周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ372 

2013/08/23
Fri. 23:02

最近ギターの調子が良いせいか、暑い我が部屋にもかかわらず、毎晩のように汗だくになって練習している(ご近所の方、本当にごめんなさい)。

パンツ一丁でギターのボディや畳に汗をボタボタ垂らしながら、それでもギターを弾き歌うことが楽しく止められない。そして、そんな自分がライブをやれることが何とも幸せな奴だと思えて来る。
44歳になって、まだまだ歌いたくてたまらないのは何なのだろうと思う。そして確実に、若い頃よりもギターを愛し大切に思うようになった。

ぼくが現在使っているのは2本のギブソン製ギター。
1本は16年前28歳の時に20万円で買った、ピックガードに蜂鳥が描かれているハミングバードという名前のギター(我が師豊田勇造さんの代名詞のギターでもある)。
ライブ中興奮して放り投げて、ボディの端っこが潰れていたり、自分でストラップを装着する穴を開けようとキリで途中まで開けて、ヒビが入ったので断念した跡があったり、雪の新宿中央公園で歌い、塗装に無数のヒビが入ってしまったりと散々な扱いをして来てしまったが、今年長年の悩みだったネックの反りを修正してもらってからは断然使いやすくなり、ライブで活躍してくれている。

そしてもう1本は、ハミングバードを買ってから10年後に23万円で買った、シンプルなデザインで木を焦がしたようなボディの色のJ-45。
ここ数年このギターをメインに使っていたが、今年の2月に不慮の事故によりボディが割れてしまい、長い事修理に出してやっと帰って来た。ボディの内側を覗くと丹下段平の額傷のような継ぎはぎがあり、ちょっと痛々しいが、表側に残ったヒビと共に何やら歴戦を生き抜いて来た証しのようにも見え、さらに愛着が増した。

一時2本とも使えず、やむを得ず一度友人にあげたモーリスギターを返してもらってライブをやっていた時は、ギターを弾いてもどうにも物足りなさを感じてしまって正直辛かった。ギターは何でも良いというわけには行かんなぁとしみじみ思った。
ぼくはとにかくガツガツとピックで激しくリズムを刻みながら弾くスタイルで、手で掻き鳴らした後に音がボディを通して振動して、歌っている自分の身体に響いて伝わって来る感触がたまらなく好きだ。ギターの音がズンズン身体に響いてくることでぼくは歌のリズムと一体化して高揚して行き、文字通りイってしまうのだ。

そんな響きを弾く度にいつもくれる我がギブソンギター。それゆえに、2本とも元気なのがうれしくてならない。
さて、今宵は割と涼しかったので、明日ののろライブ用の練習がみっちり出来た。2本のギターを交互に弾いて抱き心地を確かめながら、「さて、明日はどっちをライブで使おうか?」と、これがまた結構真剣に悩むのです。

出来たら死ぬまでに、何とかもう1本くらいギブソンのギターが欲しいなぁと願ってしまうが、これからのご時世と自分の所得を考えたらまず無理だろうなぁとも思う。可能性があるとすれば、子どもたちが大きくなって父にプレゼントしてくれることくらいか…。これは結構楽しい妄想である(笑)。

明日、大好きな吉祥寺のろで思いきりギターを弾いて歌おう。

今宵のBGMは、ボブ・ディラン&ザ・バンドの1969年のワイト島ライブの海賊版CD。
近々この頃のディランのブートレグシリーズが発売され、その中の4枚組デラックス仕様には、今まで未発表だったこのワイト島ライブの高音質完全盤が付くと言う。ムチャクチャ欲しいぞと思うが、何とデラックス仕様は19,800円!だと。
高すぎるぞ~!チクショー。会場録音が混じったこの海賊盤で我慢。このライブ、ディランにパワーがないと評判イマイチだったらしいが、すごく落ち着いたサウンドでディランもしっかり歌っていてかなりイイ感じ。
きっと再評価されることだろう。

BG酒はホワイトハイボールでした。では明日はのろでロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

いやしかし・・・なんだかんだで、またも久々のコメントで失礼しまーす☆
のろでのライヴはどうだったかな^^

年を重ねるにつけ、ギターにも愛着がわいてくるのって分かる気がするなぁ。
ホントはおいらも鳴りのいいアコギが欲しいんだけど。。。
以前、ネットでヤイリのギター買ったけど、自分的には失敗な買い物だったっす(汗)。
やっぱりちゃんと手にとって弾いてみてから買わなきゃね(汗)。
横着するとろくなことないね(笑)。

今日は久々にパティ・スミスの「ゴーン・アゲイン」聴きながらこれを書いてま
す。70年代のパティ・スミスもいいけどね^^

最近、ストーンズはじめ、いろんな人のCDがデラックス仕様とかで出てるけど、やっぱり値段が高くて手が出せないなぁ。。。
でも、アマゾンで見ると、普通の輸入版のリマスターCDの値段は1000円もしなくて買えるのが多かったりするので、最近はそれで満足するようにしてます(笑)。

そうそう、五十嵐君の子供さんが大きくなったら、ギターをプレゼントしてくれると思うよ~(笑)。

ではでは、おいしいお酒をお飲み下さいませー!^^

サイクル・アニー #- | URL | 2013/08/25 01:41 * edit *

豊田勇造さんのギターが友達の数は凄いよね。

五十嵐正史の初代ギターも倉庫に眠っていますよ。

親父が捨てることができないと言うんだ。

五十嵐  仁 #- | URL | 2013/08/25 07:02 * edit *

サイクルアニー君元気そうで何より。
のろライブ良い感じでやれました。ギターはハミングバードでガンガン弾きました。サイクルアニー君にもまたぜひ観てもらいたいなぁ。

パティ・スミスの「ゴーン・アゲイン」アタシも大好き。って言うか、70年代とはまた別の意味で最近の作品大好き。真のポジティヴさに満ちている感じで。

それにしてもデラックス仕様って、なかなか罪だよね~。今さら出すなよって言いたくもなるし…。でもディランはホンと別テイクや没テイクにお宝があったりするから(笑)困る。

そうそう、自慢を一つ。
ミュージックマガジン9月号の155ページ、アルバムピックアップ欄の我が師豊田勇造さん40周年記念ライブアルバム評の中に、1曲コーラス&ハーモニカで参加したアタシのコーラスについて、一言「印象的」と触れられています。その一言(一行)のために思わず10年以上ぶりくらいでミュージックマガジン買ってしまいました(笑)。

我が初代ギター、こちらで預かりたいところだけど、あいにく置く場所が無くて、そちらの倉庫に置いてもらってありがたいことです。
それにしても、大事なアコギのボディーにシール貼ったり落書きしたりと、ホンとひどい使い方でした~。

五十嵐正史 #- | URL | 2013/08/25 22:50 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/565-10ff00d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08