周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ305 

2013/02/01
Fri. 23:08

今週は、日常業務の合間に、次年度から現在の共同作業所から地域活動支援センターに変わるための、区に出す申請書類や都に出す開設届を同志S嬢と相談しながら作成を進めた。

そんな作業を具体的に進めて初めて、今まで無認可作業所時代に利用していた区の制度の一つ一つにまで、一見中身は変わらないように見えて、それらがその実まったく真逆の発想、思想の下に何気に再構築されていることに今更ながら思い知らされた。

例えば、通所者の施設に通う交通費は、これまで実際にかかった費用の全額が申請をした上で区から支給されており、地域活動支援センターに変わっても当然変わらないと思っていたのだが、自立支援法内事業では、年額一人80,000円までという但し書きが、書類の下段にまるでこっそり忍ばせたかのように1行書かれている。

また、1年の途中で通所を開始した人については、定員の1割(ぼくの職場は定員30名なので、3人)まで交通費を補助すると、やっぱり1行但し書きがある。つまり、それ以上の入所者について区は交通費を出さないというわけで、当然現在の無認可共同作業所にはそんなセコイ但し書きはなく、何人入っても交通費は出る。

実はこのたかだか1文の意味するところは大きく、障害者自立支援法がこれまでの社会福祉と基本精神を根本的に違えてるくせに、包装だけは似せていることを示して余りあるのだ。

要するに、自立支援法以前は年間の補助金を基本的に使い切りつつ、貯蓄については独自事業(バザー等)で別会計でやってくれというものだったが、自立支援法に移行した事業所は、利用者の利用率で大きく左右される報酬額でどんどんこれまで許されなかった利潤を上げて良いことになり、それを蓄えようが散財しようが事業所の自由意志に任されるのだ。そして、その自由意志は事業所間での自由競争によって常に鼓舞されけしかけられるのだ。そんな所にもちろん神の見えざる手などありはしない。

大田区にすれば、そこで事業所が得た利潤の中から、年間80,000円を超える交通費がかかった利用者に還元するも良し、還元するのがもったいなかったら80,000円を超えたら利用者に自己負担させるも良しということなのだ。
区としてはさしずめ、利潤を上げることが出来るアンタ等に、それでも昔名残の補助金をまだ出してあげるだけでもありがたく思って欲しいくらいの気分だろう。定員の1割まで補助についてもももちろん同じ理屈。

この理屈は例えば同じ法人内の施設間で、利潤の大きな格差を生じさせ、同じ雇用者(法人)でありながらそれがもろに職員の給与格差となり、中には施設間の利益額を理事会等でそれぞれの成績として公表した上で、利益の上がらぬ施設を叱咤する所まで実際出て来ている(障害特性上、身体、知的障害者の主に利用する所は通所率が高く、自立支援法内事業で儲けやすい。反対に精神障害者が主に利用する所は元来通所率が低いので、利益を上げるには相当の無茶をやらないと難しい)。彼らは、決して最近参入して来た株式会社ではない。昔はぼくらと同じ福祉で儲けることなど考えもしなかった福祉で食って来た人たちなのだ。

そんな大田区において、あらためて腹が立つのは、ぼくら以前にゾロゾロみんな仲良く手に手を取って移行して行き、同じ席に着くことを拒否するぼくに対しては「なんでみんなと一緒に出来ないのだ!」とほざいたバカ野郎達が、そんな姑息に変えられた区の制度に対してこれまでまったく闘った形跡がないことだ。烏合の衆とはまさにそんな連中のことを言うのだ。まったくクソの足しにもなりゃしない連中だ。

幸い、ぼくらの移行する地域活動支援センターは、自立支援法内事業の中でおそらく最も利益を上げられない事業である。それを武器にして来週以降S嬢と共に大田区に対して、姑息に後退させた障害者のための制度を、地活に対しては元に戻すよう交渉するつもりだ。これから4月の新年度まで、この口がどれだけ物を言い通用させるかが勝負である。

自分の腕一つで暮らしを立てて来た職人である実家の親父が、時々嫌味半分で言うとおり、ぼくはきっと口で稼いで飯を食っている人間なのだろう。

だから、たくさん持つ必要はない。

今宵のBGMは、ライトニンホプキンスの1962年発表の「ライトニン・ストライクス」。ちょっとチープな雷の絵が描かれたジャケットの名盤です。
ヴィー・ジェイレーベル録音ならではのエコーの効いた不穏なサウンドがたまりません。ぶっといアコギの音がブイブイ鳴って気持ちイイ!

BG酒はホワイトハイボールでした。明日は三鷹バイユーゲイトで、いつも楽しい大人の音楽を奏でるバンド「ル・オードムーゲ」の解散(と言うか改名)記念ライブにゲスト出演です(五十嵐&森田&梅田+オードムーゲのギタリストのタキさんという珍しい編成)。
30分ほどのステージですが、最近中々出来なかった、大好きな竹内浩三の詩に曲を付けた歌を久しぶりにやります。翌週ののろでも竹内浩三やりたいなぁと思ってます。お時間ある方、お席は余っておりますのでぜひぜひお運び下さいませ!ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/455-2a1436be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07