周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ311 

2013/02/16
Sat. 22:55

昨夜は久しぶりに夜中“丘の湯”に行き、ゆっくり風呂に浸かって疲れを癒した。露天風呂で夜空を見上げながら、頭に思いが浮かぶままにして身体を湯に委ねている時が最高に気持ち良く、まさに「極楽」な時間。

それにしてもぼくは次から次へと色々考える。
思えば物心ついた時から考え事ばかりしていた。黙している時は考えている時で、しゃべっている時はその考えを発表している時。何も考えていない時間がまるでないかのように、気付くといつも「あ~でもないこ~でもない」と、ほとんどどうにもならぬことを考えている。

けれど、若い頃は考えながら良く不安に陥ったり苦悶ばかりしていたのが(おかげで心と体のバランスを崩した)、この頃では「考え事が趣味」というくらい自分の在り方と密接になった。実際考えるのはおもしろく楽しい。悩みもまた然り。ちゃんと悩めば必ず何らかの突破口が見えて来る。例えそれが気休めだったとしても、気が休まるだけでも恩の字だ。

風呂上りには、結局何を考えていたのか忘れるくらい気持ち良くなって、帰りにGEOに寄って、100円で堺雅人主演の映画「ゴールデン・スランバー」を借りて夜更かしして観る。
これがまた予想以上にすこぶる面白い映画であった。ほどよくファンタジーで毒と風刺があって(特に永島敏行の怪演は見事)、青春の甘酸っぱさもあって、2時間20分近く柿の種食いながら一気に観てしまった。週末の夜中に一人で観る、100円で借りたDVD映画がすごく面白かった時、何とも得した気分になり幸せを感じてしまう。

今朝は、いつものように家族で一番遅く起きて来て(たいてい葉生に起こされる)、納豆ごはんにシシャモと味噌汁の朝食を食べながら、まだ記憶に生々しい昨夜観た映画のあらすじを家族に話して聞かせる。

みんなで手分けして掃除をした後は、寒い日だったけれど、日当たりが良いのでそれほど寒さは感じないベランダで、3人の子どもたちは思い思いに遊ぶ。前の草場では、山鳩が2羽(おそらくつがいだろう)がじっと羽を休めている。茜と葉生は椅子やら道具を出して美容院ごっこ(茜が美容師で葉生がお客役)。
波留はそのそばで、ウルトラマンやライダー人形でやはりごっこ遊び。母ちゃんは洗濯に洗い物と忙しい。

ぼくは窓越しに家族のそんな様子を時々見ながら、ギターを弾いて先週から毎晩取り組んでいた新曲のメロディー作り。曲を3パターンくらい作ってあれこれ試しながら、結局コード進行はシンプルながらけっこう激しめの曲に決まる。それで何とも充実した気分になる。
こんな風に休日を過ごしたり、ライブをしに出かけたり、そしてまた働きに行く…。

手狭な団地の借り住まいに猫の額のベランダだが、このまま子供らが大きくなっても、茜だったらきっとベランダで受験勉強したりするだろうと思い、その様子が目に浮かぶ。それはそれで何不自由ない満たされた生活だと思う。

ぼくにはどれだけ考えても、義母のような「もっと欲しい」という人の感覚が分からず、まったく異世界に住む人のようにしか思えない。
ぼくは自分の手に負えるだけのことをただひたぶるにやり続けるだけで、文字通り手一杯だ。それで自然に広がり繋がって行くのに身を任せるだけだ。それこそが確かなことと経験が教えてくれる。

例え遠くを思ってもそこに住まおうとは思わない。行くとしたらあくまで旅行者としてだろう。ここで出来ることをやり続けるというのが、自分にもっともしっくり来る感覚だし、どこかで「そうするべきだ」と思う自分が居るのだ。

今宵のBGMもボブ・ディランの「血の轍」。ちょっと中毒気味です。去年の「ライク・ア・ローリング・ストーン」以来久しぶりに意訳に挑戦したいのです。「君は大きな存在」や「イデオット・ウィンド」とか。でも、日本語で言葉を削るとどうしても単純化してしまって深みが薄まってしまう…。ディランってホンと難しい。ゆえに深みにハマってしまうのです。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!






スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

映画はいいけど、柿の種ってお腹によくないんじゃない?

あねご #- | URL | 2013/02/17 02:16 * edit *

分かっちゃいるけど、醤油せんべいと柿の種は止められな~い♪

五十嵐正史 #- | URL | 2013/02/17 20:56 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/464-391df093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11