周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ308 

2013/02/08
Fri. 23:35

今日は朝8時半過ぎに蒲田駅に集合して、作業所の利用者と共に川崎のチネチッタに年に一度の映画鑑賞会に出かける。

いつものように観たい映画に分かれての鑑賞会だが、ぼくは女性の利用者と二人で彼女が希望した山田洋次監督の「東京家族」を観る。
熱烈と言うわけではないが、山田洋次映画は割と好き(寅さんが大好きであることは、以前に書いた)なので、期待して大きなシネコンの指定席に着く。個人的にはやはり、新百合ヶ丘のミニシアターアルテリオ劇場の方が良いなぁと思う。

映画は、瀬戸内海の島から久しぶりに、成人して東京に暮らす子供たち家族に会いに来た老夫婦(橋爪功と吉行和子)が、3人の子供たちの家に厄介になりながらの滞在記を淡々と描く。
それが出演俳優の見事な演技に支えられ(特にドラマ「北の国から」のイメージが強い中島朋子は、見事なまでに、悪気はないが余裕もない今の自分の生活に追われる保守的な長女を怪演していた)て、全然退屈することなく大きなスクリーンに観入った(場内は全員年配の方ばかりであった)。

ところが、次第に吉行和子の菩薩のような母親の何気ないセリフや仕草に涙腺がゆるみ出し、舞台美術の仕事をフリーランスでしながら生活している妻夫木聡演じる末っ子が、その不安定な暮らしぶりを父に認めてもらえず兄や姉からも「頼りない」と批判されている中(設定は現代であり、このご時世で、高所得でなくてもそれなりに自立している彼の生活ぶりが不安定だと家族から批判の対象になっていることには、ちと違和感を持った)、息子が突然紹介した蒼井優演じる彼女を一目で気に入り、彼女に息子を託すシーンなどでは、もう号泣なのであった。

まったく吉行和子ではなかった亡きお袋に、母ちゃん(ややこしい呼称だが、要するにカミさんです)を初めて会わせた時のことを(かれこれ22年前になるか)どうにも思い出してしまったのだった。
ガンが再発したお袋は、親父と弟と連れ立って当時愛知県で勝手に結婚宣言をして暮らしていたぼくらに、わざわざ会いに来た。

高速の岡崎インターを下りて1号線を名古屋方面に向かう途中にあるドライブイン「藤田屋」で待ち合わせ、そこで初対面の挨拶をしてから一緒に昼食をとったのだが、その時カツ丼(たぶん)をご馳走になった母ちゃんの飯の食いっぷりが良かったので(単に貧しく腹が減っていたからだとも思うが)、お袋は「この人なら大丈夫」と思ったと後から聞いた。
そんなことを思い出したら、もう泣けて仕方がなかった。

映画は、最後実家に戻った父親が暮らす瀬戸内の小島の美しい風景で終わる。その島の暮らしぶりはまさに勇造師匠が歌う「虹のうた」そのものの世界であった。

号泣した映画の後はいったん職場に帰ってから出直して、同志S嬢と共に区役所に次年度の事業計画(案)を届けに行く。
映画の高揚感も手伝ってか、窓口のK氏に向かって書類を示しながらあたしは喋る喋る。
要は、今回1所で30人規模の作業所がそのまま地域活動支援センターに事業移行するのは区で初めてのこと。ゆえに、これまでの地域活動支援センターとは事業の中身も性質も当然違うことになるのでそこの所よろしく。そして、それを想定していなかった現行の区の要綱には合わない部分があるので、それを改正して欲しい等々。

当然K氏でどうなるわけでもなく「お預かりして、S(係長)とも協議いたします」との返事で、こちらもまたまたお約束の「なんかあったらご連絡ください。何べんでも来ますから」と言い、念押しで「現段階で我々の次年度の事業に対して(補助金の)変更はないか?」と聞いたら「それはございません」と割とはっきりした返答であった。つまり、予算としては決定していると受け止めて良いのだろう。とりあえず金はもう1年出るわけだ。

これは東京家族的には、親が望む安定した生活じゃないだろう(笑)。

盛りだくさんの1日の締めに、S嬢と役所内のきっちゃ店でコーシー飲みながらいつもの反省会。
取りあえずまた1歩進んだことを確認しつつ、ほっこりする(山田洋次映画をあまり観たことがないという彼女に、思わず熱く語ってしまった)。来週は都庁に開設届を出しに行く。

帰りに生協で買い物してから、団地に入る坂道でいつものように森の上の星空を見上げていたら、ちょうどオリオン座の左下あたりに流れ星を見た!願い事するひまはなかったけれど、良いことあるかな?
明日の吉祥寺のろでの3人ソウブラ(五十嵐&森田&梅田)ライブでは、星の歌も歌いますぞ~!

今宵のBGMは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「ライブ・フォーエバー」。
昨年観た映画がよみがえります。ホンといつ聴いても新鮮なサウンドと歌。まさにフォーエバーな音楽だ。

BG酒はホワイトハイボールでした。では明日は吉祥寺のろでロケンロール!




スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/459-15cfc035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11