周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

イマジン 

2015/05/01
Fri. 22:15

イマジン
詞 曲ジョン・レノン 意訳 五十嵐正史

天国なんてないと思ってみる 
とても簡単なことさ
足下には地獄もない
見上げればただ空があるだけ

描いてごらんよ
誰もが今日一日の為に暮らしてる

国境はないと思ってみる
難しく考えることはない
殺す理由も殺される理由もない
利用される宗教もない

描いてごらんよ
誰もが平和に暮らしてる

夢見てると君は言うだろう
でもそれはぼくだけじゃない
いつか君と描く日が来るなら
世界は一つに

自分のモノなどないと思ってみる
君に出来るかな?
飢えに苦しむ人もない
みんな昔からの兄弟だから

描いてごらんよ
すべてを分かち合う世界を

夢見てると君は言うだろう
でもそれはぼくだけじゃない
いつか君と描く日が来るなら
世界は一つに

25年ぶりに意訳し直してみた。
今回は子どもに聴かせることを意識して、なるべくシンプルな言葉を選んだ。
3番の“A brotherhood of man”をどう訳すかが一番苦心したけれど(人類みな兄弟ではどうにもダサい)、たぶん宮沢賢治の童話か詩の中に出てくるフレーズだと思う“みんな昔からの兄弟だから”という言葉が思い浮かび、それがこの歌の雰囲気にとてもぴったりだと感じて充ててみた。果たしてイマジンの魂を表現するステキな日本語であった。
師匠のライブで再発見したイマジン、ぼくにとっても大きな意味を持つ歌であったことを思い出させてくれた。
3日の地元のピースパレードで早速ソロで歌ってみようと思っている。これからのライブでもぜひ歌って行きたい。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/858-8385a85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08