周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2013/12/25
Wed. 22:58

足元
詞 曲 五十嵐正史

一日経てば静かなものだねと
奴は手下に言ったらしい
ルール無用の悪党にゃ
何を言っても通じない

そしてオイラと言えば小さな暮らし
先立つものなく喘ぎ気味
それでも楽しく喰い歌い
今日も見つめる

足元足元足元 足元足元足元
もうそこから逃げられやしない そんなオイラの足元

あんな奴がのさばれる
仕組みはとうの昔から
今頃絶望してももう遅い
何を言うにもそこから

だから集まらなくても声あげよう
友達以外にこそ伝えよう
俺たちが日々築いてる
この愛すべき在り方

足元足元足元 足元足元足元
もうそこから逃げられやしない そんなオイラの足元

無限に散らばり続けよう
それぞれの場所を愛する場所に
議事堂睨むのも良いさ
君のやむなき為すことを!

足元足元足元 足元足元足元
もうそこから逃げられやしない そんなオイラの足元

足元足元足元 足元足元足元
俺たちが日々築いてる この愛すべき在り方


冒頭の歌詞は、深夜に及んだ12月6日の国会周辺抗議デモの翌日、安倍晋三が都内某寺に参禅し同行の議員に吐いたというセリフ。その三文芝居じみたシチュエーションといい、新聞で読んで「これは使ったろ」と思い頭の片隅に残しておいた。
この為政者の言葉とどこまでも齟齬を来たすぼくらの願う世界。そしてあまりにも彼らと異なるぼくらの愛すべきもの。
それを一つの歌の中に描こうとしてみたが、先週までは頭の中でまったく形にならず、新年に持ち越すつもりでいた。
けれど、21、22日のライブ2デイズを経て、それぞれの日々で続けられる大事な仕事、小さくとも志ある在り方を全うすることこそが、やはり最大の抵抗であり世界を変えることだとあらためて思い至り、サビが決まった。
それはこれまでも歌って来たテーマであるけれど、これまで以上に自分の居る現実を引き受けて行く気持ちが強くなっていると思う。その現実がたとえクソッタレであったとしても…というぐらいに。
曲は3コードのシンプルなゴキゲンロケンロールに仕上がった。それにしても今年はよう歌書いたなぁ。

新年ライブで元気よくぶちかまして行きたいと思う。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/627-31ad4b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10