周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ586 

2015/07/13
Mon. 23:09

今日は仕事から帰宅してすぐに、今年初の水浴びをした。

ぼくにとって、新年よりも夏の「初」の方が待ち遠しく楽しみである。
先週11日の土曜日は、昼間明治大学のキャンパス内で今年の初蝉の声(ニイニイゼミ)を聴いたし、昨夕はベランダで金麦を飲んでいる時に初カナカナ(ヒグラシ)の声を聴いた。我が家はみんなカナカナの鳴き声が大好きなので、みんなでベランダに出て耳を澄ました。団地前の森から聴こえて来る何とも言えない澄んだ涼しげな声は、本当に癒される。

昨日は他にも午前中から、娘2人と同じ団地のMちゃんを連れだって今年初市民プールにも行って来た。
クーラーなしで過ごす我が家の夏に、ヒグラシの声と団扇と水浴びとかき氷と市民プールは絶対に欠かせない。
これまで無料だった稲田公園の駐車場が、いつの間にか市議会与党により有料タイムス駐車場にされてしまったが(なので、母ちゃんに送り迎えしてもらった)、中学生までたった100円で一日楽しめるので、今年もぼくも含めて3人で500円で済んでしまう。これは本当にありがたい。
しかし、3時間近くプールで遊んだら全身真っ赤に日焼けしてしまい、今日は痛痒くてたまらない。そんな焼けた皮膚に水浴びがまた効くのだ。

プールから帰ってたっぷり昼寝した後には、家族全員で多摩市民館に行き、市民ギャラリーでの川崎市教科用図書展示を観る。
今年は4年に1度の小中学校の教科書採択の年(高校は毎年)。川崎市は市内4地区に分かれてそれぞれの地区で採択される。
採択は教育委員会が行うが、その前に候補教科書を展示し市民の意見を聞くことになっており、展示にはアンケート用紙が備え付けてあるのだ。
子どもたちが使う教科書の危機はずっと言われており、特に歴史と公民は第一次安倍下痢グソ政権が改悪した教育基本法以降、露骨に国がトンデモ教科書採択に介入して来ている(現場の教師の意見を無視し、教育委員会の権限を強化)。少なくとも親として、そういうアホ国家の介入に「クソッタレ!」と意志表示するのは、ぼくは子をTDLなんぞに連れて行くより、1000倍親の務めだと思っている。

それにしても、噂の育鵬社(思いきりフジ産経グループのロゴ入り)と自由社(元つくる会の連中で育鵬社と内ゲバの末分裂)の公民、歴史の教科書のクソ度は酷すぎる。特に育鵬社は教科書ではなくただのトンデモ本だ。
なにせ、架空の人物神武天皇(127歳まで生きたとされている)が人名索引に出ているは、仁徳天皇陵はピラミッドよりも巨大な世界最大の王の墓だとか、日本という国の成り立ちを相当サバ呼んで、あたかも紀元前にすでに天皇中心の国家があったかのような書き方までしている。

そんな調子で現代までノンストップで都合の良いように歴史が書かれており、大日本帝国憲法を持ち上げたり、日露戦争、日本の侵略戦争の描き方も押して知るべし。
挙句の果てには昭和ヒロヒト天皇(この人の責任は本当に計り知れない。それを日本人はちゃんと見つめるべきだ)を、日本の苦悩を一身に背負った素晴らしい人物と称賛ページもある始末。
こんなトンデモ本が、横浜市を含む全国いくつかの自治体ですでに教科書として使われてしまっている。ヒドイ話である。
こんなところにももう安保法制の下準備は着々と進んでいるのだ。忙しさにかまけてしまうけれど、日々の暮らしの中で選択の機会は、意思表示の機会は地味にある。数を頼む示威行動以外に、特に社会にもっとも組み込まれ利用されがちなぼくらのような生活者世代だからこそ示せる意志もあるのだ。

ちなみに、ぼくがもっとも素晴らしいと思った学び舎の歴史教科書では、育鵬社が昭和天皇を持ち上げたあたり(時代)でチャップリンをしっかり特集している。個人的にこの教科書は欲しいくらい、素晴らしい内容だった。良くこれが検定を通過したものだと思った(逆に言えば、こういう教科書が通過出来る隙がまだかろうじてあるということか)。

夜は、寝室に初扇風機をかけて寝た(娘が風当たる場所を独占したけれど)。
アタシは、窓際に頭を向けて夜風と虫の声を感じて寝るのが大好き。

今宵のBGMは昨夜のピーターバラカン氏の「バラカンビート」の録音音源。大好きなクラッシュの「しくじるなよルーディー」がかかってゴキゲンです。
BGドリンクはトマトジュースでした。では明日の夜は新宿第21みくに丸さんで、劇団チャリカルキの公演にゲストライブ出演してロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

検定以上に教科書採択が問題

周りで見に行った知人皆さん学び舎を褒めてましたが、育鵬社のも通るくらいな検定はそもそも巾があります。学び舎はシェア余りないと思いますが、教科書を出すステイタスで宣伝と割り切る会社もあります。
問題は採択です。採択されなければ売れず、会社の経営を圧迫します。作る会の教科書が現れる前に歴史の圧倒的シェアだった某社は潰れました(潰されました)。攻撃を怖れた大手の教科書会社達は、採択されやすいように、内容の自主規制。この20年で様変わりした教科書業界です。

スズキ #f3g/b1UA | URL | 2015/07/14 00:35 * edit *

検定も安倍政権で、政権の意向を反映させるよう圧力が強まっています。よって、針の穴を通すような細心の注意を払って、それでも趣旨は守るギリギリの攻防で学び舎なども検定を通過させているようです。
もちろん採択の場面は言わずもがな。教育委員会を傍聴した人たちから最近の教育委員会の権限強化と変節がはなはだしいことは聞いています。川崎でも某アウトドア系タレントが教育委員となり、圧力に沿って存分に働いているとか。国は意向を地方に押し付けておいて、判断と責任は自治体に任せるという、福祉もそうですが、昨今の行政の顕著な傾向です。

五十嵐正史 #- | URL | 2015/07/15 23:46 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/892-1417b2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07