周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ345 

2013/05/28
Tue. 23:41

今夜は、6月23日のライブイベント「ライブかなしいうたがききたいぜ」のHPに載せていただくぼくのブログの文章(4月7日付)の、前段に載せるためのちょっとした電話インタビューを受ける。

その日が沖縄にとって、慰霊の日と呼ばれる多くの県民が犠牲になった沖縄戦が終結した日でもあり、またイベントには沖縄音楽を演奏する人もたくさん出演されるので、ついつい自分にとっての沖縄をあれこれ語ろうと試みてしまい、結局しどろもどろ。
インタビュアーのHさんに、沖縄にこだわらず「かなしいうたがききたいぜ」というテーマで思うことをふっていただき、何とか自分の思ったところを語れた(と思う)。

近々「ライブかなしいうたがききたいぜ」のHPにUPされると思うので、ぜひみなさんご覧ください。

Hさんにも答えたのだが、ぼくの感じる「かなしさ」は、かなり「くやしさ」と直結しており、歌を書く時の動機も多くが「くやしさ」であったりする。
その「くやしさ」がどうにも「かなしさ」を呼び、それが人間の存在の儚さ弱さ脆さを思わせ、それを突き詰めていった時にある種の「愛しさ」に近い感情になって行くような気がしている。

それにしても、あらためてすごいタイトルのライブイベントである。どんな顔して歌ったら良いのかまったく想定出来ない。
そして、長時間でそうそうたる出演者達である(それぞれ1~2曲ずつ)。
出演者であるけれども、それぞれ全員のパフォーマンスをじっくり味わいたいイベントだ。
あらためて声をかけてくれた谷藤りっちゃんに感謝である。

りっちゃんとの「川良山ゆんた」も実に楽しみだ。

今宵のBGMは、エリオット・マーフィーの新作「イット・テイクス・ア・ウォリード・マン」。
これが実にイイ!今年買ったサン・ヴォルト、ビリー・ブラッグの新譜もかなり良かったが、ぼくのランキングでは、このエリオット・マーフィーのアルバムが今の所トップだ。
枯れた味わいのカントリーブルーズタッチの曲で始まるが、ノリノリのフォークロックあり、重たいゴスペル風のロックもあり、シンプルなピアノ弾き語りもあり~のでまさにエリオット・マーフィーサウンドの集大成!
今年64歳にして彼は最高傑作を作ったと、ぼくは言ってしまおう!ホンと最高だ。

BG酒はホワイトハイボールでした。1日の高槻ライブのセットリストもだいたい決まった。後は思い切り関西でロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

リーダーから、話を聞き出すのに、しらふで、電話インタビューという設定に無理があるようにも思いますが(笑)
沖縄の学生の詩に曲をつけた時のエピソード(ここで書かれた)が入っていて、良かった。

ちきんベース #- | URL | 2013/05/29 06:57 * edit *

☆悲しさを秘めた強さ☆

「ライブかなしいうたがききたいぜ」のHPを見てきました。
あの詩は胸打たれますね。
悲しみを抱えた元気さ…五十嵐君の言うことがとてもよくわかります。

それにしても、ちきんベースさんの
「リーダーから、話を聞き出すのに、しらふで、電話インタビューという設定に無理があるようにも思いますが(笑) 」にも
大いにうなづいたさくらでした。(笑)

ライブ、いよいよ目の前です。
鼻炎トリオは3時に入って、みなさんをお待ちする予定です。
えっと…ライブ前にほんの一手、お手伝いいただきたいことがありまして…ご協力よろしくお願いします。

さくら #T/baKjHk | URL | 2013/05/29 19:04 * edit *

正確には晩酌&仮眠後で、しらふだったかどうかは怪しかったけれど(笑)。
編集とても上手にやっていただけて助かった~ホッ。

さくらさん、ソウブラも3時にチェックイン後すぐ南風に向かうので、4時前には着くと思います。
さくらさんの仕掛け、今年も楽しみでございます。何でも言ってくだされ!
で、翌日のサントリーは今回午後の部でって、あれ、そんなこと聞いてない?(笑)
当日晴れてほしいな~。

五十嵐正史 #- | URL | 2013/05/29 22:06 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/516-108c743e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06