周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

昨日は昼前に、娘二人の通う小学校へ家族で投票に出かけた。

行く道すがら、母ちゃんに前夜の飯浜ちゃんとの吉祥寺のろライブの報告をする。
自分で言うのも何だけれど、本当に良いライブだった。初めて顔を合わせるお互いのお客さん同士が、こじんまりとしたのろのソファーに向かい合うように、または隣り合って座ってぼくらと飯浜ちゃんのライブを最後まで楽しんでくれた。
もうそれだけでやったかいがあったし、飯浜ちゃんにとっては初めての、しかもお客さんとまったく距離の無い空間での生音生声ライブという相当なプレッシャーの中、その緊張感含めて見事彼女ならではのライブをやってくれた。

20年近い長い付き合いだけれど、お互いこんなすぐそばでお互いの歌声を聴くのは初めて。
あらためて彼女の歌力に聴き入り、ぼくらもそんな彼女の歌に応えるように自分たちのライブが出来たと思う。
特に共演した彼女の歌2曲「カラス」と「歩こう」は、今まで何度もやって来た共演のどれよりも良かったと自負している。
これまでは、飯浜ちゃんの歌をバンドアレンジに無理くりはめ込もうとして彼女の歌声を生かしきれなかったが、今回はカウントも取らず、彼女がギターを弾く間合いに合わせてそれに寄り添って伴走して行くように音を合わせた。
なので、最後まで彼女の歌をしっかり聴きながら一緒に演奏することが出来た。

でも、今回のジョイントライブが良かったのは、それをのろでやったことに尽きる。
マスターの加藤さんは、飯浜の歌を聴いて「初めてここでやった気がしない」と言ってくれた。歌う者の歌に向かう姿勢や歌心を大事にしてくれる加藤さんの所以外に、このジョイントライブはあり得なかった。のろに何より感謝である(のろのブログに加藤さんもライブの事書いてくれています)。

そんなこんなを母ちゃんと話し、時折息子とライダーごっこをしながら学校に行き投票を済ませた。
ぼくは政治も選挙も嫌いだけれど投票に行くのは割と好きだ(何だか論理矛盾)。たかが一票だが、投票用紙に記入して投票箱に入れる時、いつもほんの少しだけドヤ顔になっているような気分になる。結果は毎回クソッタレだけれど、「俺は少数派だ!文句あっかコノヤロー!」って気分のいつもドヤ顔なのだ。そう、勝ち負けじゃない、アタシにとって投票はあくまで意志表示、それ以上でも以下でもない。多数決の論理に則って、戦略的に勝ち馬に乗ろうなんていうみみっちい投票はしません(そういう意味で、沖縄の選挙勝利は個々の意志表示が、選挙戦略を軽く飛び越えた証しとぼくは解釈する。オール沖縄の党派共闘のみをヤマトがただ戦略的に模倣しようとすれば、また細川の二の舞になるだけだろう。オール沖縄は最初に戦略などを飛び越す、後は表示を待つばかりの多くの已むに已まれぬ意志があって、それに押されて生まれたはず。それをぼくは沖縄からの便りで実感している)。

こうして今年36本目のライブが終わった。これで、月平均3本ライブをやりながら一年を過ごしたことになる。
そして大晦日、新宿中央公園で正式にやることが、ぼくらだけでなく大晦日の越年支援と共にやれることが決まった。
今年37本目ラストライブは、新宿中央公園です!

今宵のBGMは、サン・ヴォルトリーダーのジェイ・ファーラー2003年発表の「テラー・ブルーズ」。
イラク戦争に突き進むブッシュ時代のアメリカの生き辛さや気だるさ、その社会にも音楽がブルーズとして個人を救い得ることを、混沌の中に伝えてくれる気がする(輸入盤なので歌詞の意味は良く分からない)味わい深いアルバム。
ああ、来日しないかなぁ…。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

吉祥寺のろ年忘れライブソウブラセットリスト
①ハレ
②まだ見ぬ兆しを待ちながら
③東京 詩 竹内浩三
④しかられて 詩 竹内浩三
⑤ワン・ギター
⑥デモクラシ
⑦日本が見えない 詩 竹内浩三
⑧三ツ星さん 詩 竹内浩三 w前田悠平
⑨ゴールウェイ・ガール w前田悠平
⑩見えない川 w飯浜ゆきこ
~アンコール~
⑪ひたぶるにただ 詩 竹内浩三




スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

こんにちは
やっぱり大晦日は新宿中央公園に立つソウブラが似合いますね。
久々にお子さんの話題が出て嬉しいです。徐々にお父さんとからむ話題が減りそうで寂しいですが,それだけお子さん達の成長してる証し〜喜びます(^^;)

スズキ #f3g/b1UA | URL | 2014/12/17 13:38 * edit *

私の勝手なライブ宣言を、新宿連絡会のみなさんが了解してくれて…ホンとありがたいです。
今年も最後にあの場所に立って歌うことを存分に噛みしめたいです。

五十嵐正史 #- | URL | 2014/12/18 00:04 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/793-6970d2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06