周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

東北記③ 

2015/09/05
Sat. 14:00

東北初日(28日)の宿泊は、Sさんのご親戚宅の古民家に泊まらせていただいた。

何と築100年!を越えるそのお家(戦後すぐ2年続いて台風による洪水被害や、4年半前の3.11等幾多の天災と風雪に耐えて来た)は、部屋の壁にはめ込み式の箪笥があったり、戊辰戦争時の秋田戦争で、薩長、秋田藩らと一戦を交えたという槍が壁に掛けられていたりと、歴史的雰囲気マンチクリン。
そこで、ギター森田君、江上さん、Sさんのお連れ合いであるK松さんと、おっさん4人でしみじみと酒を酌み交わしてから床についた。

翌朝はあいにくの雨模様だったが、予報では次第に止むとも言っている。今日(29日)の陸前高田ジャズタイムジョニーでのライブは、共演の地元のバンド“ヒロボーズ”のリーダーO氏の提案で店の外でライブをしようという話になっている。ぼくもそれは夏祭りっぽくて大賛成なのだが、雨では如何ともしがたい。ちょっと気分は朝からブルーだが、Kさんの発案で雨の止むことを期待しつつ曇天の中を自転車4台連なって、一ノ関の街を朝のサイクリングに出かけた。

ぼくは訪れた街の景色を見たり、そこでの市井の人たちの生活を感じるために歩くのが好きなので、このサイクリングは一ノ関の街をとっても堪能させてくれた。明日新幹線で帰る前に、打ち上げ兼ねて寄る文化センター敷地内で開催される全国地ビール祭りの会場を覗いたり、今も護岸工事が続く磐井川からかつての城下町を眺めたりすると、グッとその街を身近に感じるから不思議だ。
帰りに、古い蔵をそのまま店舗にしているコーヒー豆屋さん“佐惣珈琲”に寄ると、なんと店内にぼくらのライブのチラシが置いてあり、店員の方がぼくの顔を見て「どこかで見覚えが…」と言ってくれる。SさんとKさんが宣伝してくれていたのだった。
今日これから陸前高田に向かう事等を、優しそうな店長さんと話し、ぼくはここでブレンドし焙煎したコーヒー豆の中から、名前にひかれて“良いかげんブレンド”を豆で購入した。

温泉郷のある一ノ関の街は風光明媚なだけでなく、小さな素敵なお店からライブスポット、映画館に充実の図書館もあり、とても住み心地の良い街に思えた。でも、そんな一ノ関も東日本大震災とさらに1か月後の大地震に見舞われ被災し、原発事故後放射線量の高い場所(ホットスポット)もかなりあったそうだ。

昼に今日も美味しい蕎麦を食べ(東北はとにかく蕎麦美味し!)、いよいよソウブラメンバー全員と一ノ関駅で合流し(みんな無事合流出来てホッとした)、旧友O山と待ち合わせている気仙沼駅へと大船渡線に揺られて約90分のローカル線の旅。
停車駅のほとんどが無人駅の開業90周年の大船渡線は、あの宮沢賢治も東北砕石工場の営業マンとして働いた晩年に利用していたと思われる歴史と風情と雰囲気マンチクリンの電車。この電車は2両しかないけれど各車両にちゃんとトイレが付いており、長時間乗ってもトイレの近いぼくは安心。車窓からの景色は本当に気持ち良く、いつしかおしゃべりも止み、めいめい外をぼんやり眺めるか眠りに落ちている。帰りも乗ったが、大船渡線車内で過ごしたこんな時間も、ぼくは今回の東北でとても思い出深い。ぜひまた大船渡線に乗りたいと思う。

ずっと山道を抜けるように走る大船渡線が、震災により線路が破壊され、現在終点となっている気仙沼駅に近づく。海が近くなっているはずだが印象はずっと山間を来ている感じ。
やっと旧友の故郷である気仙沼にやって来た。東日本大震災から4年5か月が過ぎてやっと来た。この間ただの一度も東北に足を踏み入れて来なかった。行く機会が無かったからであるが、それは積極的に何としても行こうとはしなかったからだ。そうしてようやく、東京での旧友O山との再会がきっかけで「東北に行きたい」「会いに行きたい」と思うようになった。それは旧友がこの間どんな日々を、どんな思いで生きて来たかを知りたいという気持ち、彼が同じ福祉の現場で働く者として、この大震災と向き合い、被災した障がい者の支援に心血を注いで来た現場をこの目で見たいという気持ちに他ならなかった。それに自分たちのライブが重ねられるとは思ってもみなかった。

降り立った気仙沼駅の改札の向こうに、昨日も水沢MIUMIUに来てくれた旧友O山の顔が見えた。(つづく)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

震災犠牲者数

よく調べましたら、住民票が一関市にあった人で3.11の犠牲もあるようですが、沿岸に居て津波に遭ったり、お年寄りで停電が続いた関連の病死などと思われます。
復興庁のページを見て改めて、複数県にわたる犠牲者や行方不明者の数に驚かされます。

スズキ #f3g/b1UA | URL | 2015/09/06 19:58 * edit *

スズキさま
ご指摘ありがとうございます。当初住民票が一関市にある方で宮城県等で亡くなった方について書いてしまいました。
私は今回初めて東北に行き、あらためて震災の被害と復興について考えさせられました。いや、初めて考えたと言って良いかもしれません。
もうしばらく東北記続きます。

五十嵐正史 #- | URL | 2015/09/06 21:54 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/916-2d4fe493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10