周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ390 

2013/10/14
Mon. 21:48

10月の3連休最終日、土日共ライブに職場の有志レク&ライブ参加と出ずっぱりだったので、中々寝床から出られないぼくに、子どもらが「父ちゃん、今日はどこか連れて行って~」と口々に言って来る。

休みの日は、親が必ずどこか(レジャー施設、観光スポット、ファミレス、ショッピングモールの類)に連れて行かなければいけないという風潮をぼくは好かず、そんな義務感もない(実際そんな義務はない)。度々持論として書いているように、それでカモられるのは実にバカバカしいと常々思っているクチだ。

しかし、さすがに散々自分だけ好き勝手動いて遊んで(特に昨日)2日間過ごしたし、いつもの揺り戻しでそんな日々の後は、子どもらとゆっくりまったり過ごすのがぼくにとっても最高のリラックス&充電タイムなので、2日間で多少散財して(飲み代)先立つものの乏しい父はいつものように、「じゃぁ、森に行こう」と誘うがさすがに子どもたちからは「森飽きた~」とブーイング。

まぁ、自分でも芸がないのは分かるので、趣向を変えて「なら、前に住んでいた所の森に久しぶりに行ってみよう(やっぱり森かい!)」と誘えば、かすかに記憶が残っている茜が懐かしがって「行きたい!」と乗ってきて(茜は父母に似て、繁華街嫌い)、産まれてすぐに今の団地に引っ越すことになったのでまったく記憶のない葉生もつられて行くことになった(午後から出かけたので、波留はちょうどお昼寝タイム)。

かつて毎週のように、当時住んでいた借家から歩いて出かけていた旧川崎市フルーツパーク(現農業技術支援センター)の駐車場に車を停めて、そこから散歩開始。
相変わらずフルーツパークは閑散としていて、わずかに居るのは抱っこひもに赤ちゃんを入れた家族が数組。我が家もそうだったが、無料で空いていてのんびり出来て、植物豊富で景色も良い(展望台からは東京タワー&スカイツリー等々東京の建物群が遠くに見える。この距離感がまたほっこりさせてくれる)ここは、小さな子と出かけるのに実に最適な場所なのだ。人によってはこのシチュエーションに侘しさ寂しさを感じてしまうかもしれないが、子育てなんていうものは、そもそもその夫婦にだけしか共有出来ないところがあるもので、ハリボテ作り物の華やかさにぎやかさから離れて、夫婦と幼子だけでしみじみ風に吹かれることもまた大切だと思うのだ。

かつての我が家の散歩コースを歩き、小高い森に入り頂上の小沢城址という鎌倉時代の城跡(残るのは遺構のみ)を目指す。以前はなかった休憩所が出来ていたりして、遊歩道の距離感も忘れたりしているが、それでも10年近く歩き続けた森の道は懐かしく気持ち良い。

ところが城跡の広場に着いて、何やら森が狭くなった気がしてちょっと高い所に登ってみると、何と城跡広場のすぐ隣はざっくり森が削られて金網が張られ、読売ジャイアンツ球場からランド駅に繋がる広い道路が作られていた。これにはがっくり興ざめであった。

稲城市と川崎市の市境にあたるこの地域は、現在稲城市側のよみうりランドが工事で出した土砂の埋め立てについて、住民の反対運動が起きているようだ。あのままここに住んでいたら、ぼくもきっと何らかの形で運動に参加していたろうと思う。
それでも、森を出て茜が3歳まで毎日遊んでいたターザン遊具の在る公園に行けば、娘二人は大喜びで遊びふけり、そんな様子を眺めるとやっぱり気持ちは穏やかになって行く。その公園のすぐ真下にあった我が借家は取り壊されて今は更地になっており、すぐ近くに新築の建売住宅群が建ち、間取りの広そうなハイツも出来ていた。

借家が壊されても、おそらく我が家では新築のハイツに移ることは出来なかったろうし、家を買うのは初めから選択肢にない。どこをさまよう羽目になっていたかと思うと、人の縁で現在の団地に住まわせてもらえて本当に良かったとあらためて思った。金はなくとも縁に恵まれていることに感謝だ。

12日の荒川の喫茶店でのライブも、友人の二人展(絵と写真)記念に便乗して関わりある方たちを招いて楽しく出来たのだが、昨年の5月に初めてそこでライブをやった時に、いろんなご縁を感じてぜひまたやりたいと思い、今回言いだしっぺをさせてもらった。それに、荒川の街の雰囲気がぼくはとっても好きなのだ(当然、路面を走る都電の昭和な姿の功績大である)。
そんな風に縁が繋がって好きな場所が増える。そんな人生の妙と楽しさを、これから少しずつ子どもたちに伝えてあげられたらと夢見ている。それがぼくの親として出来る一番(唯一?)のことではないかと秘かに思っている。

懐かしいような、少し寂しいような以前住んでいた街を後にして団地に帰れば、昼寝から覚めた波留は仮面ライダー2号のDVDを観ていて、母ちゃんは夕ご飯のコロッケの準備をしていた。
父も娘たちも大喜び。コロッケは家族みんなの大好物なのだった。


12日荒川カフェ・ワイズライブソウブラセットリスト
①よそ者のバラッド
②暮らしという名のラブソング
③新しい日々
④廃炉!
⑤結風

~アンコール~
線路はつづくよどこまでも(出演者全員で)

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/591-e9cdb127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10