周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ340 

2013/05/15
Wed. 23:53

今朝の東京新聞1面に載っていた“慰安婦容認♦つぶやき50回超 橋下氏止まらぬ発言”の記事を初め、今日は一日どこかしらで橋下徹氏のニュースを見聞きした。

以前にも書いたが、彼はぼくと同い年。どうしたらこんな野心の塊のような人格が形成されるのかと、前から興味が無いわけではなく、その意味で佐野眞一氏の週刊現代の連載が打ち切られてしまったのは残念であった。
佐野氏ならばきっと地を這うような筆致で、橋下徹というただの40男が肥大化し、世間(烏合の衆)がそれをアシストして行く様をこれでもかと描いてくれたと思うからだ。
単行本化されたらぜひ買って読んでみたかったのに…。

しかし、佐野氏の連載は書かれた当の橋下氏を筆頭に「差別的内容だ」との糾弾を浴びて、筆禍によりすぐ打ち切られてしまったわけだが、その佐野氏の何百倍も、人を人とも思わぬ差別的「つぶやき」をし続けている橋下氏は、今のところ筆禍(舌禍?)を問われて市長や政党代表を辞することはなさそうだ。

己の魂を筆に乗せ、「書きたい」と定めた人物の生い立ちから周辺調査を徹底的に行い書き紡ごうとした佐野眞一氏の筆禍と、橋下氏の言いたい放題のただの「つぶやき」が巻き起こす話題とここまでスルーされて許容されてしまうことの、あまりの不釣り合いさと表現としてのあまりの落差(要するに橋下氏側の表現と呼ぶに値しない稚拙さ)に、ぼくはどうにも割り切れない気持ちになる。「おかしいぜ、世の中!」と吠えたくなる。

そもそも「つぶやき」とは何だ?
ネット上の言説とは何だ?
反権力側も、このネット上のつぶやきを駆使して近年は運動を展開して来たし、この「つぶやき」が動員力を生むことも事実なのだろう。しかし、つぶやきは所詮つぶやきでしかない。しかも、結局圧倒的に権力側が都合良くつぶやき勝っている。果たしてこれ以上、このような土俵が増える必要があるのだろうか(その土俵を支えるのは結局市場だ)?

ぼくはネット上の「つぶやき」を、正式な意思表示や見解とすることにどうにも違和感がある。ネット上の「つぶやき」の応酬を、人間相互の議論とは認めたくない。何よりそれに注目し群がる人の心性を疑うし、それが例え反権力だろうと、底の浅さと共に辺見庸氏が言う所の「現代の静かに広がるファシズム」を感じてしまうのだ。

橋下氏は、筆で戦わず、言論で戦わず、昨夜夜中に50回も、かつて日本軍が性の道具にした従軍慰安婦から沖縄の米兵の性欲処理に至るまで、やたらと男の下半身にこだわってつぶやきまくったと言う。

それを読んで思い出したのは、かつて橋下氏が女性にベッドでコスプレプレーをさせて性欲処理と浮気をしていた事実だ。
この男、手前で持て余している絶倫の言い訳と正当化のために、従軍慰安婦の正当化をダシに使ったのではあるまいか?
だって、つぶやきってたかだかそんな浅はかなものでしょ?沈思黙考、熟慮した結果の50回の夜中のつぶやきであるはずがない。
報道する側もそのくらい、彼のつぶやきを「つぶやき」としてコケにしてかかってコテンパンにして良いのじゃないかしら?こういう事を「つぶやき」で済ませようとする恥知らずさと、それは「通用しない」ということを示さなくてどうする!日の本よ。

ちなみにぼくはネット用語が大嫌い。読んで情けない気持ちになるから。

さぁ、今夜も布団で「魯迅文集」を読んで寝よう。本当に言葉で戦った者の言葉こそが力をくれる。

今宵のBGMも、ティム・ハーディンの「ティム・ハーディン2」。このアルバムもやはり切なく素晴らしい。
“ぼくを愛してくれるならそっとしておいてくれ そして 頼むからわかってほしい 厄介者(黒羊)だって金の毛を身につけて 魅力的になれるのだということを”~ブラック・シープ・ボーイより~

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

関宿花火大会に会うように、とうもろこしを植えたそうです。

「とうきび食べてぇ~」と親父は言わないか。畑はあっという間に緑になりました。

親父もこれからの生き方みたいなの探して?いるようです。

もう仕事は辞めても良いんじゃないか?なんて相談にはのるけど、

そこは、まだ引かない。しかし親父の酒の量は増えた。毎日ろれつが

回らなくなるほど呑む。さすが五十嵐正史の親。

五十嵐  仁 #- | URL | 2013/05/16 12:09 * edit *

久しぶりに呂律の回らぬ酔っぱらい同士になって、親父と飲みたいなぁ。

五十嵐正史 #- | URL | 2013/05/18 13:26 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/509-207d392d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08