周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

あるぽらんキネマ劇場Vol49終了 

2014/03/03
Mon. 22:36

毎回片岡君との活動写真ライブが終わると、夜が突然ポッカリ穴が空いたように暇になった感じがする。

それは片岡君から毎回送られて来るDVDの画像と、連日30分から1時間ギターを抱えて睨めっこする日々からの解放を意味するのだが、いつもホッとすると同時にどこか寂しいような気持ちにもなるのだ。

昨日のあるぽらんでの49回目となった活動写真ライブは、いつもとは全然違ったライブとなった。それもそのはず、この日あるぽらんには、かのテレビ東京系の番組である、アド街ック天国のテレビ取材が入ったのだ。
ぼくはこのことを先週三鷹であるぽらんのマスター佐々木さんから聞いており、どうせならと提案されて、普段活動写真ライブ前には弾き語りで1曲歌う所を、バンドメンバー全員集めてソウブラみんなでテレビに映ろうという手はずになっていた。

いつも片岡君と二人きりの本番前の楽屋は、ソウブラメンバーとアド街取材スタッフや機材で満員状態。
お客さんたちも佐々木さんから撮影の話を聞かされ、心なしかいつもよりライブ前の客席がざわついてにぎやか。
当然と言えば当然だが、みんな何だか浮き足立っている。たかがテレビ、されどテレビ、所詮我々はこのくらいのことで大騒ぎとなる市井の者達であります、ハイ。

しかし、昨日その中でただ一人冷静にと言うよりいつも以上にクールに、この状況をしっかり自分の話芸に取り込み語っていた片岡君には、さすがと感心した。いつもの居酒屋で、こんな活動写真弁士のライブも観られるおもしろい店あるぽらん、そんな感じでぜひアド街で紹介してほしいものだ。
ソウブラもいつも通りにやったつもりで、いつも通りとは行かない感じになりつつ“新しい日々”を1曲披露した。常連さんたちやライブのお客さんも一緒に歌ってくれ、みんなでちょっとでも楽しい雰囲気が映ったら良いと思った。

しかし、ライブの神様は精魂込めるパフォーマーにいつも微笑むとは限らない。
短編2編が勢いよく決まった後の、シークレットの目玉長編作品(これを日本でかけたのは、この日片岡君が初めてという意欲作)の後半途中で映像トラブルが起こり、間を片岡君の説明だけで飛ばして最後の方のシーンに繋ぐという荒業で乗り切った。
常々片岡君から、かつての無声映画上映では頻繁であったという映像トラブルや電気トラブルについて聞いていたが、それは機材が進歩した現代でも起こり得る。まさにそれも含めてあるぽらん活動写真ライブとしか言いようがない。

とにかく最後のクライマックスシーンが無事上映出来たのは良かった(そこまで救いのないストーリーなので)。
個人的には、ギターの演奏ミスがちょこちょこあり、自分の演奏技術のなさを改めて痛感し「もっと上手くなりたい」とつくづく思った。それでもやる毎に隣の片岡君の語りの間を意識出来るようになって来ていて、このライブの面白さは増すばかり。声をかけてくれる限り、持ってる引き出し全開で今後も精進したい。

少なくとも相方が機材トラブルに対応している間、パッと間を繋ぐくらいのギターの腕前が欲しい(歌っても良かったか)。

ライブ後は何だか解放された気分で、バンドメンバー、片岡君や常連仲間と飲みに飲んだが、そのシーンも再びやって来たアド街取材チームにしっかり撮られました。もちろん使われるかどうか分かりません。映ってもきっとあるぽらん全体で1分そこらだと思うのだけれど、とにかく放映されることは間違いないみたい。

ちなみに放映日は4月19日(土)PM9:00~。この日ソウブラはスぺースCライブを入れる予定…どうしよう。家族に観ておいてもらうか。

とにもかくにも滅多にない浮いた話(前回のソウブラBS11出演はかなり寂しく、ほとんど反響なく終わった)、その阿佐ヶ谷あるぽらんの一日をみんなと一緒に楽しめて良かった。そして何よりライブにお運びいただいたお客さん達に大感謝!そしてそして片岡君、お疲れ様でした。アタシはあれをもう一ぺんやっても良いです。

今宵のBGMはザ・ウォーターボーイズのフィッシャーマンBOXのCD5。音楽(ロック)バカが、必死にアイリッシュを吸収しようとして幸せに悪戦苦闘している音がマンチクリンで、聴いていてとにかく幸せな気分になる。この精神こそロックなのだとつくづく思う。これからも不恰好にひたぶるロックしたいとしみじみ思う。

BGドリンクはトマトジュースでした。今日の仕事はホンとヘロヘロで辛かった~。ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/658-a5169b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10