周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ426 

2014/02/08
Sat. 21:12

昨日は、同じ法人内の施設であるU君の職場で事務仕事をしてから、U君と共に帰る。

そのまま阿佐ヶ谷あるぽらんに飲みに行く前に一たん新宿で降り、U君を伴って4年ぶりに西新宿は柏木公園周辺にある海賊盤CDを売っている店を物色。
お目当てはもちろんボブディランの最新ライブの海賊盤。4月の来日ライブ前に最新のボブディランサウンドを予習しておこうというわけなのだ。なにせ、この人ライブで歌う曲のアレンジがどんどん変わるし、サウンドも歌い方も変わり続ける人なので。

高校時代からもう30年来御用達の西新宿のブートレグ街、初めてというU君は興味津々で付いてくる。
ネットが普及する前はそれこそ何軒も店がひしめいていたが、4年前にはもうわずか1軒だけになっていた。果たしてまだやっているかどうか?
周囲にやたら飲み屋が増え、それでも昔と全然変わらぬ柏木公園(かつて海賊盤を買う時は、何軒も回って悩み熟考するので必ずこの公園で大便をした)のそばに、その店は変わらずやっていた。と言っても、店の前には大量のどこからか仕入れた(もちろん非合法)海賊版CDの詰まった段ボールがうず高く積まれており、外の明かりも灯ってなく一見やっているのか分からない。でもぼくが「おぉ、やっとるやっとる!」と言いつつ店に入ろうとすると、初海賊盤屋訪問のU君は「えっ!?これお店やってるんすか」と驚きの声を上げる。

店内のいつもの位置にボブディランコーナーはあり、去年秋のヨーロッパツアーのCDが複数出ていた。
ぼくはお目当ての、2013年11月26日にボブディランが47年ぶりにイギリスはロイヤルアルバートホールでやった2枚組ライブを3,600円でGET。U君も興奮気味に同じ頃の最新ライブを購入した。

以前に比べて、客がこっそりライブ会場で録音するライブ音源はものすごく音質が向上して大変聴きやすい。
殊にボブディランは昔から海賊盤が他のどのミュージシャンより多く出回り、本人がその音源を買い取って正規CDにしてしまうほどで、なにが海賊盤なのか分からん始末。

それにしても、これだけネットが普及してなんでもダウンロードの時代に、どことなく怪しく猥雑な雰囲気の狭い店内に雑多に海賊盤が積まれ、それをロック好きマニア達が物色している様子は何だかうれしい。そこだけ30年前と変わらぬ匂いがある。ここもまた残された場所か?

ホクホク気分で西新宿を後にし、阿佐ヶ谷で今夜は用事のあるU君と別れ、我が心の故郷あるぽらんで今年初呑み。
さいたまの江上さん、森田、梅ちゃん、常連仲間のYちゃん、Tさん、後から来たL君に前ちゃんといつものように笑いまくり飲みまくりの数時間。けれど、3月からレコーディングを開始する竹内浩三CDの話に及べば、早速今回もジャケット版画をお願いするあるぽらんマスター佐々木さんと話は進み、ギターで参加してもらうつもりだったTさんにも声をかけ、江上さんからも「他の誰もやれないこと」とエールをいただく。

こんな風にすぐに協力してもらえる人が出てくれて、あれこれ語り合えるうれしさよ。
そして語り合って行くうちに、どんどん自分の中で構成や音のイメージが固まって行く。一人ではこうは行かない。
ぼくの、ソウブラの音楽活動は十中八九飲み屋で決まり、飲み屋で実行することはなはだ多し。最高じゃないかとつくづく思う。

終電ギリギリまでしこたま飲んで、まだ雪の降り始めていない冷たく澄んだ深夜の街の空気が気持ち良かった。

今宵のBGMは、今日一日中聴いています、昨夜購入したボブディラン2013年ライブの海賊盤CD。1曲観客のおしゃべりが耳障りな個所があるが、後はメチャクチャ音が良く臨場感もバッチリ。
やっぱり、4年前の来日ライブからさらにアレンジが変わり、ボブはオルガンからピアノに楽器を替え、やはりギターは1曲も弾いていないのであった。しかし、もう長年一緒にやっているこのバンドのサウンドは素晴らしく、ルーツミュージックに根差しながらも、ビートの効いた骨太のロックサウンドを聴かせてくれる。
3日間連続でやったロイヤルアルバートホールライブで、この日だけアンコールの最後にジョンレノンに捧げた「ロール・オン・ジョン」を歌っていて(他の2日間は「風に吹かれて」)、これがまた素晴らしい。あのぶっとくしわがれた声で情感深く歌われると、もう例えるものがないくらいの説得力。4月の来日まで一杯予習しよう。

BG酒は雪で冷やしたワインならぬ、雪で冷やした澄みきりでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

なんだか久しぶりです。
ブログ時々見てます。
ただ、なんとなくその日を過ごしてます。
親父は73歳になりましたよ。親父の彼女は要介護1になり退院します。

五十嵐 仁 #- | URL | 2014/02/09 10:38 * edit *

どうしてるかなと思っていたところでした。
親父の誕生日、いつも1日だったか2日だったか忘れてしまうのです。

五十嵐正史 #- | URL | 2014/02/09 23:16 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/647-eb967eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07