周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ424 

2014/01/30
Thu. 20:56

体内の炎症を治す強めの抗生剤のせいか、晩酌後にいつものように仮眠した後の目覚めがすこぶる悪い。頭は痛いし気分も悪い。これでは仮眠の意味がない。
起きてからのギターや歌の練習も、そんな朦朧とした中でやるので、自分で何をやってるのか分からなくなる。仮眠から一時間もしないと意識がはっきりしてこない。これには困った。

そこで一念発起、晩酌の“キリン澄みきり”を350ml1本だけで我慢し(いつもは2本)、仮眠をせずに食後の東ティモールフェアトレードコーヒーを飲みながらこれを書いているのだ。眠くてたまらなくなるかと思いきや、今のところ大丈夫である。これをきっかけに酒量を減らし、長年(古くは夜間大学生時代から)の習慣であった仮眠生活とおさらば出来るかどうか…。

どうも30代からだんだんハードになって行った生活習慣を、45を前にして見直す時期に来ているのかもしれないと最近しみじみ思う。
毎日は飲んでいなかった酒を、毎晩晩酌として飲むようになったのは30過ぎてから。初めは大瓶一本を母ちゃんにコップ一杯あげたりしながら一緒に飲んでいたのが、40の声を聞くころには、一人で毎晩大瓶1本+350ml缶+ハイボールかワインという量にまでなった。

それ以外に練習と言っては飲み、終わっては飲み、ライブと言っては飲みである。そして大好きな飲み屋通いも。
呼吸器系が弱く胃腸も弱く、喉だけが強い身体でこのままもつわけがない。
火曜日に血液検査結果を聞きに通院した行きつけの診療所の院長に、「このまま症状が治まらなければぜんそくの治療に移行します」と言われ、一瞬ぼくは幼少期になりそこねたぜんそくに、45歳近くにしてついになるかもしれないこの状況に何とも不思議な因果を感じた。

三つ子の魂百までとはちと意味が違うけれど、その年頃に形成された身体をずっと引きずってここまで来たのだなと思うと、それはそれでこの弱みを抱える身体もまた愛おしくなる。
な~んて、実に大仰なことをもっともらしく書き散らしたけれど、要は仮眠を止めて平日の酒量を減らすというだけの、ただの中年男のアテにならぬ宣言である。目的はもちろん元気にライブをやって飲むためである。それ以外にはぬぁ~い!(アホ)

今宵のBGMは、いつもは夢うつつの中で聴いているインターFMのボブ・ディランDJのラジオ番組。

BG酒は、しっかりコクのある味が大好きな東ティモールコーヒーでした。

では今夜はこれからゆっくり、いよいよ明後日に迫ったのろライブの準備と行きますか。なんだかいつもより時間がたくさんあるような。ブログ読者のみな様、2月1日の吉祥寺のろでの五十嵐正史&よう介ライブ(ゲスト森田博、take)にぜひお運び下さ~い!ロケンロール!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/643-ec022b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09