周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

敬愛する旅のうた歌いと、また一人新たにご一緒することが出来た。

初顔合わせのよしだよしこさん、その歌と演奏の説得力、確立されたパフォーマンスはすでに体験済み。けれど、同じステージに立つとなると得体の知れない緊張感を感じる。でもこれまでやって来たようにソウブラはソウブラのステージをやるのみ。

そんな意気込みで臨んだ所沢MOJOライブから一夜明け、ヘロヘロで出勤しヘロヘロで仕事をしながら、何度もふと昨夜のことを思い返す。過ぎればあっという間、嗚呼もっと大事にゆっくり味わって過ごせば良かったと思う。そんな名残惜しいライブであった。でもその名残惜しさはすなわち、次へと繋げたい思いであり、よしこさんともっともっと何度でもお手合わせ願いたいという気持ちなのであった。
そんな思いを抱けただけでもやって良かったライブであり、企画主催のスズキさんには感謝である。

会場となったMOJOも本当に素敵なお店で、窓から見える外の景色も含めて、所沢ならではの都内の店にはないホッコリ感が何とも気持ち良くて居心地良かった。こんなお店を根城にして活動出来たらさぞかし素敵だろうと想像を巡らせて楽しんだ。

ソウブラライブは、ちょっとコンパクトを心がけ過ぎて特に初めて聴く人には不親切なライブになってしまった反省があるけれど、その分もメインのよしこさんがゆっくりじっくり歌世界とパフォーマンスを観せてくれ、お客さんと共に種類豊富なMOJOの酒をあれこれ飲みながら酔いしれた。
それにしても、自分の歌で立ち旅を続け歌い続ける人の強さ、柔らかさ、要するにライブ力の凄さには敬服以外ない。
ぼくらは仕事を持ちながらの音楽活動であるけれど、それでもライブにはいつも全力を注ぎ良いモン創ろうと毎回奮闘しているつもりだが、歌だけで立ち自らを頼りに歌う人の凄味はやはり桁が違う。

そんな人と一緒のステージに立つことが出来、また一つソウブラにとっての財産が増えた。もちろんそれは金で買えるものではない。下手でも時にヘタレでもなんでも歌い続けることで、立ち続けることで得られる財産だ。
よしこさんと乗ったタクシーの窓から見上げた、ほぼ満月の名月がとてもキレイだった。

よしこさん、ありがとうございました!

今宵のBGMは、よしこさんが歌い継いでいる他界された青森のシンガーソングライター高坂一潮さんの、きっと生前ラストアルバム「口笛の道」。沢田としきさんのジャケ絵も秀逸、ゆったりした唯一無比の一潮グルーヴが全篇貫く名盤(と言っても、なぜか我が家には持っていたはずの一潮さんのCDが今これしか手元にない)。
今夜雲で見えない仲秋の名月を思いながら、しみじみ聴いていたい。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

所沢MOJOよしだよしこさんライブ、ソウブラセットリスト
①森は生きる
②この星に日が昇る間の話
③日本が見えない 詩 竹内浩三
④残された場所で
⑤足元

よしだよしこさん&ソウブラ
・くつが一足あったなら
・私の青空
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

お疲れさまでした〜

そして,出演ありがとうございました!きょう録画を見ましたが,ソウブラのパフォーマンスしっかり貫いてもらって緊張はそんなに感じられず,Mcも良かったですよ〜!あ,「残された場所」のリベンジは次回ライブ行く時お願いしたいかも(^^;)やはり名曲!
<凄み>,感じましたねぇ。MCの聞かせ方と歌の切り替えとかも,さすが!。殊に,CDよりライブが断然凄い「Sally Ann」や色々な曲を皆さんに聴いてもらえて幸福です。リハでやってて落ちちゃった大曲もあったのに,感じさせない充実感でしたね。「トンネルの唄」,五十嵐さんの名ハーモニカあったらもっと良いはず(^^)

スズキ #f3g/b1UA | URL | 2014/09/09 01:07 * edit *

スズキさんもお疲れ様でした~。
我々もらしいライブが出来たようで良かったです。
「残された場所で」リクエストしていただきありがとうございました。
よしこさんにも気に入ってもらえて光栄です。
もちろん、これからも歌いますよ!
次回はぜひ、よしこさんの歌で共演したいです。

五十嵐正史 #- | URL | 2014/09/09 23:24 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/748-f708899d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06