周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ650 

2016/03/01
Tue. 23:21

今日は3月1日。3.1には懐かしい響きがある。

1991年の3月1日前後、ちょうど宣戦布告なき湾岸戦争の停戦宣言をブッシュ親父大統領がした頃だった。
名古屋市南区で知的障害者たちと無添加パンを作る作業所に非常勤として(時給600円で勤務は常勤並)働いていたぼくは、一緒に働いていた母ちゃんと共に職場の上司たちに見送られて仕事を終えてから静岡県焼津市へと向かった。

名古屋駅でソウブラのちきんベース君(この時は確かアコギ&コーラス)と大学の後輩にあたるYさん(この人はタンバリン担当だったはず)と待ちあわせ、夜のイベントに間に合うために新幹線のこだまに乗って行ったはずだ。
目指したのは確か市民会館、日本共産党系の原水協(原水爆禁止日本協議会)主催の3.1ビキニデー関連イベントで、ぼくらは入ってもいない民青(民主青年同盟)枠の時間にステージでライブすることになっていた。

1991年2月の終わりか3月初めと言えばソウブラが結成されてまだ数か月。参加したのがちきんベース君と全然バンド活動などしていなかったと思うYさんだったというのは、当時まだメンバーが流動的だったからだろう。
ぼくはこの時まだ、すぐ辞める事になる共産党に入党していなかったし、このイベントに呼ばれたいきさつは忘れてしまったが1か月前の1万人以上が集まった小牧基地包囲行動で歌ったことから声がかかったのかもしれない(この頃何度か民青と共産党からオルグされていた)。

この夜のイベントで覚えているのは、ステージの出演時間がぼくらの出番まで相当押して当初15分くらいあったのが、10分から5分、最後は2分くらいにされてしまい、頭に来たぼくとちきんベース君はソウブラ初期のレパートリーだったジョンレノンの「平和を我らに」の意訳版をフルコーラスで強引に歌ったところ、大観衆を前にして途中でマイクの電源を切られてしまったことだ。
26年歌って来たけれど、こんな屈辱はこの時だけである。会場を借りている時間の制約があったのだと思うが、わざわざ名古屋から新幹線で来ていくら無名の学生だからと言って2分はないだろう!?共産党さんよ~と、何だか思い出したら腹が立ってきた。あ、もしかしたらこの後ソウブラが名古屋の路上を自分たちのライブの場にして一切の電気を使わない事に決めたのは、この時の電気を切られた経験がきっかけだったかもしれない。きっとそうだ。アタシは根に持つタイプだ。

その夜の宿泊場所であり学生交流会の場であった静岡大学でもミニライブがあり、ぼくは怒りのたけをぶちまけるように11番まであった「友よ戦場へ行くな」をまったく歌詞を見ずに絶叫した。この時の自分のパフォーマンスが音源や映像に残っていたらなぁと今でも思う。
日本の原水爆禁止運動のきっかけにもなった、アメリカ軍による水爆実験(ヒロシマ型原爆の1000個分)によりビキニ環礁で死の灰を浴びたマグロ漁船第五福竜丸の久保山船長ら船員たちの犠牲を忘れずに語り継ぎ、反核運動を継続して行く趣旨のイベントであったが、当時のぼくがどこまでそれを理解しその為に歌っていたかは疑わしい。夜中まで呑んで学生たち(民青)は自分の抱える屈折と共にゲロを吐いている者もいた。良い子の多かった印象の民青だが、一皮むけばみな同じドロドロを抱えた若者たちであったのだ。

あと覚えているのは、翌日久保山愛吉船長の墓詣でを兼ねたデモ行進でも歩きながら拡声器で歌ったことと、やはり前夜と同じ市民会館での閉会イベントの最中に、後輩の民青の一人と共謀してゲリラ的に観客席で生音ライブを敢行したこと。それにしてもイベントの最中にどうやったのか?たぶん休憩時間にやったのだろう。
デモ行進では、当時の共産党名古屋市議で後に市長選にも出たFという人から「みんなで歌いたいからウイ・シャル・オーバー・カムを演ってくれ」と頼まれたのを断った。「ピート・シーガーは嫌だが(当時は歌声系フォークソングの教祖みたいに思って嫌っていた。20数年後、中川五郎さんの訳した「ウイ・シャル・オーバー・カム」を共演させてもらうことになるとは!)ウディ・ガスリーなら歌う」と言って「我が地球」を延々歌った。これで弦を2、3本切ってしまい最後の会場ゲリラライブでは弦3本くらいで弾いていたのだと思う。それにしても良くやったな~。今なら「そこまでして歌わなくても…」と思ってしまう。

3月1日に、本当に久しぶりにあの時のことを思い出した。焼津の市場で買い物をして、帰りは確か無料バスで帰れたはずだ。

今宵のBGMはニール・ヤングの2005年発表の「プレーリー・ウィンド」。
BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

まさにその集会に、昨日・一昨日と初参加してきました。
そこかしこで「核兵器の非人道性」というのが主張されていましたが、
よく分かりませんでした。
ただ、第五福竜丸以外の被ばく船調査の活動は、すごいなと思いました。
しかしマイクの電源切りはひどいですね。さもありなんといったところです。

あるぽサトー #- | URL | 2016/03/03 00:40 * edit *

4月23日の土曜日日。

五十嵐君 相変わらず活躍してるようで何よりです。今年の勇造ライブは4月23日の土曜日の夜になりましたが、いつものように来て頂けますか?土曜日なので先約等があったらそちらを優先してください。イーサン食堂 中村より。

中村健一 #/3WEEAIQ | URL | 2016/03/03 18:30 * edit *

あるぽサトー君お疲れ様!
集会の内容とか全然覚えていなくてお恥ずかしい話です。
ただ、あの時初めてKがわてつ氏ライブを観ました。物販コーナーでビクトル・ハラと共にカセットを買った記憶が…今探してもどこにもないけど。
あの当時は今よりもホンと、音楽は集会などではたんなる道具のようにないがしろにされてましたね。
それにしてもサトー君とはいろんな所でかぶってますなぁ。
のろ40周年良かったらぜひ来てよ~。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/03/03 22:31 * edit *

中村さんありがとうございます!もちろんソウブラ行きますイーサン食堂。
4月23日はばっちり空けてありました。
今年もよろしくお願いします!

五十嵐正史 #- | URL | 2016/03/03 22:33 * edit *

じゃあよろしくお願いします。

中村健一 #/3WEEAIQ | URL | 2016/03/04 04:21 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/996-93244193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05