周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ629 

2016/01/03
Sun. 22:47

正月休みのお出かけは、今年もここ数年恒例となっている金沢八景に独り住む義父宅へ1泊2日で家族全員で遊びに行って来た。

出来るだけ休み中に要らぬ出費を抑えたいという理由で、これまでもなるべく遠出することは避け、車で80分ほどで行けて風光明媚な金沢八景の義父宅へ好んで出かける我が家であるが(アタシも母ちゃんもこれまで一度たりともデパートの初売りバーゲン等に行ったこともなければ福袋も買ったことない、今後も行く気も買う気も起こるまい)、今年は長女の陸上部の練習が4日から始まるということで、日程の都合でも義父宅に1泊するので精一杯であった。

昨年から長女が中学の陸上部に入った事は、少なくとも我が家の生活リズムに微妙な影響を与え、休日の過ごし方も最も土日を潰す父に匹敵する勢いで長女のスケジュールが詰まって来た。
アタシがたまたま空き、「じゃあみんなで行こうか」と言うことになっても長女の都合が合わないことが多くなった。
あれだけ父の森歩きに同行してくれた長女であったが、陸上部に入ってからというもの、誘っても「今日もさんざん走って来たから止めとく」と当然の理由でもう一緒に森に来てくれなくなってしまった。正直寂しいのだが、物心ついた頃からの父との森歩きの習慣が陸上部に入った一因でもあるらしいのでまぁ良しとせねばなるまい。

その長女の練習スケジュールはちょっとスゴイ。明日も朝7:00には家を出るのだが、電車で高尾山に行き頂上まで走って登り、頂上で弁当を食って午後1時くらいにはもう家に帰って来るのだ。田舎の中学校のグラウンドで、毎日毎日一日中野球をやっていた父とは大違いである。
先日も昼過ぎに帰って来て、一緒に昼飯食いながら「今日はどこ走って来たの?」と聞いたら、何と「江の島」だと!?。父は「もったいない!交通費がもったいない!せっかく行ったのだから向こうでクレープでも食って来るか、イケメンウォッチングでもして、せめて夕陽に向かってバカヤロー!くらい言ってから帰ってくれば良いのに!」と思わず言う。長女はそんな親父の戯言を鼻で笑うばかりであるが、そんな強行軍でもコンパクトに見聞を広めているようで本人はいたって楽しそうである(顧問の先生があれこれ考えて楽しく走り込めるように企画してくれているようだ)。

そんな長女は、昨日も今日も金沢八景の駅からも見える義父の住むマンションの見晴らしの良い10階の部屋で、ひたすら箱根駅伝をテレビで観ていた。どこを応援するわけでもないが、選手の走るフォームやチームワークで事に臨む姿に興味があるようだ。

それでも箱根駅伝テレビ観戦の合間に、奮発してみんなで近所のスシローで回転寿司を食い(お義父さんご馳走様でした!)、アタシは一人やはり義父宅から歩いて5分ほどの銭湯“K館”に初風呂を入りに行きのんびり過ごした。義父も“K館”に興味がありありなのだが、熱血永年共産党員の義父は、この銭湯に自民党のポスターが貼ってあることが許せず、いまだ風呂好きなのに入りに行かない。そんな義父のごだわりが嫌いではないぼくだが、「じゃあ、お義父さん行って来ますね」と、とっとと独りで入りに行ってしまう不義理の息子である(でも、風呂は炭酸風呂なんてのがあってなかなか良いのです)。

義父への罪滅ぼしというわけでもないけれど、今日は昼から同じ金沢区にある源頼朝創建の富岡八幡宮前のある公園で、義父が所属する共産党系の団体が主催する、毎月3日と19日に行われている「アベ政治を許さない」全国統一行動に一緒に参加した。
子どもたちと母ちゃんはすぐ近くの船溜まりで、群れなすユリカモメやカモと遊び、ぼくは義父と二人であの金子兜太著の「アベ政治を許さない」を掲げて、大勢の参拝帰りの人たちへアピールした。この富岡八幡宮は義父曰くかなり右翼思想色強い神社らしいので、そこであえてやることにしたらしい。この地域の活動家仲間だという俳優の竹中直人氏のお父さんも参加されていて、実にお洒落な出立ちで高齢だろうけれどかくしゃくとして、話も見事であった。

この日の参加者は年配の方たちばかり30人程であったが、おそらくいつもこのくらいの規模で地道に続けて来ているのだろうと思う。もちろんそこに上げ潮ムードはない(そんなの本当にあるのだろうか?)。それでもやって来てこれからもやって行く。それで良いじゃないかと永年党員の義父に思う。

さて、昨年から新年に何か始める事に決め、昨年はこれまでほとんど食べていなかった朝食を、毎朝そばかうどんを自分で茹でて食べることにして無事継続した。おかげで好物のたぬきそばかうどんが食べられると思うと、朝起きるのが以前より楽しみになった。
それで今年は何にしようか義父宅で考え、だいぶ前に購入していて部分読みばかりしていた竹内好訳の魯迅文集全6巻(ちくま文庫)を、1巻から毎日少しでも読んで全巻読破することに決めた。魯迅は高校生の頃から大好きな作家で、短編集「吶喊」(狂人日記や阿Q正伝収録)やエッセイ集「野草」は何度となく読んだのだが、他にもたくさん書かれている魯迅の作品を通読出来ないままでいた。「社会のシステムを変えただけじゃダメだ。人間の精神を変えなければ」という魯迅の言葉に16歳で打たれ、その言葉が結局ぼくの中で通奏低音の如く鳴り続けている。それをもっと魯迅を読み込んで突き詰めるということが、この1年を生きて行く事を考えた時に、直感的に必要なことだと思えたのだった。

今宵のBGMは、ザ・ビートルズの「ホワイト・アルバム」。なぜかジョン・レノンの“ヤー・ブルーズ”と“レボリューション1”がとっても聴きたくなった。このアルバムはポールもジョージも良い曲書いているけれど、アルバムトータルとしてはジョン色強いのではとあらためて思った。それにしてもレボリューションって良い歌だなぁ。とことんロックだと思う。今年も意義ある意味ある歌を書きたいと思う。もちろん、今年もJ-POPにもどきロックに秋元康等商業歌詞はクソ喰らえ!である。

BG酒はヘルスよしののそばの酒屋で買った“多摩ほまれしぼりたて新酒”。700mlで1050円とお手頃だったので正月用に購入。度数が20度くらいあるけれどスッキリしていて美味しい!

ではまた、2016年もロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/969-8f8f2623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05