周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ519 

2014/12/12
Fri. 23:38

6日は銀座デモ行進の後、国立のかけこみ亭への経由駅である新宿に向かった。

新宿までの電車の中で、ふと新宿中央公園に寄ることを思いつく。しかし、すでに一人官邸前から2時間以上歩き通しで、新宿から都庁の先までまた歩くのはしんどい気もして来る。
新宿中央公園は、昨年までソウブラが10年間ホームレスの人たちの夏祭りと越年越冬支援の炊き出しでライブをして来た所。昨年末から今年正月までの越年越冬をもって、新宿中央公園を拠点とした炊き出しは終了し、主催して来た新宿連絡会は、拠点型でなく路上で暮らさざるを得ない一人一人を訪ねて歩き支援する方法に変えた。
新宿連絡会ニュースで、そこに至った過程と現在の活動の在り方を知り、ぼくはその新たな活動に大いに賛同の気持ちを持っている。けれど、新宿中央公園に大晦日の一時音楽が、ライブがあっても良いのじゃないかという思い已み難く、誰も居ないかもしれない中央公園の昨年まで炊き出しのやっていた広場で、1時間だけでもライブをすることにしたのだった。

そのことを新宿連絡会や毎年声をかけてくれたOさんにも伝え、無許可ゆえに途中で止められてしまうかもしれないが、大きな音は出さずに、それでも公園の周囲には聴こえるくらいのささやかな音楽と歌を、今年最後の日にあの場所で流したい旨を書き添えた。
せっかく中央公園から脱却して、新たな活動にシフトした新宿連絡会にどこか申し訳ない気持ちを抱えながら、毎年ずっと音楽が流れていたあの場所でそれでもライブをしたいというのは、ミュージシャンのたんなるエゴ以外の何物でもない。

そんな自覚と思考にデモ後の電車の中で悶々としていたら、ふと新宿中央公園に行ってみようと思い立ったのだ。
国立のかけこみ亭での知念良吉師匠の実に2年半ぶりのライブに、ギリギリになるか少し遅れるかの時間になっていたが、ぼくの足はがしんがしんとまるで行進するような勢いでいつしか新宿駅から中央公園へと向かっていた。「ライブをやるにしても、一度今の中央公園を見ておかなければ」と心が言っていた。

いつも中央公園に向かうかつての動く歩道のある方の道でなく、都庁の裏手の方から中央公園に向かうと、都庁の周囲の路上に段ボールやブルーシートが点在し人が寝ていたり食事をしているのが見えた。
中央公園の周囲の道路にも相当数のホームレスの人たちが居る。でも、都庁表側に近づくにつれ人は居なくなり、かつて拠点のあった中央公園水の広場にはホームレスの姿もブルーシートハウスも無く、スケボー少年が二人居るばかりであった。

公園内も散策してみたが、歩いた限り公園内にホームレスは一人も居なかった。
やはり、公園からはみんな出て、何人かが(それでも少なくない人数)公園周辺の道路や都庁の裏手に今も居るという状態なのだと解釈した。
予想以上に人気のない中央公園にしばらく佇み、街灯が照らす広場を見ながらライブをやる意味について考えた。
すると、水の止まった滝の端の方の街灯下のベンチ辺りで歌っているソウブラの姿が目に浮かんだ。何だかそれは良い光景に思えた。大晦日の夜、かつては人がたくさん居たが今は誰も居なくなった公園で演奏する自分たちは、何だかそれだけで相応しいような気がして来た。意味など要らない気がして来た。あの場所で歌っている自分が見たくなった。

先日届いた新宿連絡会ニュースのVol.65を何度も読み返し、巻頭のKさんの文「終わらない冬」を読む度に「今さらあの場所で歌うべきではない」という思いにかられる。けれどもやはり表現者のエゴかおめでたいノスタルジーか、いや、これで本当に最後にするために、自分の中でちゃんと区切りをつけるために、あの場所で、中央公園で大晦日歌おうと思う。

12月31日(大晦日)ソウブラ2014年ラストライブ 新宿中央公園水の広場にて 
19:00~20:00
観に来てくれた人には振る舞い酒(日本酒)を提供いたします。もし、途中で止められてしまったら抵抗せずに止めますので、その際はどうぞ悪しからず。

今宵のBGMはボブ・ディラン&ザ・バンド「ザ・ベースメント・テープス・ロウ」。絶対素晴らしいんだろうなぁと思って購入したら、想像をはるかに超える素晴らしさだった。昨年の「アナザー・セルフ・ポートレイト」もそうだったけど、コンプリート版が買えない辛さが身に沁みる。ディランを通じて格差を痛感するとは…何たる皮肉。頼むからコンプリート版をもっと安くしてくれ~!ディラン。これはまさにルーツ・ロックの玉手箱だ。

BG酒はホワイトハイボール、さぁ明日はいよいよ飯浜ゆきことの吉祥寺のろジョイントライブだ。仕上がりは上々、きっと記念すべき年忘れガチンコライブになるはず。みなさんぜひお運び下され!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/792-6b361f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09