周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ281 

2012/12/07
Fri. 23:34

仕事帰りに、11.11以来で反原発官邸前行動に参加してきた。

ちょうど早めに職場を出ようとした時に“グラッ”と地震が来てびっくりした。そのせいで電車も乱れているし行くのやめようかと心が折れそうになったが、行けるのも今年最後かもしれなかったので、中目黒で日比谷線に乗り換えて霞が関へ。
1週間の疲れが出たのか、日比谷線で座ったら途端に爆睡し危うく霞が関を乗り過ごすところだった。

地下鉄構内から地上に出ると実に寒い!
さすがに1か月前よりさらに人出は少なくなった感じだけど(それでも千人規模では集まっていたと思う)、いつものように官邸に向かって「原発反対!」とシュプレヒコールを上げていると、見知らぬおじさんが手製のカレンダーを参加者に配り出してぼくも渡されるままに一部いただく(家に帰って見てみたら、財津昌樹氏という割と有名なデザイナーの「トイレで知る・考える」カレンダーというものであった)。

この日も1時間ほど参加して千代田線で帰りながら、この1週間を振り返る。
どうしても、火曜日にぼくが役員をしている社会福祉法人に入った東京都の指導監査に立ち会った時のことが頭をよぎる。まったく自分で消化出来ずに、何とも暗い重石となって居座っているのだ(火曜の夜に一瞬ブログにそのことを書いてUPしたが、まったく書けてなくてすぐに削除してしまった)。

障害者自立支援法の事業に移行した所(個別給付事業のみ)には、およそ2年に1度都の監査が入ることになっている。
自立支援法以前の小規模通所授産施設時代にも入っていたが、それはあくまで小規模作業所がそのまま法内化した小規模な法内施設としての基準に則っており、現場の状況(職員が少ない等)への考慮があった。

ところが、今回就労継続支援B型事業所となってから、その施設に初めて入った都の監査は、えげつなく容赦ない、小規模での自立支援法内事業所運営をはなから否定してかかる、厳しいという言葉では優しすぎるほどのキツイ監査であった(その1週間前にぼくの職場に入った区の監査は、それに比べればまるでお飯事であった)。
小規模では元々法人の役員組織も小さく、善意で一般市民や関係者に担ってもらっていることが多いので(ぼくが役員を頼まれるように)、実質的な運営を理事長が担ったり牛耳っているわけではない。
しかし、都の監査屋はそれを奨励するかのような態度で、施設長が何でも屋的に担っている現状を直接否定しないまでも、複数の実務担当者で担う事務量とその管理を声高に要求する。

立会人のぼくは、憤りをこらえつつ黙ってその様子を見つめながら、ここまで容赦ない「こいつらの目的とはいったいなんだ!?」と考え続けた。
今日になってやっとはっきり分かってきたのは、やはり障害者自立支援法は財力権力のある大規模団体に限りなく有利であり、いったん法内事業に移行してしまったら、元小規模作業所であろうと例外なく大規模と同じルールが適用され、同じ競争にさらされるということだ。つまり、ハンディは一切つかないのだ。

これはまるで、アメリカの貿易ルールが例外なく参加したすべての国に適用されるTPPと同じではないか!
コーヒー豆を例にするまでもなく、現在でさえ世界の取引値のほとんどをニュー・ヨークで決められていると言うのに(だからぼくはスタバもそれっぽい店もみな嫌い)、その隙間でがんばっている国の地場産業すべてを牛耳ろうっていう異常な強欲条約なのだ。

障害者自立支援法は、それとまさに同じ性質の法律なのだ。
分かっていたとは言え、間近で見せつけられて改めて戦慄が走った。こんな価値観が隅々までまかり通ったら、俺なんかとてもじゃないが生きて行けない…。思わずそんな弱気が頭をもたげて来る。

もちろん、ただで屈服なんかしませんが…。

9日は阿佐ヶ谷あるぽらんの恒例忘年会、ゆる~いセッションライブとかやりながら、大好きなのんべぇ達とほっこり幸せに飲んで狂おう。飲まなきゃホンとやってらんねぇ、この世の中。

今宵のBGMは、タジ・マハールとライ・クーダーが組んでいた伝説のグループ「サイジング・サンズ」。
1964年の音源ですが、ご機嫌なナンバーがマンチクリンのルーツ・ロックアルバム。
その後二人とも、アメリカの体制に抵抗しつつ独自のワールドミュージックを展開して行っているのが何ともうれしい。本当の豊かさは主流に在らず、周辺にこそ在り!

BG酒はホワイトハイボールでした。では忘年会シーズンもロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/426-5590da09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08