周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

阿佐ヶ谷あるぽらん新春ライブ終了! 

2013/01/13
Sun. 17:10

昨日(12日)は今年の初ライブにして、13年ぶりに阿佐ヶ谷あるぽらんでメインを張ってのライブ。

特に13年ぶりのメインというのは、バンドのぼくら以外それほど意識していないだろうと思っていたけど、ライブ前の前説で珍しく佐々木さんが、実はぼくらのメインライブをこれまでほとんどやっていないことを、いろんな場面にぼくらを起用してくれた長い付き合いと共に語りつつぼくらを紹介してくれた。
それを楽屋で聞いていて、思わずメンバー全員ジ~ンとなってのライブ開始となった。

お客さんはうれしいことにほぼ満員。初めてライブに来てくれた人、職場の仲間、歌仲間、旧友、そしてあるぽの飲み仲間に梅ちゃんのお母様もご来場いただき、最後まであるぽの2畳ほどのステージからお客さんたちの顔を見ながら、うれしく歌い切ることが出来た。

2部頭に出演してくれて、共演もしたあるぽ飲み仲間であるアイリッシュインストバンド“モンロー”も良いパフォーマンスで喝采を浴びていた。
ギターとティン・ホイッスルにピアニカ(いつもはバイオリンにけん玉!も)って、なかなかないバンド形態でのダンスミュージック。メンバーも身が軽そうだし結構躍らせるバンドになるんじゃないかなぁ。
総勢8名がステージに集まってドンチャカ演奏した“ゴールウェイ・ガール”も最高だったなぁ。

ライブ後に観てくれた人と飲みながら、複数の人から「今まで観たソウブラライブの中で一番だった」と言ってもらえたのをうれしく聞きつつ美味い酒を飲んだ。どの人も「楽しかった」と言ってくれて、自分達の歌で、音楽とパフォーマンスでそんな一夜を創れたことに思わず自分で感動してしまった。

13年前のあるぽらん初ワンマンライブ(初CDの発売ライブでもあった)は、正直言って気合が見事に空回りして、最後まで力みが抜けず冷や汗かきながらあっという間に終わった覚えがある(そのことはMCで話した)。大好きな店で不甲斐ないライブをしてしまったことが悔しくて悔しくて、そんなライブは二度とすまいと、ずっと忘れずにいた。

ライブ前の緊張や不安は、13年前も今もそれほど変わらない気がする。けれど、確実にぼくらのライブは何かが変わって来たのだと思う。単純にちょっと上手くなったのかもしれないし、MCも慣れて来たのかもしれない。
でも、はっきりしているのは、毎年勇造師匠のライブの前座をさせてもらい、師匠のライブの作り方ステージ運びを、ずっと間近で食らいついて観て来たことが、ソウブラ流のライブをやれる力になったということだろう。

だから昨夜、勇造さんのライブも何度も観ているお客さんから、「勇造さんをちゃんと受け継いでいるね」と言われたのもこれまた実にうれしかった。
それでもやっぱり、「またソウブラを長時間で観たい」という声が一番うれしかった~!
これでまた後10年はやれる(笑)。

それにしてもこれから今年一年、このあるぽらんライブを超えて行くような良いライブをするのはなかなか大変だぞ~(うれしい悲鳴)!

阿佐ヶ谷あるぽらん新春ライブにご来場いただいた皆様に心からお礼申し上げます。
ステージから見たみなさんの顔と共に、生涯忘れない良いライブが自分の中にまた一つ増えました。
またぜひ、ソウブラライブに遊びに来て下さいませ。

本当にありがとうございました!

あるぽらんライブセットリスト
一部
①いつか良くなって行くように
②新しい日々
③ロケンロールをやろうぜ
④青い一輪車
⑤光る水
⑥幻の中立地帯を踏み越えて
⑦そこでこそ輝く

二部(モンローの後)
⑧たまゆら
⑨さよならバビロン
⑩暮らしという名のラブソング wまえだゆうへい(ティン・ホイッスル)
⑪反対ロック
⑫古い河
⑬ゴールウェイ・ガール wモンロー
⑭廃炉!
⑮残された場所で
⑯周辺暮らしのロケンロール
~アンコール~
⑰結風 wモンロー
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

リストにある曲、一曲一曲その時の事がおもいかえされて、休日が終わってしまいそう。
演奏する側が歌の世界に入り、集中出来た喜びもなのですがー
二次会にて、こんなやりとりが

あるぽ常連Jちゃん『演奏もほんと良かったし、ほとんど満足なんだけれど、(スタッフB君にむかって)ソウブラの静かな曲の途中とか終わりとかそこで、お湯わりを作る時のジュ、ジュッって音が気になってさ』
スタッフBくん『だって、あれはマスター直伝のやり方、教えてもらった通りでー』
マスター『んー、まぁ呑み屋でね、やるライブだから』
Jちゃん『私だけじゃないんだよー、あと何十秒どうにか』
スタッフBくん『だいたい、あそこのテーブル呑み過ぎなんですよー』
(爆笑)
マスター『わかった!Bくん、反省会ひらこう!』

こんな愛ある会話でわかる通り、どれだけお客さんが聞くことに集中していたかー本当に嬉しい限り。

幸せな夜でした。皆様、ありがとう。
また、一歩ずつ進もう、リダお疲れ様!

ちきんベース #- | URL | 2013/01/14 04:11 * edit *

あの夜ネットカフェ泊したちきんベース君(笑)、良い話をありがとう。
「聴いてもらえる」ってホンとうれしいことだねぇ。
聴き手を無視することなく、嘘のない歌をこれからも作って行くぞ~!
このまま上手くなって行こう。
お疲れさんでした!

五十嵐正史 #- | URL | 2013/01/14 21:36 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/447-90b4ea72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08