周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2014/12/10
Wed. 22:59

余計な音
詞 曲 五十嵐正史

ぼくは今森に居て鳥の囀りを聴く
どこからか水の流れる音も聴こえる
傷つきつまずいた者達を休ませてくれる
この森に余計な音はいらない

ぼくは今海を見つめ波の運ぶ歌を聴く
混ざり合う潮風の音を聴いている
海と共に生きて来た人々の怒りの涙落ちる
この海に余計な音はいらない

これはどこにもない空だ爆音に切り刻まれて
まるで見放されてしまったよう
でもその空はどこよりも碧く命の行方を知る
この空に余計な音はいらない

命半分とうに生きて惑うことばかりだけれど
何が必要なのかだけは分かって来た
森と海そして空
そこにもう余計な音はいらない

ラララ…ラララ…
余計な音はいらない
余計な音はいらない
余計な音はいらない


先日、辺野古の状況を伝えてくれているくわえさんからの手紙に添えられていた言葉が胸に残った。
そこには沖縄の森と海への思いが綴られ、その中の「余計な音はいらない」という言葉でぜひ歌を作りたいと思った。
頭の中でその言葉を繰り返しながら、沖縄の森と海、そして空を思い続けた。
昨夜、国立のかけこみ亭で、もう一人の師匠であり、6日に約2年半ぶりの東京で大感動のライブをした知念良吉さんが主題歌を歌う、辺野古の人々の長い闘いの歴史を描いたドキュメント映画「泥の花」の自主上映会を知念さんが同じかけこみ亭で主催し、その映画に刻まれている沖縄の思いと「生活圏」をかけた闘いの在り方を観て心揺さぶられ、一気に歌が仕上がった。

思えばくわえさんとは、94年に書いた“おもい”以来の20年ぶりの共作となる(ぼくが勝手にくわえさんの言葉を使ってしまっているのだけれど)。
少しでもくわえさんの思いもこの歌に込められたらと思う。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ありがとうございます。曲に乗ったこの唄を是非聴きたいです。「言葉」が伝わる…簡単そうだけどすごく難しいことだと思ってました。でも、伝わる人たちがいるってことはこんなにも勇気づけられるんだ!風邪こじらせて寝込んでたので、この「言葉」が何よりの薬です。五十嵐君も体調管理気をつけて下さい!

くわえ #- | URL | 2014/12/11 17:34 * edit *

くわえさん、お大事にして下さい。
こちらもいよいよインフルエンザの季節になって来ました。休息ちゃんととるようにして気を付けます。

この歌曲もなかなか覚えやすくて良いので(自画自賛)、バンドで早く合わせたいです。そのうち音源送りますね。

五十嵐正史 #- | URL | 2014/12/12 00:22 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/791-e2cc61a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04