周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲「ヒマラヤ杉は知っている」 

2015/12/05
Sat. 23:20

ヒマラヤ杉は知っている
詞 曲 五十嵐正史

ヒマラヤ杉は知っている
ホタル舞う昔のわらべ唄
ヒマラヤ杉は知っている
戦(いくさ)が人を変えたこと

ヒマラヤ杉は知っている
働く女学生、町の人
ヒマラヤ杉は知っている
それはすべて戦(いくさ)のため

そこに悪い人は居なかったかもしれない
そこに人殺しの好きな人は居なかったかもしれない

ヒマラヤ杉は知っている
細菌兵器、風船爆弾
ヒマラヤ杉は知っている
偽札作り、動物人体実験

ヒマラヤ杉は知っている
秘かに葬られた命
ヒマラヤ杉は知っている
松代大本営、本土最終決戦

そこに悪い人は居なかったかもしれない
そこに人殺しの好きな人は居なかったかもしれない

ヒマラヤ杉は知っている
長く秘密にされたこと
ヒマラヤ杉は知っている
生き残るため利用されたこと

ヒマラヤ杉は知っている
ついに閉ざしていた口を開いた人
ヒマラヤ杉は知っている
あの建物の扉を開けた人たち

何べん申し訳ないと祈っても気が済まない
戦争の悲惨さ、みにくさを伝えなければならない

ヒマラヤ杉は知っている…
ヒマラヤ杉は知っている…


今日の旧陸軍登戸研究所の史実を元に創られた朗読劇「ヒマラヤ杉は知っている」の本番前、企画者である登戸研究所保存の会の方に案内されて、今も明治大学生田キャンパス正門前に残る樹齢100年になるヒマラヤ杉を見学した。
そこはかつての登戸研究所本部前にあたり、杉の前には当時視察に訪れた三笠宮(昭和天皇の弟)が所員と写した記念写真が置かれている。その写真が撮られた1944年には、ヒマラヤ杉はまだ平屋っぽい本部建物の屋根をようやく越す程度の高さだったが、現在は数十メートルはあるだろう巨木となり、今もそこにある。本部建物は跡形もないが、車の出入りの為のロータリーは当時のままだという。

ここにたくさんの町の住民や女学生までが戦争の、しかも秘密戦の為の仕事にやって来て、町の豆腐屋の子どもは父親と豆腐を届けに来たりしたが、門の中に入れたのは父親だけだったそうだ。薄々ここでやっていることの重要性と機密性を知っていた大人たちは、子どもたちに「ここへは近づくな」と教えていた。

そんな70年以上前の日本のいわゆる総力戦の日常の感覚が、案内してもらったせいなのか本番ではギターを弾くぼくに伝わり、前回よりもさらにこの登戸研究所の物語の中に没入出来た気がする。
夕方団地に帰って来てもその感覚が消えず、森を歩く道々やそのまま向かったヘルスよしのの湯船の中で、自分で作った朗読劇のテーマ曲に乗せる歌詞を一気に頭の中で書き上げた。
家に帰り紙を前にペンを握ると、まるで自動筆記のようにあっという間に完成した。朗読劇のために書いたメロディーは、ずっとこの詩を待っていたのだ。これは登戸研究所が書かせた、あの戦争が書かせた反戦歌だ。

早速明日の向ヶ丘遊園駅前の地元の小さな反戦集会で歌ってみよう。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/956-55ced4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04