぬ内装。手書きのメニュー。今も残るガス灯!そして生前のおっちゃんが寿司を握っていた小部屋のような厨房。回数にしてみたらまだ6回くらいしか来てないのに懐かしくてたまらない気持ちになる。楽しくステキな何より美味しい時間しかここで過ごしていないからだろうか。そう言えばここでミニライブもした。奥の厨房からおっちゃんがニコニコしながら観ていてくれたっけ。

おばちゃんが鉄板で美味しそうな匂いをさせて焼き上げたお好み焼きを順々にテーブルに持って来て、ぼくらはフーフーしながら2年ぶりのお好み焼きを頬張ると、ふわっとやわらかくてキャベツがしっかり詰まった生地の食感が優しく口の中で広がる。口々に「美味いなぁ」という声がもれる。ホントに美味い。これなら何枚でも食えそうだ。やたらソースやマヨネーズをギトギト塗りたくった最初の2口3口で早々に飽きてしまうそこらのお好み焼きとは次元が違う。

ご近所の方が差し入れしてくれたおでんや酒もいただきながら(すでにウィスキーもずい分飲んでいるけれど)、ぼくらはこれ以上ないリラックス状態でいろんな話をした。短い関西への歌の旅でこの一時も欠かせない。
お好み焼きを焼きながらおばちゃんも昔のこの辺りの話をしてくれる。かつて紡績工場が在った頃はとても賑わい、銀座と呼ばれていた旧西国街道。ずっと昔から今の「寿し、麺類、丼物」のお店だったと思ってしまう西村亭も、最初はモダンな女給さんの居るカフェーとしてスタートし、いろんな変遷を経て(料亭旅館の時もあったとか!)現在に至ったことを知る。
そして、おっちゃんが急に旅立った夜のこともおばちゃんは話してくれた。いつものように店を閉めて店内でテレビを観ながら一杯飲むのが日課だったけれど、その夜はなかなかおばちゃんが先に上がった二階へやって来ないので心配になって様子を見に下りてみたら、お店で亡くなっていたという。いつものようにお酒があったけれどそれを飲めたのか飲めなかったのかは分からず仕舞いで…という話を聞いたらぼくは涙腺が決壊しそうになったので慌てて上を見てコップを持ち上げるようにしてビールを飲んだ。

そんな風に気さくに話してくれたおばちゃんの姿がぼくの頭にすっかり焼き付いて離れなくなってしまった。
仕事の最中も電車の中でもふと、おばちゃんの姿を思い出してはジーンとしてしまうのだ。あのふんわり優しいお好み焼きの美味しさと共に。
今夜は、西村亭のある島本町の素晴らしいフリーペーパー「しまもとノート第2号西村亭特集」を枕元で読んで眠ろう。

BGMは、ハンク・ウィリアムスの4枚組CD。どこか西国街道を思い出させるマンドリンやスティールギター、そしてハンクの弾くリズムギターの音。カンチ兄貴が「西村亭でまたライブせな!」って言ってたなぁ。

BGドリンクはレモンアロマオイルを垂らした水でした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ794 

2017/05/29
Mon. 23:00

ギター森田君の連れ合いのひろこちゃんが、早速ギャラリーサイトにUPしてくれた高槻南風楽天ライブの動画を観る。

自分でもものすごくノッテいるのが分かり、客席の良い雰囲気も伝わって来て我ながら「良いライブだったんだなぁ」とあらためて思う。
関西で初めてライブをした10年前の山崎の「結風」から、ぼくは関西でのライブをやりやすく感じ続けている。水が合うと言ったら良いのだろうか?ぼくはライブ中歌の合間にMCをする方なのだが、断然東京でライブする時よりも関西の方がリアクションが良い。ツーと言えばカーのような気持ち良すぎる客席とのやり取りがいつも生まれ、それがライブにもダイレクトに反映してノリノリのパフォーマンスにも繋がるのだと思う。うた唄いは誰もがそうだと思うが、やはりお客さんの反応にとても影響される。特にぼくは出来るだけお客さんに投げかけ時にイジッたりして一緒にライブを創りたいタイプなので、そんな性格が関西と相性が良いのかもしれない。
今夜晩酌しながら母ちゃんと子どもたちに「父ちゃんなぁ、関西でライブするととってもウケるんだぜ」とちょっとドヤ顔で言ってみると、すかさず次女が「一年に一回だからでしょ。東京みたいにしょっちゅうやってたらすぐ飽きられるよ」だって。キビシーッ!

南風楽天ライブが終わった後で、大学時代からの旧友で京都在住の同じシンガーでもあるTさんと呑みながらそんな関西ライブの話をしたら、「関西にはもともとウケるという文化があるからじゃないか」と言われ妙に合点がいった。

ステージから客席を見ながら歌っていると、お客さんの表情がとても豊かでそれがまたぼくに感情を込めさせる。
今回のライブでは、特にお袋の短歌とコラボした「ないしょの話」とソウブラ単独で最後に歌った「命でしかないビート」が良かったと言ってくれたお客さんが多かった。「ないしょの話」では涙を流しながら聴いてくれている人も居て、ぼくも込み上げて来るものを感じながら唄った。どちらの曲も来年からレコーディングに入る次のアルバムのテーマである「いのち」に連なる大切な歌だ。
こんな風に聴いてもらえると、本当に歌を書いて作って良かったと心底思える。そしてもっと歌を書きたくなる。
ソウブラを結成後しばらくは、ほとんど聴いてくれる人が居ない路上ライブを続けそれでも歌を書いていた。書かずにいられないから書いていたのだが(それは今も変わらない)、その時25年以上前の名古屋の路上でほとんど風景に向って唄っていた自分たちに「お客さんからちゃんと反応をもらいながら一緒にライブを創れる日が来るぞ」と言ってやりたい。

まだ関西の余韻に浸っていたいので、今夜もこれからまたギャラリーサイトの動画を観よう。良かったらみなさんもぜひ観てやって下さい。
動画だけでなく写真も良いのです。特に最後の記念写真は最高です。この大好きなお店のことはこの次愛を込めてたっぷり書きます。

今宵のBGMは、ジ・アラームの88年発表のエレクトリック・フォークロア・ライブ。この訳詞も中川五郎さんであった!
BGドリンクはレモンアロマオイルを垂らした水でした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-06