周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

10.26清瀬療護園秋のひとときライブ終了! 

2014/10/29
Wed. 22:40

清瀬療護園には、昨年同様やわらかい木漏れ日が射し、秋のイベントの日と言えども昨年ライブをさせてもらったクリスマスの時と同様、どこか静謐とした空気が流れ、ライブ直前にぼくには珍しく美味しいカレーうどんをゆっくり食べる余裕があり、変な気負いもプレッシャーもなくライブに臨むことが出来た。

司会の方に紹介される時なんて「本格派ロックバンド」なんて言われて、ステージ上で思わず笑ってしまった。それでぼくの方から思わず「本格派というより本格風ロックバンドです(笑)」なんてのっけから軽口叩いてのライブであった。

前夜の吉祥寺のろもそうだったが、この日もぼくの歌の中に自然と竹内浩三の詩も入ったセットリストで自然にライブ出来た。
竹内浩三の詩を歌うということがぼくの中でいよいよ自然となり、生涯歌い続ける限り彼の詩と共に自分は在るのだと思うとなんだかうれしくなる。自分の人生の最後の時が来たら、それはすなわち竹内浩三とついに会う時なのだと思えばそれはそれで何だか面白いような気もして来る。嗚呼、本当に彼の詩を歌ったCDを制作して良かったなぁ。

昨年に続き、ぼくらに声をかけてくれた療護園職員のMさんとライブ後ひとしきり話してぼくらは園を後にする。
バス停までの緑陰通りを気持ち良い秋の風に吹かれ歩けば、いろんな施設のお祭りイベントで歌っているけれど、ここの何の大げさな仕掛けも無く、気付くと静かに誰に対しても開けている在り方が、まさにぼくらのバンドの在り方と通じていることに気付き、リラックスして歌える理由が了解出来たのだった。

うれしいアンコールで歌った「そこからロック」は、何だか久しぶりに新たな息吹を注いで歌えた気がしてこれまたうれしかった。
ありがとう、清瀬療護園のみなさん!

清瀬療護園秋のひとときライブセットリスト
①夜長
②これまでもこれからも
③ほんたうのさいはひを求めて
④三ツ星さん 詩 竹内浩三
⑤この星に日が昇る間の話
⑥日本が見えない 詩 竹内浩三
⑦残された場所で
⑧上を向いて歩こう
⑨結風
~アンコール~
⑩そこからロック
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

素敵なセットリストですね。
又このごろCDで「青い一輪車」とか「結風」とか聴いてホッコリしてます。
「そこからロック」も好きな歌。元気がでます。

たまには,ここで他の人の歌を紹介
北海道新得町で有機農業やってるシンガーソングファーマー,宇井ひろしさん(農閑期に東京にライブしに来た時,石神井のハーベストさんで聴きました)。ソウブラと通じる世界の曲があります。

「つるばら」
http://www1.ttcn.ne.jp/~makime/ge/shu/0327/turubara.mp3

スズキ #f3g/b1UA | URL | 2014/10/30 15:36 * edit *

スズキさん、私も我ながら良い選曲だなと(笑)。
最近ライブ毎に毎回全然違うセットリストを自分でも楽しんでおります。
宇井ひろしさんの歌、小さな日常を愛する気持ちが伝わって来ます。
のろライブご来場ありがとうございました。CDも気に入っていただけたようで何よりです。

五十嵐正史 #- | URL | 2014/11/01 01:00 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/771-a868aaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10