周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2013/07/31
Wed. 23:26

これまでもこれからも
詞 曲 五十嵐正史

またもや舵は悪い方に切られ
嫌な気分で迎えた朝
道行く人たちがみな 
裏切り者に見えそうな気がして来る

それでも外に出て
朝日を浴びた森を見れば
やっぱりここが大好きさと
身体を流れて行くものがある

俺たち大丈夫さ この愛はまだ強くなれる
俺たちは大丈夫さ 間違いに囲まれても

最悪の奴に力を与えて
何がマシになるって言うの?
周りに誰もそれを
望む者など居ないのに

今こそ損得勘定抜きで出来ることを
思い切りやりたい
遊び心さえ削り取られて
突き進んでしまう選択の中で

俺たち大丈夫さ この愛はまだ強くなれる
俺たちは大丈夫さ でたらめに囲まれても
今夜も君と一緒に この闇を抜けて行こう
俺たちは大丈夫さ これまでもこれからも

今夜も君と一緒に この闇を抜けて行こう
俺たちは大丈夫さ これまでもこれからも
俺たち大丈夫さ この愛はまだ強くなれる
俺たちは大丈夫さ 間違いに囲まれても

俺たちは大丈夫さ これまでもこれからも


出先からの仕事帰り、東急田園都市線の電車の中で、何だか不思議とポジティヴな気分に包まれて、最初の構想にあったやけくそ気味な感じの歌がずいぶん明るくなった。
詩心湧いて、人目もはばからず電車の隅で口ずさみながら一心不乱に歌詞を書き続けた。旗の台から溝の口に着くまでに大方出来上がった。かなり勢いのある曲になると思う。

先日の参議院選挙を称して、衆参のねじれは解消されたが民意と政治とのねじれは深まったなどと言われているが、ぼくにしてみれば“社会”なるものを意識した14才頃からねじれっ放しで、選挙権持ってからはさらにひどくなるばかり。
要するに、だからどうしたロケンロール!という歌なのだ。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

リッカリッカと同じ日に、僕の職場もお祭りがありました。
やぐらの骨組み、飾り、提灯(これらは昔の業が活きる)とこの日ばかりは、
棟梁になる。(実際専門用語を怒鳴るから怖いらしい。悪い癖がでてしまう)。
PAまでやる。怪しい祭りです。アンプやスピーカーは利用者が家をたたむ時
もったいないからと施設に寄付してくれたもの。他にも色々あったりする(寄付を受け取ってはいけませんとつっこまれるところです。)
僕の使えるものを借りて準備する。それぞれ、寄付してくれた人の名前をつけている。スピーカーはOOさんとか。手伝ってくれる他部署の人に、「OOさん玄関前に~」なんて大声出すと、なに?ってなったりする。
雨が心配されましたが、間一髪セーフでした。
帰り道、10時は過ぎていたかな?職場の仲間達を乗せ車を飛ばすと、
「夏の夜だけどこんなに涼しくて気持ちが良いのですね」なんて、
クーラーつけっぱなしの日々を過ごしていること少し考えなおすかな?

五十嵐  仁 #- | URL | 2013/08/01 09:32 * edit *

夏祭りお疲れ様!

五十嵐正史 #- | URL | 2013/08/06 00:06 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/554-b97decf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06