周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2015/03/18
Wed. 23:10

なけなしの自由
詞 曲 五十嵐正史

今日は今日の日の光の下
仕掛けられたそれぞれの闘いを生き抜こう
嘘で塗り固めたあの男を許さずに
なけなしの自由をふるい闘い抜こう

してきたことが足元から壊されているのに
それでも手を結び寄りかかろうとする
あの男を頼むなど人を捨てるも同じこと
なけなしの自由をふるい闘い抜こう

かつて君の頭にも流れていた抵抗の歌を
捨ててまで守った現在はもはや見る影もない
あの懐かしいレコードの音は決して古くなりはしない
なけなしの自由をふるい闘い抜こう

見劣りばかりを気にしてまるで気分の奴隷
吐き捨ての噂に群がるヘイトの奴隷
頼るもののないことを何も恥じることはない
なけなしの自由をふるい闘い抜こう

その自由には色も値段も無い
ただ君を支えどこまでも君であらしめるだけ
なけなしの自由をふるい闘い抜こう

今日は今日の日の光の下
仕掛けられたそれぞれの闘いを生き抜こう
命をだまし奪った歴史を許さずに
なけなしの自由をふるい闘い抜こう


昨夜電車を2駅乗り過ごして書き出した歌詞。
寝る前に枕元で書き、朝の電車の中でも頭の中で書き、職場に着いた時にはほぼ出来上がり、帰りのもっとも歌詞の浮かぶ夜道(今日は乗り過ごさなかった)で細部を訂正して完成。
子どもたちと「相棒」を観終わった母ちゃんに見せたら一発OK!母ちゃんの好きそうな詞だと思ってました。
いくつになっても歌が出来上がって行く過程は興奮する。「歌が生まれそう」と感じると心臓はドキドキしてひたすら頭を集中させる。走り書きがだんだん自分の気持ちにぴったりな言葉になって行くのはうれしいし、自分が支えられた気になる。
ウケはやっぱり考えない。そんな余裕はない。そんなつもりではやっぱりぼくは一行も書けない。

きっかけをくれたニールヤング御大に感謝!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/838-5d70e917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04