周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ355 

2013/07/07
Sun. 22:37

昨日(6日)は、約2ヶ月ぶりのソウブラスタジオ練習。

前後の時間に先約が入っていたため、13:00~16:00までの3時間しか取れなかったので(ソウブラはたいてい5時間スタジオに入る)、3時間ほとんど休憩なしに集中して練習した。
と言うのも、13日の大森スペースCのワンマンライブでたくさん新曲をやろうと思っていて、だけどまだみんなで合わせたことのない曲が何曲もたまっている状態だったのだ。

前日は、久しぶりにスタジオに入れるので興奮していたが、同時にたった3時間で新曲をどれだけ仕上げられるかちょっと心配でもあった。2曲は仕上げたいなぁと期待に胸を膨らませておった。

そして実際スタジオに入ったら、何と3時間で初音合わせの曲を3曲も!仕上げることが出来た。

バンドやっていて一番うれしいのは、やっぱり自分の書いた歌がバンドでバッチリ仕上がる瞬間に尽きる(一人で歌を書けた瞬間もうれしいものだが、バンドで仕上がる瞬間はその10倍うれしい)。
これまでこの世に存在していなかった歌を音を、みんなで生み出す作業はやはり何物にも替えがたい。

仕上げた3曲は、ノリの良いロッキンな曲「俺たちの世界」と、自分の子どもの頃の思い出と家族をテーマにしたスローな曲「よそ者のバラッド」、そしてデモテープもまだ作っていなくて、メンバーはこの日初めて聴いた出来たてホヤホヤのブルーズ「死の商人」(だけど、この曲が一番早く20分で仕上がった)。3曲ともそれぞれ全然曲調が違うのでそれがまたおもしろい。

最近うれしいことにメンバーからも「作る曲のレベルが上がっている」と言われるのだが、それは時にプレッシャーにもなる。自分としては、「今自分が一番歌いたいこと」をいつも歌にするだけだから、その時出来た歌が常に一番なのだ(もちろんライブで歌い、人に聴いてもらう中で歌は新たな命を吹き込まれ、変化し育って行く)。

と言うわけで、当然いつも以上にこの日はみんなご機嫌大満足となり、3時間のスタジオ後はいつもの居酒屋じんべいが開店するまで、スタジオそばの美味しいたこ焼き屋「ふわっと」の小さなテラスで、団扇を仰ぎながらハイボールとたこ焼きのセット(500円!)で乾杯。
その後じんべいに流れ、飲んで飲んでしゃべってしゃべって気が付きゃPM10:00を回ってた!
と言うことは、3時間スタジオ練習してその後6時間以上飲んだわけだ。嗚呼…。

13日のスペースCワンマンライブは、今年書いた新曲9曲を中心としたセットリストにするつもり。そして今年のライブ後半戦は、昨年出したCD「残された場所で」収録曲よりも新曲の割合が断然多くなって行く予定。なぜなら今年後半ライブでCD以降の曲を固めて、来年早々には次作のレコーディングをスタートするつもりだから。
そんな話も昨夜はみんなでした。楽しく盛り上がるわけだ。

みなさん、13日の大森カフェスペースCライブにぜひお運び下さい!

今宵のBGMはインターFMのボブディランがDJのラジオ番組。今宵も渋い曲かかっています(今はヴァン・モリソンが流れている)。
BGドリンクはトマトジュースでした。梅雨明けしていきなりの猛暑。我が家は今年も水浴びしてしのぎます。
ではまた、七夕の夜、我が愛するおふくろの命日にロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/541-84d2b409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07