周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2015/08/11
Tue. 22:15

君のうたう
詞 曲 五十嵐正史

君は五月の風にはなれなかった 白い雲にも三ツ星にもなれなかった
兵舎の薄暗い便所の中で 一分間もしていたくない生活だと日記に書いた
一人の男 そして俺たちの大切な一人の友

君の骨はなんにもなしになったけれど 間抜けな兵隊でも天皇の赤子でもなかった
最後まで“ぼくの戦争が書きたい”と 一片の紙と鉛筆を与えよと叫んでいた
一人の男 そして俺たちの大切な一人の友

君は加害者と被害者にされて 加害者でも被害者でもなく書いた
そんな君の詩を歌えば見えて来る 会ったことも無い一人の生きた姿
一人の生きた姿 それはあなたの大切な一人の友

君の骨はなんにもなしになったけれど 国の為大君の為に消えたわけじゃない
最後にふられた女をあきらめられずに 故郷の夏の海辺で一人座っていた
一人の男 そして俺たちの大切な一人の友

君の好きな東京はわずかに残る 君の見えない日本はどうだろう?
そんな君の詩を歌えば見えて来る 会ったことも無い一人の生きた姿
君の生きた姿 それはみんなの大切な一人の友
そんな君の詩を歌えば見えて来る 悪の豪華版の姿
君をなんにもなしにしようとした 戦争の正体

それは君のうたう 君の書いた戦争
それは君のうたう 君の書いた戦争
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/907-22fed720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09