周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ346 

2013/06/06
Thu. 23:24

今日は、午後から有休をもらいバタバタと職場を出て、いざ蒲田から京浜東北線に乗って埼玉県の蕨駅へ。

あと10日に迫った劇団チャリカルキの「デリリオ」蕨公演に、ぼくは5年前の「花守さんは憶えていた」以来のゲストミュージシャンとして出演をすることになり、その公演会場である焼き鳥屋「㐂よし」さんでのリハに参加するのだ。

午後の京浜東北線内、大井町駅で座れた途端にぼくは爆睡してしまい、気が付くとちょうど1駅手前の西川口駅。危ない危ない。隣の人にずい分寄りかかっていた気がする。何だかんだまだ関西ライブの心地良い疲労の中に居るのだろうか?

蕨駅に降り立つのは高校以来、実に26年!ぶり。この街にあった(今もあるのか?)YAMAHAのスタジオでぼくは1987年2月に、人生初のライブをやったのだった。
時間があったらそのスタジオ辺りを歩いてみたかったが、約束の時間を過ぎていたので、急いで東口に出て左斜めの飲食街と銘された古ぼけたアーケードの道を入れば、そこは何とも良い感じで怪しい雰囲気で、時間が止まったような空気が漂い出し、アタシはそれだけで何だかうれしくなって来る。
そして、ほどなく縦長の看板「焼き鳥㐂よし」が見えたら、その予感のようなうれしさは確信に変わった。
思わず「素晴らしい!」と声に出てしまったほどの、渋い店の佇まいがそこにあったのだ。

公演当日と同じように店の戸を外し、オープンカフェ状態(当日はシートがかぶせられて一応外とは遮断される)になっているところへぼくが顔を出すと(このシチュエーションは何だか先日の南風楽天ととっても似ていた)、当日の段取りを確認中の劇団員(ビーグル大塚さん、森耕平さん、菅野さおりさん、客演で今回の主演でもある日和佐美香さん)と再会の挨拶を交わし、同じくゲスト出演者でもある㐂よしさんの店主ともご挨拶(とっても感じの良い方で、ここで飲んだら幸せだろうなぁと思わせてくれる)。

ぼくは、当日のだいたいの控え位置を教えてもらい、初夏の午後の心地よい風を感じつつ、いただいた美味しいアイスコーヒーを飲みながらみなさんのリハを見学。
チャリカルキは今回の作品「デリリオ」を、岩手から沖縄まで全国のいわゆる劇場でない㐂よしさんのような飲食店で、2か月間で26公演する。
当然、店によって造りが違うから、役者の立ち位置や振付まで場所ごとに変えないといけない。
ここ㐂よしさんはU字型のカウンターだけの店で(当日はカウンター以外にも椅子を設置)、お客と出演者はカウンター越しに向かい合う格好になる。その限られたカウンタースペース内での、綿密な動きの確認がされて行くのをぼくはただただ感心しながら眺める。どんな空間をも自分たちの最高の劇場にしてしまう。これぞ劇団チャリカルキの真骨頂だ。

今回の劇の内容について、実はぼくは今朝通勤途中の電車の中で初めて台本をちゃんと読んだ。
いただいてからずいぶん時間があったのだが、ここのところのライブ続きで、その一つ一つに集中していたから、一つ終わってから初めて次に取り掛かるというやり方が定着してしまっていた。
そしてようやく読んだ台本、ぼくは読んでいて危うく落涙するところだった。「良い!実に良い!」今回の本は特に良いと思う。きっとぼくの身の回りで最近起きたことにも繋がっているからと、チャリカルキがいつもテーマにしている(と、ぼくが思い込んでいる)日常の中に在るささやかな夢と幸せを、やはりチャリカルキならではの軽妙さと、同居している真摯さでリアルに描けているからだろうと思った。

そして、肝心のぼくの出番はと言うと、それは当日のお楽しみということで。
とりあえず、劇中歌う3曲が今日決まりました。我ながら劇とシンクロしている見事な選曲と自負しております、ハイ。

今日の段階で残席が後7席とのことでしたので、ご来場の方はぜひぜひチャリカルキHPまで早めにご予約下さい!
13:40開場14:00開演と、早い時間になっております。終わったらとにかく㐂よしさんでそのまま飲みたい!!
焼き鳥はもちろん、一品料理も実に美味そうだが、酒もハイボール、酎ハイ、ホッピー等々リーズナブルでたくさん種類があるのです。あぁ、早く来い来い16日~。

今宵のBGMは、またもスティッフ・リトル・フィンガーズの94年発表の再結成第2弾「ゲット・ア・ライフ」。あらためてSLFは曲が良い。ジェイク・バーンズの伸びのある声が良い。色々な音楽を取り入れても核にあるロッキンギターが良い。ズズズズズズズズと刻む低音のリフがサイコーに良い。ぼくの大好きなギターの音なのである。やっぱり死ぬまでアタシはパンクが故郷です。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

おそらくカミサンが観に行くと思います。カミサンも予定は未定の仕事ですが。

僕は土日休みがことごとく、つぶれます。ブー。

五十嵐  仁 #- | URL | 2013/06/08 13:33 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/522-616f706d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10