周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ418 

2014/01/13
Mon. 22:21

この3連休は、まだバンドも始動していないので(昨年大晦日にライブ終えたばかりだけれど)、依頼を受けていた原稿書きをしつつゆったりと過ごした。

昨日は家族で電車に乗って町田に行き、母ちゃんが波留のアトピーの相談治療を受けている「れのあ」さんに行っている間、すぐそばにある広大な芹ヶ谷公園を散策した。息子のアトピーは最近割と状態が良く、母ちゃんが日々研究実践している食事療法の効果も徐々に出て来ているようだ。
息子がアレルギー反応を起こさず食べられる美味しいものをと、最近は特に毎晩のように砂糖と牛乳不使用の無添加天然酵母パンを焼く日々。あんこも自家製してあんパンも作る。甘味は麹や甘酒でつけるらしい。

時々母ちゃんの見事な母親ぶりに今さらのように気づいて深く感心感動する。いつの間に身につけたパン作りは、最近ご近所から注文もいただくようになった。これは将来が楽しみである(取らぬ親父の皮算用)。

小田急線玉川学園駅から町田駅の方まで広がる芹ヶ谷公園を流れる湧水は清く、自然の野趣あふれる園内は歩いていて実に気持ちが良い。
木々の種類も微妙に我が近所の森と違い、それぞれ森の植生には個性のあることを教えてくれこれまた面白い。
ぼくが良く歩く日本女子大周りの森は、クヌギやコナラを中心として部分的に竹林が広がる典型的な人の生活と共にあった里山で、かつてはふもとの家々に薪と炭を提供し、竹は生活用具となったりタケノコを食したり、家の背後の山の地盤を強化する役割を果たしていた。

それにしても町田は駅前繁華街から歩いて10分足らずで、静かな住宅街に広大な森がある中々面白い街である。
しかし、やはりぼくがこの街を好ましく思うのはディスクユニオンがあるからで、この日も家族を説得して寄ってもらい掘り出し物LPを3枚購入し、昨日からずっと聴いている次第。

昨夜は遅くまでかかって新宿路上つうしん用の原稿を一応書き上げた。
書けば書くほど、夏と冬11年歌って来た新宿中央公園への愛着は尽きず、色んなエピソードを思い出してはそれを一々記せないもどかしさを感じながらの作業であった。
けれど、じっくり言葉を選んで記しては、それが自分の真情にピッタリ来るまで言葉を選び直すという作業は、自分であらためて思いを整理するためにも、何より自分がどれだけそのことを思っていたかを知るためにもとても大事な作業だ。

歌を書くのもそうだけれど、ぼくはこうして言葉と向き合う作業が好きなのだ。言葉の力をかなりおめでたいほどに信じていると言って良い。
だからやはり、ネット上に飛び交う言葉はどうにも好きになれない。それがたとえ早く正しい情報であろうと、ぞんざいな言葉には信用を置けない(そうでない言葉ももちろんあるが)。そこから他者に伝える真情を感じることは出来ないのだ。ましてやそこから発する言葉(情報)で世の中が変わるとは到底思えないし、そういう言葉で変えてはいけないと思う。

約束の締め切りまでもう少し時間があるので、落ち着いた気持ちでもう一度じっくり原稿を読み直してみよう。
出来たら、時間が経っても何度も読んでもらえるような文章にしたいから…。

今宵のBGMは、昨日買ったLPの中の一枚で、ずっと欲しかったティム・ハーディンの72年発表の“ペインテッド・ヘッド”。
愛する家族との別離後、再起をかけて単身イギリスに渡って作ったカバー曲中心のこの作品、長らく廃盤で彼の初期作品と違って再発の見込みも無く(2007年頃一度再発したらしいが)、いつか中古の掘り出し物で見つけられたらと思っていたらあったのです!こんな超偶然の出会いがあるから、アテのない中古LP探しは止められない。それは例えるならまさに宝探しの探検である。
そして、この貴重盤はたったの500円であった(それを含めて見つけた時のときめきたるや、思わず「おぉ!」と声が出てしまったほど)。帯なしだけど日本盤であり、ライナーノートはやはり中川五郎さん!どうやら81年に「ロック・マニアック・コレクション」の一環で再発されたものらしい。
81年当時ティム・ハーディンが他界してまだ1年、その孤独で悲惨な死が生々しい時期だけに五郎さんのティムへの哀悼も悲痛である。なによりこのアルバムで再起をかけたティムの歌声がどことなく必死で痛切で、バックも彼の音楽的素養(フォーク、ブルーズ、ジャズ、ロケンロール)をしっかり盛り込んだ力作なのが何とも沁みる。
何度もターンテーブルでレコードを回しては、薄汚れたレコードジャケットを眺めてティム・ハーディンの遺した音楽をしみじみ味わっていると、音楽は絶対データなんかじゃねぇぞと強く思う。

BG酒はホワイトハイボール、12月末から続いた鼻声がやっと治り匂いや味も良く分かるようになりました。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/636-b018025b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11