周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ298 

2013/01/11
Fri. 23:35

娘たちの高熱騒ぎも、それぞれきっかり3日間ずつの養生で回復し、学校にもまた元気に行き出した(葉生は相変わらず朝ぐずぐずしているが)。

二人とも相変わらず楽しみは給食。家ではまず食べられないミルクパンだとかデザート類が特に目当てらしい。
それにしても、惚れ惚れするような見事な回復力である。大人ではこうは行かない。
一度風邪をひくと、ひき始めから完治まで下手したら数週間かかってしまったりする。まぁ、そもそもなかなか諸事をひとまず措いて休息に専念することが難しいのではあるが。

さすがの母ちゃんも看病疲れが出ているが、元気になった子供たちは、それでも容赦なく3人束になって押し寄せてくるので、こんな父でも居れば子供の相手が分散出来るからと、今夜は仕事仲間からの新年の「飲み」のお誘いを断って帰宅。

いつものように晩酌しながら子どもたちの話をひたすら聞き(とにかく家の子もあたしも報告好き。一日あったことをちょっと脚色したりして話さないことには終わらない)、その後いつものように布団を敷きがてら波留としばらくライダーごっこをして、適当なところでやられたフリをして倒れた父は、そのまま波留に小突かれながら一気に眠りに堕ちる。この仮眠の瞬間が何とも言えぬ幸せな一時。

今日は午後から、税務署に行ったり銀行に行ったり諸々雑事を済ませ、その後久しぶりに蒲田が発祥の地である手芸用品が何でも揃う「ユザワヤ」に行き、作業所の自主製品であるステンシルの道具を物色した。
主に内職作業がない時に、無地のポストカードや手ぬぐいにステンシルで柄をペイントして、スペースCなどで売ってもらう。それほど大した儲けにはならないが、作ればそれなりに売れるし、何よりそれほど難しくなく(かつて、ボランティアの方にしっかり技術を仕込んでもらった)創造的作業としてみんなで取り組めるのが良い。

実際、以前より確実に内職作業は減ってきており(業者の倒産も多い)、そういう賃労働を施設で恒常的に維持確保して行くのは難しくなっている。
そんなご時世に、次年度から別に法的にあくせく賃労働をしなくても良い(もちろんしても良い)地域活動支援センターに移行するのは、皮肉でなく幸運なのかもしれない。
幸いぼくの職場は元々作業をメインでなく、その他文化的な活動(俳句やスケッチにスポーツ、カラオケなんかも含む)やミーティングなども同様にやり、これまで何度も暇な時間を知恵を出して創造的に(ばかりでもないが)過ごして来たので、仕事がないことに慣れているし、そういう時にどうすれば良いかも感覚的に身に付いている。

そんなぼくの職場を、自立支援法が出来た当初、区の担当課長は「こんな遊びみたいなことはこれからは通用しませんよ」と言ったものだった。「これは遊びではない。賃労働だけが作業所の役割ではない!」と、その時ぼくは反論した。
当時、プシケおおたという社会福祉法人が「ポケーッと出来る場を」と言い放って区の丸抱えで作られた生活支援センターと言う名のただのたまり場は、いち早く地域活動支援センターⅠ型として保障されていた。えらい差別的扱いにぼくは腹を立てた。
しかも、ぼくの作業所は「ポケーッ」となどしていない。少なくとも創造的な活動(ばかりではないが)にみんなで取り組み、自らの生活を自らの手で充実させようとしている自負があった。たとえそれを法も行政も認めなくても。

今も仕事がないわけではない。決して多くはないが信用をいただいてコンスタントに入って来る作業がいくつかある。
今日の午前中などは、これまた我が作業所の名物プログラムの俳句であった。作業所が出来た21年前から続くプログラムで、そのボランティア講師として来てくれた人が今も続けてくれて、何とそれがご縁でその方は我が法人の理事長も引き受けていただいている。

俳句は必ず他人の句を選び、評価しなければならない。ぼくはそこが好きだし、とても人の心を豊かにしてくれる一時だと思っている。それは工賃のための賃労働では得られない中身である。そんな中身のある時間をこれからもみんなに提供し、分かち合いたい。

正月に 飲みつつ誓う 酒控え
年賀状 数だけ父の 威厳あり   
(正史作)

今宵のBGMは、パティ・スミス・グループ78年発表の名盤サードアルバム「イースター」のLP盤。
ライブが近づいてるせいか、なんかパティ・スミスがとてもリアルに身近に感じる今日この頃。このアルバムはブルース・スプリングスティーンとの共作ヒット曲「ビコーズ・ザ・ナイト」が有名ですが、ちょっとポップ過ぎてそれよりぼくは断然「ロックン・ロール・ニガー」が一番。

BG酒はホワイトハイボールでした。さぁ、明日はいよいよあるぽらんでのソウブラライブ。思いきりロケンロールしますので、みな様ぜひ遊びに来て下され~!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/446-d69df8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08