周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ634 

2016/01/19
Tue. 23:17

2011年の正月からブログを書き出して、1週間空けたのは初めてと書こうと思ったらまだ前回から5日しか経ってなかった(笑)。何だか長い事書いていなかった気がするほど、たった5日間でいろいろあった。

とりあえず原稿は書けた。先ほど依頼してくれた編集発行人氏に第一稿を無事送った。
締め切りを意識してのこの間は、なかなか良い緊張感があって充実していた。下手の横好きで、ぼくは言葉を文章を書くのがやはり好きなのだとあらためて思い知った。
最初17日に、かなり自信ありの原稿が書けたのだが、母ちゃんに「気持ちは分かるけれど詰め込み過ぎ」とダメ出しされてしまった。
前夜、レコーディング後にソウブラのメンバーといつもの稲田堤商店街にある筑前屋で呑みながらみんなに語った内容をほぼそのまま書いたのだが、確かに母ちゃんが言うようにそれは竹内浩三のことを書きながら(原稿のテーマは竹内浩三)、それ以上に手前の言いたいことを書き過ぎていた。まるで竹内の口を勝手に借りて五十嵐正史が今の日本の気に入らない点に文句を言っているような内容だった。あれで出さなくて良かった。要らぬ誤解や反目を生み読む人を不快にさせるだけだったかもしれない。なによりあれでは竹内浩三が伝わらなかった。母ちゃんありがとである。

これからも当分続くレコーディングの初回16日は、実に幸先の良いスタートとなり早くも名盤(自画自賛)となる予感と期待をメンバー全員に持たせるものとなった。久々のレコーディングであり、ディレクターも兼ねるぼくは、今回もお世話になる8チャンネル同時録音出来るZOOM社のR16の取説と首っ引きになりながらセッティング。各自1本ずつマイクを立てて(ぼくは2本)「せぇーの」で1発録音する。演奏だけではない、歌もコーラスも同時である。これがソウブラ流レコーディング。間違えた人は手を挙げて演奏を止めて、また最初からやり直し。ちなみに、あのボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」はレコーディング2日目に15テイクも録ったが、6分半の最後まで完奏出来たのはその内のたった2テイクのみで、その完奏テイクの最初の方(4テイク目)が、我々の知っているあのロック史上最高の名演だ。しかもその名演は、良く聴くとベースがコードを間違っていたりリズムが危ないような箇所がある。けれどもこの歌は、ロックは、そんな「完璧なるもの」を吹き飛ばすパワーがある。それは基本的に1発録りでないと生み出せないとぼくらは思っている(なのでJ-POPやもどきロックはさよならなのです)。

初日5時間のスタジオで、時間に余裕を持って2曲仕上げた我々は(しかも、完奏OKテイクがそれぞれ複数出来たのでそこから選ぶといううれしい悩み付き)、角ハイボールで乾杯しながら「俺たちディランよりすごいんじゃね!?」と、鼻息荒く息巻いたのであった(笑)。

昨夜、区による監査が近いスペースCで遅くまで準備作業をしてから帰宅してPCメールをチェックしたら、関西のさくらさんから大好きな西村亭のご主人が急逝されたという知らせが届いていた。雪が降り寒い一日だったが、心の中にひんやりした風が吹き抜けて行くような寂しさに襲われた。
さくらさんに西村亭を教えてもらって6年近く、毎年大好きな西国街道を歩いて、あの昭和6年に開店したいまだに当時の佇まいを残す西村亭に行くのがぼくらの楽しみだった。そこでみんなでビールを呑みながら美味しいうどんやお好み焼きやおしんこ巻きを食べるのは、「生きてて良かった」と思える最高の一時だった。西村亭と出会って、ぼくはますます小さな、だけど確かなあったかい場所を愛するようになった。そこを探し目指し大切にするようになった。柔らかく軽やかに時流に逆らえるようになった。西村亭に出会えて本当に感謝である。おじさんのあの飄々とした佇まいが好きだった。さくらさんとカンチ兄貴が企画してくれて、お店でミニライブをさせてもらった夜が忘れられない。暑い昼下がりの店内が忘れられない。

今夜は西村亭のご主人に、晩酌の時献杯を捧げた。

今宵のBGMは、昨年出たボブ・ディランのブートレグ・シリーズvol.12「カッティング・エイジ」。ディスク1で完奏したライク・ア・ローリング・ストーンのもう一つのテイクを聴くことが出来るけれど、なるほど正式発表されたバージョンの方が良いことが分かります。

BG酒は麦とホップゴールドでした。ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

西村亭!

なんと・・・心からさみしいですね、西村亭のお父さん、・・・

2014年の 西村亭でのセッションのギャラリーリンクです
素晴らしいひと時でしたね
http://sbrspilits.jimdo.com/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC/2014%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8D%97%E9%A2%A8%E6%A5%BD%E5%A4%A9/

お父さん、ずっと、本当に本当にありがとうございました。

Hiroko Morita #- | URL | 2016/01/20 00:09 * edit *

Hirokoちゃん動画ありがと~。
ホンと寂しい。でもこれ観るととっても幸せな気持ちになれる。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/01/20 23:16 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/975-ea197625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10