周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

吉祥寺のろ夏ライブ終了! 

2012/08/26
Sun. 21:30

25日ののろライブ、心配していた(心配させていた)動員も、初のろ来店の旧友や、歌仲間飲み仲間が駆け付けてくれて、ありがたいことに盛況となった。

実は、数日前より壊したお腹の具合が一向に良くならず、木曜の夜は仕事後に森田君と最後のギター録り、金曜日の夜はスペースCの来年度の体制を決める会議と立て込み、それでも終わった後はホッと一息つきながら連夜結構飲んでしまい、またそれが腹具合をさらに蝕み、ライブ当日は大腸が炎症を起こしたのか朝からずっとジンジンと腹痛止まず、のろに出かける直前まで「う~」と唸りながらふせっていた。たぶん、夏バテもあるのだろう。ずっと引きずっている疲労も自覚している。

昼にかろうじて素うどんを良く噛みながら食し、夕暮れ迫ってもまだ暑い中を外に出ると、それだけでクラクラして、足にもなんだか力が入らない。ライブ前の体調としては今までにない悪さであった。

途中で何度もトイレに寄り、腹の中をほぼ空にしてやっとのことで吉祥寺に着けば、不思議と身も心も次第にライブモードにスイッチして行く。状況的にも、体調的にも精神的にも「ライブなんかやれるのか?」っていう事は良くあるのだが、ライブになるとなぜか切り替わる。逆にライブ以外の時は、たいていすべてを引きずって生活している感じ。基本的に割り切れない性格である。だからライブが好きなのかも。

リハも最初のうちは調子が出ず(たいていリハはそうだが)、やっぱり下半身に力が入らない感じで、おまけにピックを握る右人差し指が長年の激しい弾き方で慢性的に痛めてしまい、この日のライブから中指を軸にした持ち方に変えることにしていたので、そのことも心配事として気になってしまう。

それでも開演時間が近づき、9月9日の恵比寿ぱれっとライブでも共演するりっちゃんが来店してくれ、5年ほど前に地元の教会で勇造師匠のライブを企画しぼくらを呼んでくれた元タケサンシン山村君の上司、Hさんも夫婦で来店。さらに当ブログコメントでお馴染みあるぽサトー君も初のろ参上といった具合に、だんだん客が集まってくれると、そうやって聴きに来てくれる人たちとの再会がうれしくて、ぼくは何だか元気になって来る。

ライブも、そんなうれしいお客さんたちとの親密なやりとりを楽しみながら、森田も梅ちゃんも共に良い感じで最後まで歌い演奏することが出来た。後半の「ゴールウェイ・ガール」では、先日レコーディングに参加してもらったMちゃんに客席から飛び入りでティン・ホイッスル(「持って来て」と言っておいた)を吹いてもらい、これがなかなかのパフォーマンスで盛り上がった。これも、のろならではの客と出演者の境がない良さだ。Mちゃん、ありがとう!

夏休みに作った新曲も、初披露ながらなかなか上手く行き、状況を良く知る同僚のK田さんからは「すごく分かりやすい曲」と好評を得る(やはり吉祥寺在住で、元森田君の同僚であり同業者のYさんが「ブログいつも読んでるよ」と、ぼくの職場の状況を気にしてくれていると言ってくれてとてもうれしかった。ぼくのある意味毒のある文章を、それでも読んでもらえているのは、本当にありがたいことだ)。

MCでも言ったが、歌わないと生けて行かれないぼくの歌は、まさにぼくの家族観、生活観、いや生活そのもの。その中に信条やらこだわりやら好き嫌いがそのまんま投影される。
そんなはなから“マス”を無視した歌を聴きに、こうして人が来てくれるのがしつこいようだが、心からありがたく、またいつまでたっても自信を持てないところでもあるのだ。

愛ある演奏、お客さんたちの愛あるリアクション、なにより愛あるお店のろ。そのおかげで体調不良は見事に吹き飛んだ。
もちろん、ライブ後は遅くまで楽しい話と美味い酒に酔いましたぞ。

2012年8月25日吉祥寺のろ3人ソウブラライブにご来場のみなさん、本当にありがとうございました。
また、これからもどうぞ宜しくです。

今宵のBGMは、久々(3ヶ月ぶりくらい)にCDを買ったパティ・スミスの新譜“バンガ”。なんとCDにパティが、2013年1月に来日ライブ決定!とある。慌てて調べてチケットぴあにTELして、1月23日の渋谷AXをGET!
元祖パンクの女王、御歳65歳のパティ・スミス。重たくも愛と優しさに満ちた珠玉のアルバム、基本的にディラン同様この人の声を聴くだけで満足という、もう存在自体が大好きなミュージシャンの一人。ラストにニール・ヤングの名曲「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」を秀逸にカバー。
2003年の来日ライブの感動は、一生忘れない名ライブの一つとして残る。ステージで美しくしなやかに舞い、時に怒りに吠え、当時イラク戦争にまい進する自国アメリカをこき下ろし、ライブの最後に「ファ~ックオフ!ジョ~ジブッ~ッシュ!」と鬼の形相で絶叫した彼女の、あまりに真っ当で感動的な声と姿が忘れられない。
しかし、えらい早くチケット売り出すなぁ~。

BG酒は、今年もこれが出たらもう秋。思わず買ってしまうキリン秋味でした。
ではまた、ロケンロール!


のろライブセットリスト

①そこでこそ輝く
②ロケンロールをやろうぜ
③HAO
④暮らしという名のラブソング
⑤光る水
⑥古い河
⑦反対ロック

⑧三ツ星さん(詩 竹内浩三)
⑨いつか(高田渡さんのカバー)
⑩ゴールウェイ・ガール(w Mちゃん)
⑪変わらない夜道(新曲)
⑫廃炉!
⑬周辺暮らしのロケンロール
⑭残された場所で
~アンコール~
⑮結風



スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

のろライブおつかれさまでした!

私も体調がわるくて、今日ギャラリーを更新できなかった ごめんなさい!
明日か、明後日には、しますね。

オナカ、だいじにしてくださいね。
昨日、「五十嵐さん痩せた!」と思いました
ウエストラインがほっそりしてうらやましかった。。。(←こらこら)
博君はあいかわらずオナカぽんぽこりんです

ではでは!おだいじに

大橋 #- | URL | 2012/08/27 03:02 * edit *

大橋さん、いつもご心配かけてスンマセン(笑)。
ウエストの辺り、シュッとしてたって?でも脱ぐとちょっとビールっ腹でね(笑)。
家ではいつもパンツ一丁なので、茜に「カッコ悪い」と言われてます。
下痢のこと、ライブ前に森田に言ったら、まったく他人事の高田純次口調で「君は繊細やなぁ」だって(爆)。
体調、今日は大分回復です。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/08/28 00:11 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/371-26f3e088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06