周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ446 

2014/04/04
Fri. 22:29

残業続きの今週がやっと終わった。

それでも今日は、例年通り職場であるNPO法人合同のお花見会をやった。
昨日の時点で外でやるのはあきらめて(結局今朝雨は止んだが)、ぼくの所の作業場を開放してブルーシートを敷いて飲んで食べ、ゆる~くだべったり、歌ったり将棋を指したりと、環八に面した窓から見える桜を見ながらのんびり過ごした。

ぼくは、今日が大田区に出す第一次書類の提出日(施設の今年度運営費補助金年額1,740万円の予算申請)であったが、連日の残業で溜まったストレスを解消すべく、昼間から缶ビールを飲んでしまった(ちょっと酔い醒まして、マウスウォッシュしてから役所に行った)。

20年慣れ親しんできた無認可共同作業所の事業体系から、一応法内事業の地域活動支援センターに移行して初めての決算と次年度予算作成。これが実に予想をはるかに超える難儀な仕事であった。

これまで会計は、共同作業所1施設の事業収支計算(他に工賃の発生する授産会計もあるが)で済んでいたので、日々の会計を伝票で各科目に振り分け、それを年度末にまとめるというシンプルな作業であったのだが、大田区が従前の共同作業所と同規模の補助金規模に値する地域活動支援センター運営補助基準を作らなかったため、我々は法に抗い移行せずにいたのを、区の方からその補助基準は変えぬまま、半ば無理くり他の区独自の相談支援事業と生活サポート事業(当然それらは共同作業所の事業としてやっていたが)をくっつけて、補助金基準を移行前の共同作業所と同じにする提案をして来て、我々はそれを受けたのであった。

ところが、移行して事業は名目上①相談支援事業②地域活動支援センター基礎的事業③地域活動支援センター機能強化事業④生活サポート事業の4つに分かれても、お金は一まとめで通帳に入って来る。
4つの事業は同じ部屋で、3人の職員で手分けしながらもかぶりながら実施される(施設長のぼくは、実務と主に相談支援、生活サポートを担当。二人は作業やプログラム活動など主に現場対応)ので、明確に4事業に分かれるはずもない。

しかし、昨年度決算からそれらを4つの事業ごとの収支として出せと言うのだ。

4つの事業は補助金基準額が違い、単純にその金額の割合を出して支出を同じように按分しても、支出科目の額の規模によっては、単純按分では支出が収入を超えてしまい赤字が出る。しかし現実は以前の繰越金や寄付金を使って何とか赤字を防いでいるので、それは収支としてはおかしくなる。よって、単純按分でなく一個一個の支出科目毎に慎重に事業毎に振り分けながら調整し、全体の事業収支決算書を作り上げるという、何とも不毛な数字のパズルを延々と続ける事態に陥ったのであった。

これは実につらい。すでに区から振り込まれた事業費の収支が、科目ごとにバッチリ終わっているにもかかわらず、それをさらにわざわざ実際分かれてもいない4つの事業に振り分けるのだから。
4時間5時間この作業に没頭して(もちろん、他の実務もこなしながら)、何とか恰好をつけるのだが、どうにも気に入らない数字(つまり実態にあまりにも合っていない)が見つかるとやり直したくなる。他の書類作成と含めて、そんなことを今週は毎日一日10時間以上続けて来た。さすがに昨夜はキレそうになって、PCの画面を何度か叩き割りたい衝動に襲われた。

しかし、ここからがアタシの偉い所(自分で言うな!)。こんな空しい無意味な作業を無駄にしてはいかんとだんだん思い立ち、この作業の不毛さを骨身に叩き込み、その問題点を明らかにし改善法を探り、4月中にある今年度の3次に渡る書類提出のすべてを終えたあかつきには、障害福祉課の担当者に面談を申込んで今年度からの収支決算のやり方の訂正を求める事に決めた。

こんな時、アタシは同業他者に呼びかけて数を頼もうなどとは1ミリも思わない。あくまで単独で手前の考えを物申すのみ。
実はそれ(単独要望)で、今年度自立支援法後に施設通所者に知らぬ間に設けられていた、施設利用にかかる交通費助成の年間上限額制度を撤廃させることが出来たのだ。他のどの施設も(助言いただいた兄貴分M氏を除く)それを何とも思わず(手前の手取りの上がり下がりには超敏感なくせに!)、ずっと甘受して来た障害者の施設利用の機会均等を著しく損なう制度を、移行して初めて気づいたぼくらのみで区側と談判し、実態を調査した上でその問題を認識してもらい、撤廃にこぎつけたのだった。

そんな個人がただひたぶるに、それぞれの已むに已まれぬ事をただ為し続けてさえいれば、あれよあれよと言ううちに社会は、世界は変わるのではないか?政治に頼らずとも。関わらずとも、ただ彼らを嗤うだけで。

残業続きで妙なテンションになっているな~。休日も返上だ~(泣)。

今宵のBGMは、豊田勇造師匠のデビュー40周年記念ライブアルバム“蜂鳥をブンブン飛べ”。
実はディランを聴きながらこれを書いていたら、さっき勇造さんから電話がかかって来たのでした!うれしい話をして、今月27日(アタシの誕生日!)にある大和市イーサン食堂での勇造さんとの共演ライブが、さらにムチャクチャ楽しみになり、ディランの後このCDをかけたのでした。もちろん、勇造さんも観に行くディランライブの話もしました。
何かしんどい時に、いつもいつもこうして師匠に助けてもらったり元気付けてもらったりしている気がする。

BG酒はキリン澄みきりでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/673-ead45f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06