周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ268 

2012/10/23
Tue. 23:33

昨夜は、新曲「贖いの世界」のアレンジを決めて、今まさに寝ようとしている母ちゃんと子どもらの所にギターと歌詞を持って行き、枕元で歌って聴かせる。

予想通り、母ちゃんはたたみかけるようなちょっとハードなロック調のこの歌を気に入るが(彼女は風貌の穏やかさに似ず、けっこう辛辣な激しい歌が好き。曰く「それが父ちゃんらしい」とのこと)、最近やたらと口を出したがる茜は、すかさず「父ちゃんのは批判する歌ばかり。人は十人十色なんだからもっと認め合わないと!」なんて知ったふうなことを言って批評してくる。

「俺は母ちゃんにだけ聴かせてるんだ!お前の意見など聞いちゃいない。だいたい、そんな中途半端な寛容さが権力側に利用されてまんまとカモにされるんだ。覚えておけ!」と、10歳相手に本気で反論する父。
それで止まらずついつい口がすべり「青い一輪車みたいな呑気な歌ばかり歌ってられるか!」とも言ってしまい、「ひど~い」と言って茜はすねた。
母ちゃんに「どっちも自分で作った歌じゃないの」とたしなめられ、茜の頭を撫でながら「お前が俺の嫌いだった大江千里の「十人十色」なんて歌のタイトルを言うからだ…」と訳の分からないことをブツブツ言い、台所へシメのハイボールを作りに行くと、冷蔵庫の扉に父が仮眠中に書いたと思われる、茜の手書きの家族新聞がマグネットで貼ってあった。

「50の嵐新聞(五十嵐と、彼女が好きなアイドルグループ“嵐”をかけたらしい)」というタイトルの下には、“この新聞を読んでみんなの仲を深めよう”と書いてある。
思わず「プッ」と吹き出しつつ読んでみると、この創刊号の特集は父(つまりぼく)についてであった。
家族一人一人に父について茜がインタビューをしたらしく、父をどう思うかだとか要望だとかをそれぞれコメントしている。ちなみに母ちゃんは「おならをひかえて」で、茜は「しらがが多い」葉生は「分からない」波留は「こわい」とみんな散々であり、最後に「正史さんあまりいいところがないな~」と特集は締め括られていた。

まったく実に失敬な家族新聞である。
憤慨しつつハイボールを持って自室に戻り、やはり来し方我が10歳の頃を思い出す。
思えばぼくはあまり家族の事に関心がなかった。自分のやりたいことばかりを考えていた。
この頃はひたすらマンガを読み、らくがき帳にボールペンでコマ割りして思いつくストーリーをひたすらマンガにして書いていた。おそらくらくがき帳は何冊にもなっていたはずだ(内容はほとんど野球もの、ボクシングもの、宇宙戦艦ものであった)。
小学5年生でビートルズに出会うまでは、ぼくはマンガ小僧だったのだ。

それにしても、自分とはまったく違う感性を持って表現をする我が子の存在は何とも不思議であり、自分がいったいどんな影響を与えているのかと、ふと気になったりする。
「50の嵐新聞」の次作が楽しみだ。

今宵のBGMは、サン・ヴォルトのリーダー、ジェイ・ファーラーとベンジャミン・ギバード(で良いのかな?)の、アメリカのビート詩人ジャック・ケルアックの映画「ビッグ・サー」のサントラ盤。
地味なインディーレーベルから出ているので、輸入盤でやっと手に入れた1枚ですが、中身は絶品!
この夏はずいぶん通勤中に聴きました。“変わらない夜道”はこのアルバムの曲からの影響大。
アコギとピアノ、時折フルバンドですが全体的にムチャクチャシンプルな、ジェイ・ファーラーお得意のサウンドです。ホンとこの人まったくぶれずに(売れずに?)、ひたぶる良い音楽(ロック)を作り続けています。
映画も観たかったなぁ(日本で公開されたのか?)…。

BG酒はホワイトハイボールでした。
昨日訂正しましたが、10月28日(日)阿佐ヶ谷あるぽらんでの勇造さんとのライブは、PM5:00開場PM5:30開演です!
前座のソウブラは、PM5:30から歌いますので、みな様PM5:30までにご来場下さい!

PM5:30開演ですぞ~!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

今日は生活展の代休です。
茜ちゃんの50の嵐新聞のお話、とっても微笑ましく読み、私も小学生の頃に家族新聞を作っていたことを懐かしく思い出しました。お子さん達の父へのコメント、思わず笑ってしまいました。ご家族がテーマのブログは、読んでいていつもその光景が目に見えるようです。素敵ですね。
私はこれから夫と公園に出掛けて、公園内にあるフレンチレストラン!で、お得なランチと散歩を楽しんできます。

S子 #- | URL | 2012/10/24 08:32 * edit *

笑いが止まらん。茜もっとやってしまえ。

真ん中の姉ちゃんが大江千里聴いていて、兄が「吐き気がする!!止めろ!!」
と怒鳴っていたことを思い出す。

波留君からも恐いと来たか?よ~しわかった。おじさんがアナコンダバイスで失神させてやる。腕力だけは負けん。

次号を楽しみにしています。

五十嵐  仁 #- | URL | 2012/10/24 15:50 * edit *

今日は絶好のお散歩日和でしたね。
ダンナとフレンチランチ、S嬢ラブラブで結構ですな~。キショー!ウラヤマシー!!(笑)
あたしも来週、理事会の翌日何も起きなければ(起きるな!)リッカリッカの代休(今頃)取っちゃうぞ~!
明日からの一泊旅行、気をつけて行ってらっしゃいね~。

大江千里、俺はそんなに嫌いだったのか!?
仁の話はどうも大げさだから、半分位で聞いておこう。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/24 22:18 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/404-7ea4da28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10