周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ33 

2011/04/23
Sat. 23:44

昨夜(22日)、家族が寝静まった10時過ぎに、一人行きつけのよみうりランド併設のスーパー銭湯「丘の湯」に行く。
三度の飯より、酒より好きとまでは行かないが、ぼくは自他共に認める大の風呂好き。もちろん温泉大好き。
熱があっても38度台だったら入ってしまうほど。
仕事で夜会議が入る時も、時間があったら都内では銭湯がもっとも多く(確か)、銭湯に天然温泉がある大田区なので、一っ風呂浴びてから会議に行く。洗い髪に石けんの匂いさせて会議に出るぼくのことは、仕事仲間の間ではちょっと有名。

週末の空いている夜は、たいてい車で5分で行ける「丘の湯」でゆっくり風呂に浸かり、1週間の疲れを癒す。ライブの前夜などは露天風呂に入りながらMCのネタを考えたりする。もちろん歌詞も風呂でよく考える。そうそう、息子の名前の波留だって風呂場で思い付いた。風呂はぼくにとって最高にリラックスして、考えも集中出来る空間なのだ。
それに、もともと執着しやすくなんでも引きずる性質なので(それが歌になる)、風呂に入って実際に体を洗い流すことで、少しでも気分を変えたいという理由もある。
実際に風呂に入って何が解決するわけでもない。
「なかったことにする」ことが出来ない性分で、「水に流してばかりの」対応がどうにも許せない。だからと言って、何でもシロクロつくわけじゃない。そんなものを引きずって引きずってやって行く覚悟は、この歳になってようやっと出来てきたような気がする(自信はないが)。

地震後はさすがに足が遠のいていた「丘の湯」は、閉館しているのではないかと思うほど、外観は暗かった。

報道では、駅を中心に薄暗くなった都会に好意的な意見が多いと言う。しかし、原子力発電に関してはいまだに各種世論調査で6割近くが賛成していると言う。この「薄暗くて良いけど原発は必要」という矛盾した心性が分からない。ジャーナリストの斉藤貴男氏は「懲りないな」と原発立地県以外、他人事と捉えるいつもと同じ(沖縄に米軍基地を押し付けている心性とまったく同じ)日本国民の態度を嘆く(20日付東京新聞)。

同じ東京新聞21日の記事には、ぼくの大嫌いなTDLが、夜10時までのパレードを含めて再開し、TDSも28日再開と言う。「あんなハリボテ現実逃避ファンタジーにどんだけ電気使うつもりだ!」と怒りつつ読めば、なんでも8月までに30億円かけて自家発電装置を造るという。けれど別報道によれば、それは一部の発電分だそうな。巨費を投じたただの節電ポーズか?

どうもTDLに対しては右翼の親父みたいな言い方になってしまうのだが、さらに言わせてもらえば、アメリカの50年代赤狩り旋風の時、ハリウッドの映画仲間達を「あいつアカでっせ」とCIAに密告して自分の立場を保守したのが何を隠そうウォルトディズニーその人。あのファンタジィーの裏側は、こんな姑息な大人の権力ゲームが支えておったのです。それを知って以来、元々遊園地の乗り物嫌いもあってぼくはあくまでアンチTDL!
これって、かなり少数派だろうなぁ・・・。

風呂の話がなんでこんな話になってしまったのか?

この前のブログも後日読み返して(明らかな誤字訂正だけその日のうちにするが、それ以降はどんなにひどくても訂正しない)、あまりの言葉足らずに恥ずかしくなった。酔っぱらって気ままに書くにしても程がある。
まず、「政治という営みを憎悪している」は言い過ぎで、嫌悪している程度だ。投票権を持って以来、ぼくは1度も棄権したことはなく、選挙結果は毎回それなりにドキドキしながら見ている。
「政治力を持とうと向かうあらゆる団体組織が嫌いだ」も言い過ぎで、政治力を求めることに囚われてしまって硬直した団体組織が嫌いということだ。あぁ、こんな後から訂正は実に弁解がましく情けない。
もっとテッテ的に酔いどれブログライターにならねば。皆さまさらによろしく哀愁!

今宵のBGMはもう一人の我らが師匠、知念良吉さんの昨年出たアルバム「オキナワンボーイの喜怒哀楽」。前からこのアルバムのことを書きたかったけど、安易に書けなくて今になってしまった。
70年代から歌い続ける沖縄コザ市出身の、時流にまったくぶれない、ブルーズシンガーソングライター。この人の歌う沖縄にどれだけ教えられたことか。知念さんが言った「沖縄を見続けると、自分に行き着く」。この言葉は、沖縄と安易に一体化しようと入れ込んでいた自分の、それからの指針となった言葉。
このアルバムは、50年代に沖縄で生まれ、いくつもの時代を生き歌い続けてきた一人の男が、その足跡と、これからどこへ向かうのかまでを歌った大作だ。ぜひ多くの人に聴いてもらいたい。良吉師匠の最高傑作であり、ロック史上に残る、沖縄で作られた名盤だと断言出来る。

問い合わせ ハーベストファーム 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜3-11-22-406
TEL&FAX 098-890-7555 HPアドレス http://www.harvest-f.com/ 定価2,500円

BG酒はトリスハイボールでした。ではまた、ロケンロール!



スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

五十嵐さんこんばんは。
私もディズニーランドは苦手です 変人扱いされますが(笑)

そして私もたまに、ブログを読み返して あうあう ってなります (笑)

五十嵐さんのブログとても楽しみに拝読してます

のろ、楽しみにしています !

お体ご自愛下さいますように

大橋

ohashi #- | URL | 2011/04/24 00:10 * edit *

五十嵐さんこんばんは。
私もディズニーランドは苦手です

そして私もたまに、ブログを読み返して あうあう ってなります (笑)

五十嵐さんのブログとても楽しみに拝読してます

のろ、楽しみにしています !

お体ご自愛下さいますように

大橋

ohashi #- | URL | 2011/04/24 00:11 * edit *

まさかの二重投稿

すみません!

大橋

ohashi #- | URL | 2011/04/24 00:12 * edit *

ありがとう!大橋さん、同志よ~!(笑)

実はもう一人確実な同志が身近に。この間一緒に観劇したH川さんです!
ディズニーをボロクソ言いながらH川さんと飲んだことあります(笑)。

30日の曲目リスト、さっき帰省中の森田君にメールしたところです。
ぜんぜん練習していない曲があり、驚いていました(笑)。毎度のことですが。

30日どうぞお楽しみに。ぼくも今から楽しみです。

五十嵐正史 #- | URL | 2011/04/24 00:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/84-f9c03e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10