周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ソウブラには毎年恒例のライブがいくつかある。その中で一番長く続いている恒例ライブが豊田勇造師匠との阿佐ヶ谷あるぽらんライブ。
去年も同じこと書いたかもしれないが、今年もこの年一回のソウブラ&勇造さんライブを観にたくさんのお客さんがあるぽらんに来てくれた。そのことが何よりうれしく「ソウブラ&勇造さんライブを観て絶対損はさせない!」と、自信を持って言えるくらいの自負もある。

昨夜は森田君のギターが絶好調であった。勇造さん相手に啼きのギターや激しく熱いギターを彼には珍しく?ガンガン前に出て弾いていた。山村君の三線もブルーズ度を増していた。ちきんベース君も「頭真っ白になった」と反省しつつも音は出てた。
梅ちゃんはアタシと共に“いとうくん”でコーラスを入れ、この夜伊藤さんを知らない人にも伊藤さんの人となりを感じさせ、阿佐ヶ谷ならではのライブに花を添えた(実際伊藤さんの旧知の方から花が届いた)。

そしてアタシは、師匠を真似て17年前に買ってそれなりに年季も入って来た愛器“ギブソンハミングバード”を師匠と共にブンブン鳴らして“大文字”を一緒に歌った。
出演者、お店、そしてお客さんの思いががっちり重なって創る夜の、ライブの素晴らしさを身体に心にビンビン感じるホンと阿佐ヶ谷あるぽらんでしか出来ない良いライブであった。

ソウブラのステージもソウブラらしさを全開にしつつ、自分たちの音楽をお客さんに聴かせ楽しんでもらえたと思う。
MCもよう喋った(笑)。もちろん自虐ネタも絶好調。ぼくは自分を落とすために自虐ネタを言うのではない。照れ隠しは多少あるかもしれないが、かっこいいことを嗤うために、バンドの現実を直視してそれを嗤い飛ばしつつ、それでもメッセージを真摯に伝えるために大いに自虐ネタをMCを喋るのだ。もちろんそれは師匠とは違うスタイル、でも師匠と共にステージをさせてもらう中で、ソウブラのライブをやり続けて来た中で、何よりソウブラがちゃんと客のいる場所で初めてライブをさせてもらったあるぽらんでのライブの中で身に付けてきたこれぞソウブラスタイルなのだ。

昨夜はそれをやり通せた清々しさがあった。
柔らかい雰囲気を作りながら、絶対この日歌いたかった“水平線を消さないために”を「阿佐ヶ谷から沖縄に向けて」と言って歌えて良かった(前日、沖縄のくわえさんからDVD「辺野古のたたかい 2014年8月」が届いていた)。

ライブ後はほっこりし過ぎてずいぶん飲んだ。最初のあるぽライブで太鼓を叩いてくれた旧友が久しぶりに来てくれたのもうれしかった。毎年京都から「近所から来ました」風の自然体でやって来るS夫妻(96年の初あるぽらんライブの後、一緒にあるぽらんで夜を明かしました)に今年も会えた。ライブ後一人で初めて飲みに来たという女優のHちゃんとも楽しく飲んで喋った。そしてあるぽらん常連仲間や勇造さんとも。
ライブで“いとうくん”を歌う前に勇造さんから「伊藤君との思い出をちょっと話して」と言われ、ソウブラのカセットを伊藤さんが店主をしていた古本屋に初めて置いてもらったが、伊藤さんから内容にダメ出しされあるぽらんの佐々木さんがそれを引き取り、気に入ってくれた佐々木さんがソウブラを出演させてくれるようになったことを話した。ぼくはたまたま伊藤さんが佐々木さんにカセットを渡したかのように話したのだが、打ち上げで勇造さんと話していたらふと、それはきっと伊藤さんがあるぽらんの佐々木さんだったらぼくらにチャンスを、機会を与えてくれるだろうと初めから見越してカセットを託したのではないかと思えて来た。いやきっとそうに違いない。やはり、伊藤さんはソウブラの恩人であった。

昨夜もあるぽらんに居たはずの伊藤さん、ありがとうございました。また来年も来て下さいね。

あるぽらんライブソウブラセットリスト
①変わらない夜道
②この星に日が昇る間の話
③水平線を消さないために
④残された場所で
⑤足元

勇造さんとの共演曲
スィート・ホームKYOTO w森田、山村
マンゴー・シャワー・ラブレター w森田、山村
ホセが植えた木に雨が降ってる w森田
大文字 w五十嵐
ガヤガヤ阿佐ヶ谷 wソウブラ
いとうくん wソウブラ

スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

おはようございます。この前の土日に東京に出て来ていました。土曜日はエビスビール博物館に行きその後代々木でコンサートに行ってました。日曜日に3年ぶりに大島と会って浅草でどじょう鍋を食べ、いい歳したおっさん同士がその後大衆酒場で昼から楽しい酒を呑んで過ごしました。自分はゆうがたに飛行機で帰ることになっていましたが、大島に五十嵐さんのライブがこの後あると言ったら、行ってみると言って東京駅で別れました。来年こそは、大阪で日下と一緒に会えると良いですね。昨日家に帰ると10月13日の豊田勇造さんの愛媛ライブの案内が届いていました。また、足を運んでみたいと思います。ではまた、来年高槻で会えるのを楽しみにしています。

田中薫陽 #- | URL | 2014/09/23 08:07 * edit *

田中、正にライブ情報伝えてくれてありがとう!
あるぽらんに来てくれてうれしかった~。
アイツもだいぶ白髪増えたけれど、俺の方がやっぱ白かった(笑)。
ライブも楽しんでもらえたみたい。
色々近況も聞けた再会の夜でした。
高槻でみんなで会えたらうれしいね~。
勇造さんライブ、ぜひぼくらの名前出して勇造さんに声かけてみて下さい。
再会を楽しみに!

五十嵐正史 #- | URL | 2014/09/23 23:39 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/755-30a95238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08