周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ266 

2012/10/15
Mon. 23:47

週末土日は、風邪で発熱した次女と共にダウンして、寝たり起きたりで過ごした。

幸い微熱程度で済み、本日はいつものように出勤して、毎年この時期恒例の健康診断を、職場近くにある我らが御用達かかりつけ医のU診療所にて利用者と共に午後から受ける。

一応無認可法外とは言え福祉施設の端くれなので、健診受診義務が利用者にも職員にもあり、毎年の監査で受診状況もチェックされる。
以前は安価で(さらに以前は無料で)保健所で受けられたが、財政難を理由に区にとっとと打ち切られ、困った我々の健診を(健診費用は医療機関でピンキリ)、赤字覚悟の破格の値段で引き受けてくれたのが、我らが庶民の味方である医療生協のU診療所であった。

ぼくと医療生協との付き合いは長い。名古屋でパン作りの作業所で働いていた時には、南区にあった生協病院にパンを配達していたし、具合が悪い時はそこで受診した。
その後トヨタの孫請けの工場で1年働いた時も、社長の奥さんが看護師をしていた緑区の別の医療生協系の診療所で健診を受けたし、関東に出てきてからの20年は、ずっとU診療所か、川崎にある別の医療生協の診療所で受診している(肺炎をこじらせて入院した時も、診療所から救急車で運ばれたのだった)。

小さな診療所ゆえに、健診は一日1人か多くて3人までで、毎日交代で施設からU診療所に向かう。40歳以上で区の無料健診の対象者は、みんな好きな所で受けて良いのだが(自宅近くとか)、福祉施設に理解がありスタッフもかしこまってなくて庶民的なこの診療所の方がみんな安心するようで、25人近くが毎年ここで受ける。

だから、この健診もぼくらの施設の年中行事の一つみたいになっている。

今日一緒に健診を受けた巨漢の作業所利用者が、看護師さんと気さくに「ダイエットしなきゃ」なんて話している声が狭い廊下の待合に聞こえて来ると、今年もここにして良かったなぁと思う。

ぼくにはこの国の嫌いな法律が数々あるけれど、健康増進法って奴も実に大嫌いな法律だ。
はっきり言って余計なお世話だと思う。
ぼくは不幸にも施設の長であり、そういう健康管理の責任を一応担わされているが、基本的に利用者の健康についていちいち「ああせぇ、こうせぇ」とは言わないし言いたくない。

確かに目に余る不摂生や、あまりに見るに忍びない食事には一言二言申したり、健診結果がひどい人(ほぼ全員ひどいのだが)には「ちょっとやばいぜ、どうする?」と声をかけ、改善方法を一緒に考えたりする。
けれども、それでも食う奴は毎日カップラーメン食うわけだし(ぼくは絶対食わないけれど)、それを毎日小姑みたいにガミガミ言うのは馬鹿らしい。自己責任という言葉を使うのなら、貧困に対してではなく、こういう不健康になる自由に対してだろうと思う。

もちろん、不健康を奨励するわけではない。ただ、健康健康って、なんでもそれが至高の価値の如く騒いで管理することがつまらない気がするのだ。綺麗な箱庭みたいなこじゃれて気取った街と同じで、そこに居ても面白くもなんともない。

とかなんとかもっともらしくえらそうなことを言うけれど(ぼくの得意技)、要するに、そもそも他人様に健康を説くような生活を自分が送っているわけではないので、言えた義理ではないということなのだ。
ぼくは肉をあまり食わないし(特にハンバーグ)、カップ麺も食わない。出来れば死ぬまでマクドナルドでは飲食したくないと常日頃思っているけれど、それは健康を気にしてそうしているのではなく、単純に食いたいと思わないからである(ちなみに日本マクドナルドの創始者藤田田という男は、「これから1,000年日本人がマクドナルドのハンバーガーを食い続けたら、日本人をアメリカ人と同じ色白金髪に改造出来る。そうしたら、日本人は世界で通用する民族になれる」と本気で考えていたイカレタ大馬鹿野郎だ)。

ぼくは元来胃腸が弱い。そんなぼくが酒は毎日飲みたくて欠かさず飲んでいる。そうしたら、このぼくの弱い胃腸は、刺激の強い脂っこいものは自然と受け付けなくなってしまったのだ。つまり、肉を諦めて酒をとったとでも言うべきか。それでぼくはまったく不足はない。胃腸の強い人を時に羨ましく思うけれど、この世にたぬきソバさえあればまずまずである。

さて、今年の健診結果は如何に?
昨年みたいにまた診療所のK事務長から「五十嵐さんの作業所の健診結果の悪さは、医療機関としてちょっと見過ごせません」なんて言われるかしら…。

今宵のBGMは、飲めば聴きたくなります大好きなザ・ポーグスの90年発表の「ヘルズ・デッチ」。
ぼくのポーグス作品の中でベストの1枚です。確かにシェインはもうアル中ヘロヘロですが、それが何とも言えない曲に哀愁を感じさせ、泣きのメロディーの佳曲多しです。
そして、何といってもプロデュースがあのジョー・ストラマー!はっきり言って、エルビスコステロより全然ぼくの好みのナチュラルなサウンドに仕上げて良い仕事してます。

BG酒は今宵もおいしいホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

五十嵐さんの作業所だけじゃないですよね…。うちもです。目に余る不摂生…、私達もごくたまにあれこれ言ったりしますが、やっぱり本人の意志がないとどうにもならないです。ファーストフードやインスタントもの、スナック菓子は安くて手軽で依存性があるから、なかなか離れられません。
本当に体と心が満たされる食事を毎日続けるのには、なかなか大変です。でも皆もうちょっと痩せれば、楽に動けるのにー、と
つい思ってしまいます。

たかだ #- | URL | 2012/10/16 08:46 * edit *

たかださん、ホントですね~。 先日ソウブラギターの森田君(この人変わらず良く食います)も言ってたのだけど、食の好みが年取っても変わらない人もけっこういるんだよね。
ファーストフードとかって、絶対飽きると思うけどね~。だから新商品を作り続けているのかなぁ。
今夜もこれからゴ○ブ○体操やって、風呂入ってハイボール飲みます!

五十嵐正史 #- | URL | 2012/10/16 22:42 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/400-408d7b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11