周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新宿中央公園越年越冬支援ライブ終了! 

2016/01/01
Fri. 23:00

たいていフルバンドで、時に3人編成やソロ、ギターのみの出演も入れて2015年42本目最後のライブは、今年も夜の新宿中央公園路上ライブだった。

都庁のビル群の下、新宿中央公園の水の広場の奥、真冬でも19:00まで水量激しく流し続けるナイアガラの滝(ライブ中のMCでぼくは「イヤガラセの滝」と呼んだ)前に、赤い新宿の旗が薄明りに照らされ、ビニールシートの上に昨年同様布団がたくさん敷かれ、火が使えないゆえに取れない暖をおっちゃん達に提供していた。

今年も大晦日に出現したこの光景を見ながら、ぼくはまたしても自分が来るべき場所に来て歌うべき場所で歌おうとしている感覚に包まれた。この光景がたとえ一夜であってもここに出現したことそれ自体が一つの反逆する風景であり、その「消え去らずあること」こそが、何より強くしなやかで大らかで、何かを変え得る確かな抵抗なのだという確信をやはりぼくに抱かせる。

この夜掲げられていたのは赤い「新宿」の旗のみで、何かしらの政治的スローガンが掲げられているわけでもこの風景の外に向かって強くアピールする示威行動等もない。プラカや華やかな演出もない。もちろんヘイトスピーチも、それに抵抗すると称した自称「許される」罵詈雑言の類も応酬もない。「生きさせろ!」や「やり返せ!」と叫んで拳を突き上げるわけでもない。
しかし、ここに出現し垣間見せる路上の現実とそれを生きる者達が集う静かな風景は、先述したあらゆる運動の作られた空間よりもぼくには地べたに根を下ろした現実であり、時代にも運動の流行り廃りにもまったくぶれることのない(それとはそもそも次元の違う)在り方なのだ。

「在り方」。まさにソウブラが新宿中央公園とそこでの活動を担う新宿連絡会と出会って、2003年からこの場所で歌わせてもらってさらに強く意識するようになったことだ。何を主張するか、どんな運動体に加わるか、多数派を目指し、政治的な勝ちを目指す事よりなにより自分たちがどう「在る」か、そのことをひたぶるに追究すること、何かに加わることで自分を不問に付さない事。
特に何かとこれからの抵抗の在り方について、ケンケンゴウゴウ混迷深まるかのような2015年の最後の日にあって、そんなことを昨夜一年ぶりの新宿中央公園でぼくはあらためて強く感じたのだった。

そんな新宿中央公園での昨夜のライブは、ソウブラまでの3組の出演者がそれぞれ「この場所で在ること」を十二分に意識したパフォーマンスだったと思う。ぼくらの前に出演したダンスユニットひびきさんも、光栄にも登場の呼び出しをマイクでさせていただいた梅津和時さんも、何度もここでライブされている方たち。ここが在る限りこの風景が出現する限り「自分の出来る事」としてきっと楽器を持って、自分の踊りでもって駆け付ける人たちだからだ。

それにしても楽しいステージだった。ライブ中何度も新宿連絡会主宰のKさんに一升瓶で日本酒を注がれ、それを飲み干しながら歌った。布団を被って座った状態で手拍子してくれる人、もちろん寝転がっている人、ブルーシートの外で立っている人、呑んでいる人、食っている人、それぞれの薄明りに照らされた掛け替えのない一つの生でもってこの一夜の宴を自由に楽しんでくれている。その一つ一つの生にこれからもこちらから歌いかけて行きたいと心底思った。

かつて一度だけ、反貧困フェスタという大きな今はもうないイベントで歌わせてもらったことがある。そのステージからは残念ながら毎回新宿中央公園の路上で歌う時に見えるおっちゃん達一人一人の顔が見えなかった。その後の歴史?を観れば、在り方がもたらした当然の結果のようにも思える。
ライブの最後の方、もう良い加減酔っぱらいながらぼくは「こんなライブをさせてもらえるから25年もやってこれた」とおっちゃん達に、新宿連絡会に、新宿中央公園の路上に礼を言った。我ながら嘘偽りない言葉だと思う。

そして演奏を終えてみんなでいただいた日本酒を呑みながら、間近で梅津和時さんバンドの生演奏を聴くぜいたくと幸せ。
今年もここで一年最後のライブを出来たことに感謝!今年も一年お疲れ様でした。

2016年もソウブラの在り方をライブを、歌を、音をみなさんぜひお楽しみ下さい。

2015年12月31日 新宿中央公園ライブセットリスト
①残された場所で
②この素晴らしくない世界で
③三ツ星さん 詩 竹内浩三
④知床旅情
⑤結風
~アンコール~
⑥そこからロック
⑦上を向いて歩こう
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

去年はお世話になりました。今年も宜しくお願いします。…といっても、何ら変わらない当たり前の日常を続けるのが一番なんですが(笑)今年もボチボチ目の前のこと、真剣に向き合って生きていきます。皆さんによろしく!

くわえ #- | URL | 2016/01/02 20:02 * edit *

こちらこそ、沖縄からの声をいつもありがとうございます!
辺野古総合大学、現場の雰囲気がビンビン伝わって来て勉強になります。いつもそうですが、辺野古の映像からは空気感、熱、匂いまで伝わって来るようです。今年もどうぞ宜しくお願いします。
ぼくも生活バンド、ソウブラと共に今年も目の前のことを日常から歌い続けます!早くニューアルバムを届けられるように。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/01/03 23:49 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/968-911e5fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06