周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2013/05/09
Thu. 22:26

歌うために生まれて来た
詞 曲 五十嵐正史

野球少年だった男は 見込みのないことを知り
グラブを置いてギターに持ち替えた
ギター少年になった男は やっぱり見込みのないことを知ったけれど
ギターを置くことなく年を取って行った

今もギターを掻き鳴らし 歌えばご機嫌
あれから作った たくさんの歌に囲まれて

そして男はもう 言っても良いと思っている
「俺は歌うために生まれて来た」と

働けど 楽にならざる暮らしを
ギターを置かずに男は嗤い歌い続ける
そんな男の作る歌に 耳を傾けながら
女は暮らしを育み続ける

二人のそばで今日も 森はそよぎ
子どもたちは 大きくなって行く

そして男はもう 言っても良いと思っている
「俺は歌うために生まれて来た」と

競うためじゃない 奪うためじゃない
「俺は歌うために生まれて来た」

堕ちるためでもない 這い上がるためでもない
「俺は歌うために生まれて来た」


昨年出たヴァン・モリソンの新譜タイトル曲の「ボーン・トゥ・シング:ノー・プラン・B」に触発されて、44歳になった記念に自分の「歌うために生まれて来た」を書こうと思い、誕生日頃から着手した。
ちょっと大上段過ぎるかなとも思ったが、無事吉祥寺音楽祭のスーパーステージも終え、より等身大の歌詞が自然に出て来て完成した。
思春期の孤独を慰めるように歌を書き出したのは14歳の時、ヤマハのフォークギターを買ってもらってから数か月後の事。コードを3つ覚えたら、他人の曲をコピーするより自分の気持ちを歌にする楽しみの方に没頭して行った。
それから作った歌は、少なく見積もっても400曲は超えるだろうと思う。

不器用な自分が、唯一飽きずに続けて来れたのがギター。そして、とにかく小さい頃から歌うことが好きだった。
作ることが出来てうれしい歌だ。

明日は有休を取って、好評だった昨年に続き、代々木オリンピックセンターで開かれるきょうされん東京大会に呼ばれてソウブラライブ。
今日は一日の終わりに、とってもハッピーな話を聞けたので、明日もきっと良いライブになるはず。ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ソウルブラザーズ加速してますな。うれしいことです。

歌うために生まれてきたか。俺は何のために生まれてきたか解らないや。

庭畑にはいちごが勢いづいてきました。去年生らなかったが、今年は生る。

基本何にもしてないから生ったらラッキーな感じです。

鶏が13羽になりました。老犬はまだだと生きています。基本何もしない。

追いかける事をなるべく控えてます。

五十嵐  仁 #- | URL | 2013/05/10 14:07 * edit *

いや~、あっという間にGWもすぎ、本当に時間が過ぎるのがはやいなぁと感じる今日この頃・・・。

ソウブラ、ほんとにがんばってるね~^^
ライヴに行けないのが残念なのだけど、いつかまた五十嵐君の歌とソウブラの演奏を生で聴きたっす。

五十嵐君のつくった歌も400曲を超えますか~!やっぱり、歌うために生まれてきたんだって、五十嵐君を見てると僕も思います^^

おいらがつくった曲は・・・・多分、30曲くらいかなぁ(笑)。ほとんどが未完成だけど、その理由は、歌詞がなかなか完成しなかったということ。。
だから、五十嵐君のように歌詞が書ける人がうらやましかった^^

あ、今思ったんだけど・・・・もし世界が平和と愛に満ちていて、政治家も金持ちも私利私欲や欺瞞に満ちてなかったら・・・・宗教が争いのきっかけになるのではなく、本来の姿にもどったら、五十嵐君の曲の数ももっと少なかったのかなぁ。。。人間て素晴らしい!はずなのに、一番やっかいな存在も人間なんだよね。。

おいらは何のために産まれてきたのかなぁ・・・多分、これまでの自分を形造ってきたすべての事柄に感謝しつつ、家族に愛を注ぐことなのかしら・・・って気がしてます^^
上手くいえないけど、「この世に生命を授かって生かされてる」って感じるときもあるね^^

サイクル・アニー #- | URL | 2013/05/11 16:09 * edit *

「歌うために生まれて来た」って、ホンと言ったもん勝ちって感じで(笑)。
今年だから、今だからこそ書けた歌で、きっと昨年までは絶対に書けなかったと思う。
それまでは「歌わずにいられない」までで…(もちろん今もその気持ちだけど)。

そんな主観のはったりを、サイクルアニー君にも認めてもらえるとすごくうれしいです。
そして、これだけ曲数が増えたのは、ご指摘の通りまさに、世の中への不満がぼくに歌を書かせるモチベーションの多くだからで(笑)。

「何のために産まれてきたか」サイクルアニー君の言葉に深く共感します。そんな気持ちをモチベーションにして、やっと少しずつ歌が書けるようになって来たかなぁ…と。なので、まだまだ傑作を書くのはこれから。

仁もきっとそうだと思います。いや、本当は誰もがみんな…。

五十嵐正史 #- | URL | 2013/05/12 00:57 * edit *

緑の季節まぶしく到来

放射能に降られても、緑美しく葉を繁らせてくれる植物はスゴイですね。

金子光晴さんが晩年、今頃の季節に詠った初孫誕生の詩「若葉」、
長い詩で、タイトルは孫の名前そのまんま。
最後のフレーズは「生まれたからは伸びずばなるまい」!
召集された一人息子に醤油を飲ませて黄疸で帰され、そして繋がった子孫の誕生だったらしい。

「生きるために」生まれて来たのですよ、まだ青年の皆さん!(笑)
食べて飲んで体を動かして人と話してぶつかって〜ただそれだけですが、それこそ奇跡(笑)
生きていきましょうね!


スズキ #f3g/b1UA | URL | 2013/05/13 22:45 * edit *

スズキさん、金子光晴私も大好きです(ちなみにおおはしさんも)!
吉祥寺と言えば金子光晴なので、吉音で「反対ロック」(金子光晴の詩「反対」がモチーフ)をやろうかずいぶん迷いました。

「若葉」は未読ですが、きっと「若葉のうた」という詩集に入っているのでしょうね。
17年前くらいのマンダラ2での勇造さんライブの時、勇造さんからライブ後「ねむれ巴里」の文庫本をいただいて読んだのが、初めての金子光晴体験でした。
今夜は、久しぶりに岩波文庫の「金子光晴詩集」を引っ張り出して枕元で読みます。

五十嵐正史 #- | URL | 2013/05/17 00:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/505-741167f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10