周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲! 

2012/12/06
Thu. 23:06

ライブからライブへ

詞 曲 五十嵐正史

ライブが終わり 帰り道一人雨の中
頭の中を煩わす 夜明けに待つ仕事たち

夢のようなライブの後も
少し寂しいライブの後も

終わりはいつもこの夜の中
ライブからライブへ

アテにもならぬ思い出話で 酒飲みなぐさめる時も
それでもただ一度のライブで すべてが報われた気がすることも

一つの場所と出会うライブ
一つの場所と別れるライブ

いつかすべては終わるけれど
ライブからライブへ

心に浮かぶ人たち 愛しい者たち
君を思って歌ったよ いつかライブで聴いてもらえたら

思いもよらぬ事が起こるライブ
それは始まるまで誰も知らない

もう少しこの手伸ばしてみよう
ライブからライブへ

もう少しこの手伸ばしてみよう
ライブからライブへ


7週連続のライブが終わって、ふとそのどれ一つとして同じでなかった(当たり前だが)ライブのことを歌にしたくなった。
平日働き、週末毎にギターを抱えて、いったいどんな事になるのか分からないライブをしに出かけるソウブラの営みを書きたくなった。

ライブが終わり、打ち上げで飲んでたいてい終電近くの電車に乗って、ギター担いでJRもしくは京王の稲田堤駅か、小田急線の生田駅から20~30分トボトボ歩いて団地に帰る(ヨタヨタしていることもしばしば)。
どうにも荷物が多かったり、体がツライ時は年に2、3回タクシーを使ってしまう。
そんな帰り道の気分から歌詞を書き出してみた。

曲は、今週ずっと聴いているジョンハイアットからメロディーを拝借した。
コードが三つだけのとてもシンプルなメロディー。原曲はフォーキーだけれど、ぼくはちょっと童謡っぽくしてみた(そう聴こえるかわからないけれど)。母ちゃんも「こういう歌今までなかったから良いんじゃない」とのこと。

毎回色んな体験をさせてくれるライブ、考えさせてくれるライブ、時に落ち込ませてくれるライブ、けれども何より楽しく、自分を歌の中に解放してくれるライブ。
これからもライブからライブへと歌い続けて行こう。

今年のライブもあと二つとなった…。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/425-355ac840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08