周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ぼくもいくさに征くのだけれど 

2015/11/08
Sun. 18:49

この週末は、森歩き以外ほとんど家に引きこもり新曲作りとデモ音源録りをし、好きな映画をDVDで借りて観て過ごす。

デモ音源録りの中で、CD制作後新たに4曲目となる竹内浩三詩「ぼくもいくさに征くのだけれど」の作曲にも取り組み、それを完成させる。今年偶然奇遇必然とが重なり、竹内浩三の親族の方たちとお会いすることが出来、ぼくが曲を付けた彼の詩をライブで直接聴いてもらえたことで、ぼくの中でますます彼の詩が身近になり、彼の詩を歌うことを自分のライフワークとしたいと強く思っている。

けれど、今回曲を付けた「ぼくもいくさに征くのだけれど」は、彼の代表詩の一つであり、稲泉蓮氏がその著作のタイトルにしたことでも竹内浩三ファンの中では有名な詩であるけれど、ぼくは個人的にこの詩をこれまで特別好きにはなれないでいた。これまで曲を付けてきた詩に比べて、この詩は正直弱く思えていた。しかしそれは、この詩がはっきりした反戦厭戦詩ではないからではなく(そういう内容でなく素晴らしい詩は他にもたくさんある)、人がこの詩に共感を寄せる「彼も一人の弱い人間として人なみにいくさが出来るよう願っていた」という文言を鵜呑みに出来なかったからであり、この詩はぼくが思うに、おそらく同人誌“伊勢文学”に載せるべく書いたが結局何らかの判断で載せずに原稿だけが残った詩であり、公表の為に一生懸命オブラートに包むべく言葉の選択に気を使った跡をぼくが勝手に感じ、それを作品としての弱さと思っていたのだ。

これもあくまでぼくの勝手な思い込みであるのだけれど、この詩に曲を付けてぼくが歌うことで、この詩に込めた竹内の真意を少しでも自分で感じて表現出来たらと思った。この詩に込めた彼の真意とは、少なくとも出征する自分をやんわりとでも鼓舞するものではない。それはおそらく、成田山に願かける自分自身をも戯画化するほどの徹底的に醒めた目で見た出征直前の一兵士の心のスケッチだろうと思う。それを彼はどうにか公表出来るまでの表現に抑えようとしたが、ついにそこまでは至らなかったのではないか?そういう意味では、この詩は最初から公表など望むべくも無かった鋭い絶唱「骨のうたう」や「日本が見えない」などの詩と、伊勢文学に載せた詩との中間にあたる作品と言えるかもしれない。

ぼくが好まないのは、この彼の詩をもって「彼だって普通に弱かったのだから、ぼくらはみんなで手を繋ぎ声を上げなければ」という安易な集団志向へと短絡することだ。彼は最期の最期まで個として表現し、それをとっても小さな同人誌に載せて世に出すことに心血を注いだ。その生き方、闘い方は彼のキャラクターが現代に生きるぼくらにも分かりやすく共感しやすい事と同列ではない。そこは絶対に短絡してはいけない。彼の闘いは壮絶であった。だから気高いだとか言うつもりはないが、その竹内と同じ覚悟がぼくはこれからは必要なのだと感じCDを制作したのだ。それはCDのライナーノートにもちゃんと書いたどうにも譲れないところだ。

今回あらためて何べんもこの詩の言葉を噛みしめながら曲を付けて、実際歌ってみて、出征を前にした一人の若者がこの言葉たちを綴った気持ちが、やはり重い決意であり自分の感性を戦争で奪われない為の闘いに臨む宣言であったのだと強く感じた。
言葉を綴りそれを世に問うという行為には勇気と覚悟が要る。それが売らんが為の魂の無いハリボテ歌詞などでなければ。
そして、それを竹内浩三は日本が最悪だった侵略戦争の時代にやった。死ぬるまでやった。その事実は本当に大きい。

ぼくもいくさに征くのだけれど
詩 竹内浩三 曲 五十嵐正史

街はいくさがたりであふれ
どこへいっても征くはなし 勝ったはなし
三ヶ月もたてばぼくも征くのだけれど
だけど こうしてぼんやりしている

ぼくがいくさに征ったなら
一体ぼくはなにするだろう てがらたてるかな

だれもかれもおとこならみんな征く
ぼくも征くのだけれど 征くのだけれど

なんにもできず
蝶をとったり 子供とあそんだり
うっかりしていて戦死するかしら

そんなまぬけなぼくなので
どうか人なみにいくさができますよう
成田山に願かけた

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/944-dbbbb7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05