周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ276 

2012/11/21
Wed. 23:41

朝晩めっきり冷え込むようになり、寒さの苦手なぼくにとって辛く長い(4月くらいまで寒いと考えると)冬が来た。

直にしもやけに悩まされながら、相変わらず20年以上前に買った電気ストーブを400Wだけ点けて過ごす我が部屋を思うと、気持ちは侘しくなるばかりである。
しかし、それでも今年ももうあと一月ばかりで終わる。不思議と、新年を迎えるのは年々年を取るほど好きになっている。
それは毎年大晦日に新宿中央公園で歌うようになってから(今年で10年目)、一層この1年を生きて終えることへの感慨が深くなったことと大きく関係しているだろう。

今日仕事から帰って来ると、その新宿中央公園でお世話になっているOさんから通信が届いていて、「年末まってます」と一言メッセージが添えられていた。
ぼくは気持ちがふわっと暖かくなるのを感じ、今年も新宿で1年の最後の日に締めくくりのライブが出来ることを、あの寒くてきついけれども人の熱が集う暖かい場所を思うのだった。

例年仕事もこの時期なぜか、どうやりくりしてもバタバタと忙しくなる。
今週23日は大田区の生活実習所という施設の祭に、恒例になっている作業所で約200食のカレー販売の出店。そして開会式後にステージで歌うことになっている。
ここは大田区でも老舗の施設なので、区長を始めお偉いさんが来賓で来る。その挨拶後に歌うわけだから(依頼した職員も相当勇気があると思う)、ちょっとは連中をステージからイジッてやらなきゃなぁと思っている次第。

そして来週には、これまた恒例の区の監査が施設に入る。苦手な帳簿の整理に大わらわであるが、そんな時にかぎってみんなで取り組む内職仕事や外出仕事も立て込んで来る始末。
さらにここ連日、作業所への見学入所希望の依頼が来ていて対応に追われている(今年に入って、なぜかこれまであまりなかったのだが)。
そのすべてが、「作業ノルマや通所ノルマのある自立支援法内事業所ではキツイので、ぜひそちらでお願いしたい」という依頼。

昨日見学に来た人の付添いの保健師は「これ以上、自立支援法内の就労継続支援事業B型(日割りで事業所に報酬が入り、その分利用者に自己負担が発生)が増えても困る。条件が厳しく誰も紹介出来ない」と言い、「五十嵐さんの所、来年度は大丈夫なの?」と心配してくれ、「地域活動支援センターに名前は変わりますが、中身は何一つ変わりません」と答えると「良かったぁ」と言われる。こういう風に言ってくれる人が結構居る。
そして、そう言ってくれる人は「ただのたまり場でなく、何か活動が出来る所が良い」とも必ず言う。
ぼくが作業所にこだわるのもまさにそこである。ただ無為に過ごすのではなく、効率や成果主義を至上とせずにそれでも何かを成す場所、最低限他者に思いを致さなければいけない場所としての作業所。

それを「工賃が安すぎて話にならない」とか「精神障害者をあるがまま受け止めていない」などと、これまで両極から散々批判され、その言説の具現化、権化が結局障害者自立支援法となったわけなのだ。

大田区では、精神保健福祉関係の天下り巨大社福法人であるプシケおおたが、区丸抱えの補助金で2か所の巨大なたまり場を、多年に渡り自分たちでも持て余しているにもかかわらず、さらに新たな就労継続支援事業B型事業所の設立を最近宣言した。「勝手にしやがれ!」と言いたいところだが、その事業拡大依存症ぶりにはほとほと呆れるばかり。不満を持っていても現場の下っ端職員(それなりに仕事で付き合いはある)は、天下りの事務局の言いなりで楯突けない。奴らもなかなかのバビロンである。

せいぜい、ぼくらの小さな灯りがまた脅かされることにならぬよう、監視を怠らないでおこうと思う。

今宵のBGMは、スティーヴ・アールの95年発表の「トレイン・ア・カミン」。苦みのあるアコースティックサウンドが大好きなアルバム。これに収録されているレゲエのカバー「リバーズ・オブ・バビロン」がすごく好きで、それを意訳して「さよならバビロン」を9月に書いた。
先日バンドで久しぶりに練習してとっても良い感じに仕上がったので、12月1日のかけこみ亭ライブでお披露目するつもり。みなさん、東京の番外地国立の谷保村にあるかけこみ亭にもぜひお運び下さい!

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 3
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

新しいことに乗りだしています。

廃炉を1人ずつ1世帯ずつ実現させていけば、廃炉だと思う。

だから乗り出した。今度家に来たら見せられるかもしれない。

具体的に動き出すこと、悩んだら、信用がなくなったら、

具体的に動くしかない。小さな俺から。小さな家から。小さな町から。

そして新たにここに留まる。

別にバンドに戻りたい訳ではないんだ。ただ唄に共感し、

家族が好きでカミサンが好きなだけ、格好をつけて廻して生きたいのよね。

五十嵐  仁 #- | URL | 2012/11/23 11:39 * edit *

水曜日にかけこみ亭に行って来ましたよー
ぼけさん、CDとても喜んでくれてね、さっそく店内にソウブラサウンドが流れました。なんともこそばゆい感じで、呑み語らいました。12月1日楽しみです。

ちきんベース #- | URL | 2012/11/23 21:37 * edit *

今度関宿に帰るのを楽しみにしよう。
CD予約してくれているので、来週には送りますね。

ちきんベース君、ぼけさん喜んでくれてなにより!
12月1日はかけこみ亭にソウブラサウンドを響かせよう。
携帯復活したら早くメールちょうだい。12月24日にもライブ入ったのよん。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/11/23 23:52 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/417-89b38404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ロケンロールライフ27】

朝晩めっきり冷え込むようになり、寒さの苦手なぼくにとって辛く長い(4月くらいまで寒いと考えると)冬が

まっとめBLOG速報 | 2012/11/22 13:21

page top

2017-06