周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ソウブラが、現在のソウブラたりえているのは、毎年秋の(以前は夏)我らが敬愛する師匠豊田勇造さん阿佐ヶ谷あるぽらんライブへの前座出演&共演のおかげである。
これだけは、誰が何と言おうと(誰も言わないだろうが)断言出来る。

今年で数えたら17回目であったこの阿佐ヶ谷あるぽらんの名物ライブ。
朝から降り続く冷たい雨にも関わらず、あるぽらん店内は立ち見も出る大入り満員!店主にしてソウブラGMの佐々木さんと臨時スタッフのまえちゃん&Jちゃん夫妻も、大忙しで注文に応えてお客をさばきながらのライブとなった。

思えばソウブラ初出演の1996年、勇造さんへの思い入れだけはマンチクリンでも、演奏力ライブ力共からっきしで、極限緊張の終演後は、ただ自分の実力のなさに悔しさも感じないほど茫然として、そのまま勇造さんや、この日も京都から来てくれたS夫妻と共に店に泊まったのだった。思えば当時の勇造さんの年齢が、現在のぼくらとそう変わらなかった。

その時ソウブラは結成してすでに6年を過ぎていたが、当時までやって来た自分たち流のライブ(路上、施設の祭、自主企画ライブ)が、勇造さんを始め高田渡さんや知念良吉さんら百戦錬磨のライブの達人たちが歌い続けているあるぽらんのステージでは全然通用しないことを思い知らされた。良くも悪くもぼくらは自分たちのやりやすい所で、アマチュアの甘い部分に甘んじてライブをやっていたに過ぎなかった。それは、「誰もやらない、やれないソウブラならではのライブ」という聴こえの良いポリシーの痛い所を、思いきり突かれた経験でもあった。そしてそれは、ソウブラが初めて「この場所で絶対良いライブをやりたい」と思えた、憧れの聖地との出会いでもあった。

勇造さんのライブは、毎回毎回決してお客さんを裏切らず、ぼくらが前座でどれだけとッ散らかしたライブをやっても、見事その年ならではの豊田勇造ライブを創り上げ、感動させる。その技と魂に毎年直接触れながら、ぼくらは楽屋裏でただただ感動感服し、「よ~し、来年こそ!」とリベンジを誓う年が続いた。それは、ライブをやってもやっても全然追いつけない大きな背中であった。

勇造さんは、そんなソウブラに毎年決まって一言くれた。「バンドらしくなって来たね」「音の壁が出来てたよ」「安定して来たね」「上手なったね」等々。くそみそに言われることが多かった初期ソウブラを、それは文字通り支えてくれた言葉であった。
2年目くらいの時だったか、あるラスタゴロのようなミュージシャンに「(生業を引きずりながらやっている)お前らは中地半端だ!」と文句付けられ、自信喪失し申し訳ないような気持ちになり勇造さんにそのことを話したら、勇造さんは軽やかに一言「中途半端でええやん」と答えてくれたこともあった。あの時もその一言で救われた。

そんな毎年の一言が、最近は「もう大丈夫やね」で落ち着いて来た。色んな意味でそう言われていると思うとホントにうれしい言葉である。
ぼくもある時期から、勇造さんと同じやり方を目指すのではなく、自分ならではのライブスタイルをもがきながら見つけられつつあるような気になって来た。それこそ、ぼくがステージの上で一番楽に自分を表現出来るスタイルであり、それが勇造さんとまた違うからこそ、勇造さん&ソウブラのライブを観に来るお客さんたちも楽しめるはずなのだ。

昨夜のライブも、そういう意味でソウブラはソウブラらしいライブを存分にやり、勇造さんとがっぷり四つに組んで楽器を魂を合わせて創れたあるぽらんライブだったと、心地良い達成感に浸り満足している。
もちろん、まだまだもっと良いライブが出来るとも。ソウブラの伸び白はまだまだ無限にあると自分では思っている。

それにしても、ここ数年前座のソウブラがステージに上がる時からいただける暖かい拍手が、泣けそうになるほどうれしい。
昨夜は、大好きな我らの関西の兄(姉)夫婦である、カンチ&さくら夫妻もこのあるぽらんライブのために!はるばる来てくれて、これまたうれしいことうれしいこと。さすが2回目の来店ですっかりあるぽらんに馴染んでおりました(打ち上げ楽しかった~)。

最後に、最初の勇造さんとのソウブラがボロボロだったあるぽライブ後、それでもなぜか上機嫌だった(と記憶している)マスターの佐々木さんが「君たち、そのまま上手くなれ!」と茫然としたまま酒を飲んでいるぼくにかけてくれた言葉が、それからずっとソウブラの羅針盤である。もしかしたら、最初から佐々木さんはソウブラを見抜いていたのかもしれない。この時、五十嵐正史27歳。すごいお店と出会ったものである。大感謝!

昨夜ご来場のみな様にも心から感謝です。そして勇造さん、完全燃焼ライブ(と、今年は銘打たれていた)お疲れ様でした!今年も本当に本当にありがとうございました。


ソウブラあるぽらんライブセットリスト
①夜長
②暮らしと言う名のラブソング
③反対ロック
④歩け 詩 西原裕美
⑤廃炉!

勇造さんとの共演曲
※アイルランド 山村(三線)
※マンゴー・シャワー・ラブレター 森田(ギター)
※いとうくん 全員
※好きやねん阿佐ヶ谷 全員
※大文字 全員
※満月  全員wカンチ

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/595-40211d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07