周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2015/02/12
Thu. 23:31

少女とタマノカンアオイ
詞 曲 五十嵐正史

冬の風をものともせず
軽やかに君はぼくの先を行く
当たり前とばかりに行き急ぐ
それでも景色はその目に映っているだろう
だんだん置いて行かれながらぼくは舌を巻く
驚き感心して少し心配になる
軽やかに君はぼくの先を行く

友だちは付き合いたがらないという道を
軽やかに君はぼくの先を行く
つまずきを知ってもまだ挫折は知らない
それでももう息苦しい時間を過ごしている
この先の見晴らし台の所で休んで待っていてほしい
追いついたら一緒に春の兆しを探そう
軽やかに君はぼくの先を行く

小さな背中にふと孤独も見せて
軽やかに君はぼくの先を行く
カンアオイを見つけたぼくは君を呼び止めて
二人で太古の小さな緑葉を見つめる
ぼくはもっと道草上手になるつもり
君の視界の端にそれが映ればいい
軽やかに君はぼくの先を行く

軽やかに君はぼくの先を行く
軽やかに君はぼくの先を行く
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/822-8bcb5400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05