周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ434 

2014/03/05
Wed. 22:36

先日の阿佐ヶ谷あるぽらんでのアド街撮影で思い出したのは、同じくあるぽらんで13年前に、NHKの夕時日本列島の撮影があったこと。

その時は、平日の夜(確か水曜日だったような)にマスターの佐々木さんがどうせ撮ってもらうならと、急きょソウブラのライブを入れて、撮影隊を迎えたのだった(この夜、何にも知らずにいつものように飲みに来た客も居た)。

撮影の都合によりライブの途中でステージ上のぼくに、リポーターであった宮本愛子アナウンサーのインタビューが入って、それで撮影隊は帰るという実に変わったライブだったのだが(アド街より短い撮影時間であった)、先日アド街撮影隊と共にあるぽらんの控室に居る時、同じこの部屋で13年前にNHKの撮影隊と過ごした一時がまざまざと蘇ったのだ。

13年前の控室では、宮本愛子アナとあれこれ世間話をした。懐かしくなってネットで宮本愛子アナを検索してみたら(こういうところは確かにネットは便利だ)、変わらぬ人懐っこい笑顔の写真と共にNHKアナウンスルームのプロフィールがヒットした。現在は甲府放送局に勤めているらしい。1970年生まれとのことだからぼくより一歳下の同世代、そうそう趣味にエレキベースの演奏と書いてあるが、あの時もあるぽらんの控室で「学生の頃ハードロックバンドでベースを弾いていたんです」と言っていたっけ。

今もアホ会長にアホ経営委員がやりたい放題のNHKだけど、この時も当時のあるぽらんのお客さんの中には「NHKは嫌い」と言う人もけっこう居たし、常連仲間はギャグで「俺受信料払ってねぇ!」って言うしだったが、撮影隊の面々は非常に感じが良く、番組も当時第一次小泉内閣の確か田中真紀子問題で国会中継が連日長引き、何度か放映が流れたものの(この時から小泉純一郎とは因縁がある?)、BS地上波両方で別バージョン(あるぽらんの映像は同じ)が複数回流れるなど、結構楽しんだ覚えがある。

印象深いのはアナウンサー席前に置かれた、ぼくと三線の山村君を模したと思われるイラスト。とっても良く描けていたのでぜひとも欲しかった。

先日のアド街の撮影隊の方々も感じの良い人たちで、特にチーフ?の男性は見たところ同世代っぽかったので、歳を訪ねてみたらジャスト!同じ69年生まれであった。宮本愛子さんといいこのチーフ氏といい、同世代が元気でやっているのは何だかうれしいものである。

そんなことをつらつら思い出しながら、そう言えばと古いポケットアルバムを漁ってみたら、13年前のあるぽらん撮影時の様子を友人のカメラマンのHさんが撮ってくれた写真が出て来た。
あるぽらんの店内はほとんど変わっていないのに、13年前と人が変わっている。今はもう居ない人も写っているし佐々木さんは若いしソウブラも若い、しかし何よりぼくが若い。この時もう32歳のはずだがまるで少年である。いったいこの13年で、まるで玉手箱を開けてしまったかのような老けように我ながら愕然となった。
思わず母ちゃんに言ったら、「見ちゃったの~。前の写真なんか見なければ良いのに~」だと。

白髪をごまかす意味もあって、ここ数年髪の毛長くしていたがやはり以前の坊ちゃん刈りに戻そうかしら?

13年ぶりのあるぽらんテレビ撮影は、実に色んな事を思わせて楽しませてくれた。ホンとお祭みたいだったな。どっちにも居られたことの幸せが沁みて来た。

今宵のBGMは、懐かしくなって引っ張り出して聴いてるイアン・マクナブの2000年のソロライブCD。中学の時彼の率いていたUKのロックバンド“アイシクル・ワークス”が好きになり30過ぎまで追っかけた。ウォーター・ボーイズのマイク・スコットがソロライブで来日した時は、彼がベーシストとして加わっていて渋谷のクラブクアトロで大感動したっけ。
どうやらまだ地元リバプールを中心に地道に歌い続けているみたい。自主制作アルバムも出しているらしいので、今度GETしてみよう。どこか切ないメロディーに太くて張りのある声と、パンクを通過したロッキンギターがグッと来る。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/659-a524c2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07