周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

Sasaの木版画個展あさがやイネルライブ終了! 

2013/04/01
Mon. 22:16

2週連続の阿佐ヶ谷ライブであった昨日(3月31日)は、ソウブラのジャケット版画でお馴染み、Sasaことあるぽらんのマスター佐々木さんの木版画個展のファイナルを飾るイベントライブ。

あるぽらんそばにある会場のあさがやイネルさんは、若い人が中心に回している小さな素敵な喫茶店だが、そこから脱原発も含めたあらゆる反権力的なメッセージの発信基地でもある。

そんなお店で、過去のライブでは最大出演者3人であったところを、ゲストも入れて総勢6人!でソウブラはライブをやってしまおうという、イネルの記録を塗り替える一歩間違えばまさに暴挙となる所業をSasaさんと我々は敢行した。

最初はやはり心配そうだったイネルの方も、押しくらまんじゅうのように店内奥に5人が並んでしまい楽器が弾ける体勢が整うと、もう後はイネルでイケル?状態。
ライブスタートの時間には、お客さんで店内ぎゅうぎゅう状態になり、みなさんチャージ替わりの一杯(一品)を注文してソウブラを迎えてくれた。

そして、一番前の特等席には我が家の母ちゃんと子ども達3人が陣取る。
こんなかぶり付きで家族全員にライブを観てもらうのは、もしかしたら初めてかも。いやぁ、でも母ちゃんを目の前にして歌う「暮らしという名のラブソング」は照れた(母ちゃんはもう慣れたものといった風で、ぜんぜんへっちゃらな感じだったが)。

この日のライブはギター森田君の電池式アンプ以外は、すべて生音ライブなので、ちきんベース君はベースでなくこの日初披露の5弦バンジョーで参加!
どうなることかと思ったけれど、これがまぁなかなかで全曲弾き通し健闘した。
さらに、阿佐ヶ谷在住のティンホイッスル男まえだ君に3曲吹いてもらい、生音ライブならではの楽しいサウンドになった(ライブ後まえだ君は自分の出来に反省モードだったが、評判悪くなかったしソウブラは楽しくやらせてもらったので大サンクス!またよろしくね)。

ライブ中のMCでも言ったが、こういう人の思いが詰まった手作りの素敵な場所で、音響もない生音でも自分たちのライブを創らせてもらうことこそが、自分たちの手で音楽を創って行くインディーズ魂であり、ぼくにとって一番ロックを感じることだ。

ライブ中はイネルからツイッターで写真と実況報告を公開してくれて、後から観たらとってもうれしいコメントと雰囲気を伝える良い写真であった。良かったらみなさんご覧ください。あさがやイネルで検索すると出て来ます。

ライブ後はあるぽらん近所の飲み屋で楽しく打ち上げ。それでは終わり切らず、先に行って店を開けていた佐々木さんの居るあるぽらんに移動して、さらに今度(4月20日)練馬のハーベストというパン屋さんでぼくらのライブを企画してくれるスズキさんらと楽しく飲む。
大好きな長い付き合いの阿佐ヶ谷でたっぷり歌って飲んだ2週連続の日曜日。そしてイネルさんとの新たな出会い。
充実した良い時間だった。ありがとう!阿佐ヶ谷。これからも阿佐ヶ谷LOVE!!

そしてそして、Sasaさん、約3週間に渡る初の個展大成功おめでとうございます。お疲れ様でした。


ソウブラあさがやイネルライブセットリスト

①ONE LOVE(ボブ・マーリーのカバー)
②さよならバビロン
③未定を歌え!
④暮らしという名のラブソング
⑤ゴールウェイ・ガール
⑥廃炉!
⑦ライブからライブへ
⑧結風
~アンコール~
⑨そこからロック

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/485-aecf30bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06