周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

三鷹南風BARバイユーゲイトライブ終了! 

2012/10/21
Sun. 21:43

昨夜(20日)は、三鷹駅北口すぐにあるバイユーゲイトさんでライブをして来た。

この夜のライブは、ソウブラにとって初めてづくしで、まずバイユーゲイトさんでライブするのが初だが、三鷹でライブするのもソウブラにとって初めてであり、初顔合わせのミュージシャンたちとお店のブッキングの対バン形式でライブをするのも考えてみれば22年バンドをやって来て初なのだった(いかにソウブラが定石から外れたバンド活動をして来たかを示して余りある)。

そういう意味で、この夜はとても楽しみであると同時に、いつもと少し勝手の違う緊張感があった。

バイユーゲイト店主の有さんは、ぼくより少し年上のとても気さくな人で、ギャラリーサイトでぼくらのライブ映像もチェックしてくれていて(大橋さん、ギャラリーとっても役立ってますぞ)、「映像観てるから初めて会う気がしないね」なんて言ってくれて、それだけでこっちはずいぶん緊張がほぐれた。

ふだんはPAのない所で、持ち込みのアンプ等でやるライブの多いぼくらなので、ライブハウスのような所での音の作り方には不慣れ丸出しなのだけど、スムーズに音を立ち上げてバランスチェックまでしてくれて、とても助かった。

ライブ前にぼくは飲みながら有さんといろいろ話したのだが、バイユーの常連であるぼくの友人たちがソウブラをバイユー出演に推挙してくれた経過を聞いて、酒と音楽とで自然に繋がってここで歌えることになったことが今更ながらにうれしかった(まえちゃん、ありがとう!)。
ソウブラは幸せ者だ。自分たちの音楽をひたぶるやり続け、後は自然に身を任せて出会いに応えてそこでひたぶる歌う。そしてまた自然に…。

この日初顔合わせで歌い合った(ソウブラはトップバッター)、弾き語りの近藤十四郎さん(としろうと読むのをぼくは“じゅうしろう”と紹介してしまった。すいませんでした)、それに縦横無尽に活躍するチェロとSAXを吹き歌うVoのコンビ不汁無知ルさん(“フジルムヂル”となかなか言えず、これまた失礼しました)共、予想以上に個性的で本当に面白かった。一緒にやれて良かった。

これまでライブハウスの、どことなくお店から機械的に組み込まれるように見えるブッキング対バンライブに対してあまり良い印象を持てなくて、あえて自分からそういう活動を求めることをして来なかったのだが、ぼくはこの夜心からこのブッキングを楽しんで、ぼくらはぼくらのライブをやった。そして、出演した3組でこの夜のライブを創れた実感を持てた。

近藤さんは、ぼくの大好きな関西のカンチ兄貴とはまったくスタイルが違うけれど、やっぱり年輪を刻んで来たおっさんにしか描けない独特でなんとも言えない悲哀と世界観があった。そして後半ゲストで参加したジャンベがすごいパワフルで、おっさんワールドが何倍にもパワーアップして凄かった。

そして不条理世界を歌にする不汁無知ルさんは、圧倒的に文字通り不条理なストーリーを、ジャンル無用の音楽性(クラシック、演歌、古典芸能等々)をかなりのハイレベルで聴かせ、それをVoの渦ヨーコさんの圧倒的なパフォーマンスで観せてくれた。いや、マジで凄かった。
客を一人生贄にしてイジリながら歌う歌では、中央前方に座っていた心の友U君を目ざとく見つけて指差し語りかけながら歌い、U君の朴訥キャラなリアクションも面白く盛り上がった。

ライブ後も飲んで喋って楽しくて、出来ることなら朝まで飲んでいたい気分だった。

帰りはちきんベース浅田くんと、普段は新宿方面を回って帰るコースを、三鷹だと西国分寺経由で反対方向に向かって帰ったのも新鮮で良かった。
個人的には、東京西部の多摩地域の方が気分は何だか落ち着く。夜中の府中本町から空いている南武線で渡る多摩川と、車窓から見える漆黒の多摩丘陵は、調布花火大会のあった夜とは思えない祭りの後のなんとも言えない心地良い闇に包まれていた。

バイユーゲイトではまたぜひ歌いたい。この店のライブをみんなに観てもらって盛り上がりたいと思った。
ありがとう!バイユーゲイト。

今宵のBGMは、90年代アメリカオルタナカントリーバンドの雄であったアンクル・トゥペロの「89/93アンソロジー」。
ぼくらとほぼ同世代で、ルーツミュージックに愛着を持ち、それを時に激しい感情をむき出してパンクに演奏する彼らの音にはいつも切なく共感する。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!


ソウブラバイユーゲイトライブセットリスト
①夜長
②新しい日々
③残された場所で
④ゴールウェイ・ガール
⑤廃炉!
⑥周辺暮らしのロケンロール


スポンサーサイト

[edit]

CM: 9
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

土曜はお疲れ様でした!!
共演の方々も個性的で飽きないライブでした。
ライブ前に浅田さんと森田さんで日高屋に入り腹ごしらえをしながら
「定期的にバイユーでライブがやれたらいいね」
なんて話していました。
またライブができることを夢見て♪
次回のあるぽらんも張り切っていきたいと思います!

うめだゆかり #- | URL | 2012/10/22 12:20 * edit *

梅ちゃんお疲れさん!良い夜でした。
ライブ前に日高屋で食えるとは…さすが(笑)。
バイユーで、いつもの2倍くらい大きいバンドの音を感じながら、ガチャガチャギターを掻き鳴らして歌ってたらムチャクチャ気持ち良くて、「俺たちって普通にロックバンドじゃん!」て感動したよ。MCはいつも通りだったけど(笑)。
みんなで次を夢見よう!
あるぽでもこの勢いでロケンロール!!

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/22 21:54 * edit *

今、重大な告知違いに気付きました!
10月28日(日)阿佐ヶ谷あるぽらんライブは、当ブログのライブスケジュール並びに勇造さんからのDMでは、PM6:00開演となっていますが、あるぽらんのチラシ及びメールでは、PM5:00開場PM5:30開演であります。
たいてい少し押してのスタートになりますが、ぜひみな様PM5:30までのご来場お願いします!
PM6:00目指して来ると、ソウブラがほとんど観られない可能性大!(泣)です。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/22 22:54 * edit *

当ブログライブスケジュールの28日あるぽらんライブの開演時間はPM5:30に訂正しました!

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/22 23:17 * edit *

うわぁ。気付かずすみません!!
携帯とスマートフォンのライブスケジュールも直しておきました。
失礼しました!!!

うめだ #- | URL | 2012/10/23 19:25 * edit *

勇造さんのHPの掲示板にも訂正コメント書きました。
勇造さんからも訂正コメントもらったので、きっと大丈夫でしょう。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/23 23:56 * edit *

先日はありがとうございました!
ブログ読ませていただきました。
バイユー、(たぶん)気に入っていただけたようで
嬉し恥ずかしです。

是非、次回もよろしくお願いいたします。

昨日、不汁無知ルの渦ヨーコさんが飲みに来てて「楽しかった」と言っていました。こういうライブ飲み屋の醍醐味はそれっきりでないところですしね〜。
(不汁無知ルは今度、今夏にバイユーで共演した富山のミュージシャンの誘いで富山での反原発イベントに呼ばれてるようです。「ちゃんと彼女たちで大丈夫なテイストのイベントを選んで読んだ」そうです(笑))

というわけでまたやりましょう。

バイユー有 #- | URL | 2012/10/24 13:12 * edit *

バイユー有さん、こちらこそブログにうれしいソウブラ評書いていただきありがとうございます!
こういう出会いがあるからバンドも歌うことも辞められません。
渦さん良いですね~。あの夜から時々ふと、渦さんの歌う姿を思い出してしまいます(笑)。ハマってしまいました。

こちらこそ、またぜひぜひぜひ、バンド代表してよろしくお願いします。

当ブログ読者のみな様、ぜひ先日のバイユーゲイトライブのことをマスター有さんが書いてくれているブログ“バイユーゲイト 不定期日刊「南風」”を一読くだされ!
ソウブラの音楽、在り方、姿勢をズバリ!書いていただいています。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/24 23:29 * edit *

あああああ〜バイユーブログ!!そんなイイもんではありません!!!!
思いつくまま、勝手なことを書いてるだけで
ほんと、申し訳有りません。
応援している方、どうか気を悪くなさらないで下さい〜。
よろしくお願いします。

バイユー有 #- | URL | 2012/10/25 13:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/403-5fdfa8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10